なんでも釣れる万能な【おすすめマイクロルアー】を解説

釣り
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

小魚の形を模し、樹脂やプラスチックでできた疑似餌で魚を狙う【ルアーフィッシング】


よく見かけるのは10cm前後のサイスが多く、主にシーバスやヒラメ、さらに青物に有効とされています


が、それよりも小さいサイズがあるのはご存知でしょうか?



基本的には、アジメバルといったライトゲームに使用されることが多いのですが、実は他のフィッシュイーターにも有効な場面は多いんです


今回は、そんな万能ともいえるマイクロルアーについて解説していきたいと思います

この記事でわかる事

メリットや釣れる魚

選び方と使い方

おすすめ小型ルアー



ぜひ、最後まで読んで参考にして下さい

スポンサーリンク

マイクロルアーとは?



ここではソフトルアーであるワームとの違いについて解説します


一般的なルアーと同じでミノーペンシルバイブレーションと種類はひと通りあります


メタルジグもラインナップされていて、あらゆる釣りに対応できるのが魅力

有効な場面


基本的に、単体で捕食する魚は自分より大きな獲物を捕食しません(ピラニアなど群れで襲うのは除く)


体の小さい小型の魚を狙う場合や、捕食の対象となるベイトがシラスイカナゴぐらいのマイクロベイトパターンには有効



この場合、魚を捕食している事もありワームには反応を示さない事も多いんですよね…。


大型を狙う場合でも、活性が低い場合は大きなルアーには反応しにくい事も…。


しかし、小型のルアーなら反射的に口を使わせやすくなるというメリットがあります

メリット


ライトゲームの基本は【軽量ジグヘッド+ワーム】の組み合わせです


この難点は飛距離が稼げない


しかし、ルアーの場合ですと自重があり遠投できるためジグヘッドよりも沖を攻められることがメリットで、針の数も多くなりフッキング率も高くなるためバラシの軽減になります


