どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

シンペンを制す者は釣りを制す!【釣れるシンペン】を紹介

ルアーフィッシングの中でも苦手とと感じている方が多いのがシンキングペンシル


その理由としては

ベラ

巻き抵抗が少なくて、ちゃんと動いているのかが分かりにくいんですよ

確かに、ミノーやバイブレーションのように派手なアクションをしないため信用できないのも事実です


しかし、安心してください


ちゃんと動いてるんですよ!!


しかも、控えめなアクションだからこそターゲットに自然な印象をあたえることができ、特にスレた魚に対しては絶大な威力を発揮できるんです

ベロ

誰も釣れていない中、一人だけ爆釣できるかもしれないよ

今回はシンキングペンシルについて解説していきたいと思います

この記事の内容
  • シンペンの使い方
  • シンペンの選び方
  • おすすめのシンペン
目次

シンキングペンシルとは?

名前の通り、細くて長いエンピツのような形状をした樹脂製のルアー


ミノーに似た形ですが、決定的な違いはリップと呼ばれるくちばし部分がない事です


このため抵抗が少なく、キャスト時に飛距離が出てミノーでは届かない沖まで探れるのがポイント


水を噛まないためアクションはユラユラ、フラフラと漂うような動きで弱った魚を演出し、多くのフィッシュイーター達を刺激します


反面、手元に伝わる巻き抵抗はほとんど感じられず初心者には


「ほんとに動いてるの?」


と思ってしまうため使用難易度は高いルアーとなり
、とくに初心者は苦手意識が強いんではないでしょうか?

有効なアクション

リップが無いため早く巻くと浮き上がってしまうためスローリトリーブが基本の巻き方


ティップを下げて浮かないようにしながら、一定のレンジをキープすることを意識しながら巻きましょう


水面直下から、徐々にレンジを下げながら探っていきます


そして、操作を入れるならストップ&ゴーが有効


もともと動きが控えめなので、ストップを入れることにより更に弱った魚に見せかけることが出来るんです


そしてシンキングペンシルの最大の武器は

流れを使ったドリフト

そこからトゥイッチを入れ、ボディがヒラを打ったりダートさせたりすれば捕食スイッチは確実に入ります!

シンペンの選び方

対象魚によって選ぶのが基本


シーバスを狙う場合、バチやサヨリなどの細長い獲物を捕食している事も多いため同じような細身のシルエットを選択


表層付近のレンジを引けるミノーに近いタイプが有効となります


ボトムに潜むヒラメなどを狙う場合、重量があり太めのシルエットの方が喰いがイイです


フォール姿勢のいいメタルジグに近いタイプが有効となります


青物を狙う場合、