中でも特筆すべきはレンジキープ力の高さです


ミノーやペンシルなら一定のレンジを泳ぐように設計されているので、メバルのように捕食範囲が狭い魚でも誘いやすいのが最大のメリットです

狙える魚


漁港やテトラで手軽に狙えるカサゴメッキカマスといったライトゲームの対象魚もマイクロルアーへの反応は高いです


人気のアジングメバリングでも使用でき、しかも喰ってくるサイズがアップするため夢の尺オーバーも狙えるのが魅力


他にも、小型の春シーバス(セイゴ・フッコ)が捕食するアミや稚アユといったパターンの時も有効


夏の河口でのトップゲームならチヌが表層で喰ってくる事も多く、スリリングな釣りも楽しめます

選び方


ここではマイクロルアーの選び方について解説します


初心者の方はミノータイプがおススメ


なぜかというと、リップが付いているため引き抵抗を感じやすく操作が分かりやすいからです

サイズ


長さは3cm~7cmぐらいまでがベスト


8cmぐらいになるとライトゲームの対象魚はもちろん、シーバスでさえも活性が高くないと喰ってこない可能性があります


重さは3g~10gぐらい


この重量なら現在使用中のアジングやメバリングタックルでも投げられるので、新たに購入する必要なく経済的にも負担になりません


しかし、シーバスロッドしかないなら柔らかめのロッドが必要


固いロッドだと飛距離と操作性に影響が出てしまうため、出来ればL以下のロッドを用意しましょう

カラー


様々なカラーがありますが1色だけで挑むのはあまりにも無理があり、いくつか用意する必要があります


必須カラーはクリア系


なぜなら小型の魚はアミなどを捕食している場合が多く、クリアカラーがマッチするため一番強いカラーと言えます


その次に欲しいのが小魚ベイトに有効なブルー系


こちらはシラスやイカナゴ、稚アユなどがベイトとなっている場面で有効なカラー


そして水質の濁り対策としてアピール系を用意しておけば、ほとんどの場面で対応が可能となります

アクション

マイクロミノーとマイクロバイブ


スローリトリーブを基本とし、たまにトゥイッチを入れて誘います


トゥイッチはジグヘッドでは出せない動きを演出できるのでかなり有効なアクション

マイクロペンシル


ペンシルの場合もスローリトリーブからのトゥイッチが効果的


さらにリップが無く沈下姿勢も綺麗なため、時折リフト&フォールをまぜて誘いましょう

マイクロジグ


マイクロジグの武器はフラッシング効果


リフト&フォールや、その場でロッドをチョンチョンと動かすシェイキングでもデイゲームでは誘う事が出来ます

おすすめ小型プラグ


ここからはホッパー・ペンシル・ミノー・バイブレーション・メタルジグから各2種類づつ


計10種のマイクロルアーをご紹介したいと思います

YO-ZURI【ヨーヅリ】 3DS ホッパー


軽快なポップ音と飛沫で誘う事ができ、主にチヌシーバスに有効です


さらに、3Dプリズムフラッシュという凸レンズ効果を使ったフラッシングでアピール力が高いのが魅力



リアにはフェザーフックを採用しています

Rapala【ラパラ】 ホッパー ストーム 五目ホッパー GPO


堤防からのメッキカサゴアジメバル、そしてカマス釣りに有効なホッパー


スレた魚も反応してしまうような小刻みなポップ音と、ロングジャークからのダイビングアクションが特徴


サイズも小ぶりでライトゲームには必須のルアーです

LUCKY CRAFT【ラッキークラフト】 ワンダー60 ESG


メタルジグ並みの飛距離を持つ元祖シンペン


ヌルヌルとした独特な泳ぎ方フォール姿勢を持ち、スレた魚にも有効なペンシルです


バチ抜けシーズンには持っておきたいルアー

ima【アムズデザイン】 ピース S


軽量ながら飛距離が出るペンシル


アクションが付けやすく、表層付近で誘う事が得意でシャローエリアで使いたいルアー


イナッコ稚アユパターンには有効です

DAIWA【ダイワ】 月下美人 夜霧Z


重心移動システムで飛距離は安定し、風の抵抗も受けにくいのが特徴


アクションは大きめですが、手に伝わるか伝わらないかぐらいのスローで巻くのがポイント


アジングメバリングでは外せないルアーです

ima【アムズデザイン】 K-太


マグネットが内蔵され飛距離は問題なし


サスペンドタイプとなりますので、リーリングからのストップ&ゴーが有効で一瞬止めた途端に『ゴンっ』というパターンが多いです


中層で流すドリフトにも使え、先述の幅が広がります

BREADEN【ブリーデン】 ビーバイブ30


今回、ご紹介するルアーの中では最小の3cmサイズ


特長として2つのアイが用意されていてフロントアイはリトリーブ主体の釣りに特化し、リアアイはリフト&フォールに特化した仕様


さらにミノーのようにトゥイッチを入れる事も出来る万能メタルバイブです

TAKAMIYA【タカミヤ】 FALKEN R ハーフソリッドバイブ


釣具のポイントさんオリジナルの商品


鉛のボディを樹脂でコーティングしたハーフソリッドボディで、安定した姿勢により飛距離は抜群


私もよくタカミヤのルアーは購入するんですが、最大のメリットは値段です


主に春シーバスの攻略に持っておきたいバイブレーション

Major Craft【メジャークラフト】ジグパラ マイクロ


メタルジグの革命児といえるジグパラのマイクロバージョン


ヒラヒラと木の葉のように舞い落ちるフォール姿勢が、多くのフィッシュイーターを虜にします


ぶっちゃけ、このサイズでは最も売れているルアーであり実績の高いマイクロジグ


重量によってフックの使用が変わりますので、場面に応じてカスタムして使いましょう

Major Craft【メジャークラフト】 ジグパラ スイムタイプ


同じくジグパラの他バージョン


細身のシルエットとリア重心で軽量のわりに飛距離が出て、綺麗な泳ぎでただ巻くだけで釣れるメタルジグです


スレた魚にも口を使わせる事ができ、数釣りにも使いたいルアー

まとめ


ライトゲームはもちろん、あらゆるフィッシュイーターに有効なマイクロルアーたち


春から夏にかけては出番が多くなる事間違いなし!!


低活性の魚の捕食スイッチを入れるために、必ずルアーケースには入れておくことをおすすめします


何かしらの魚は釣れますよ

コメント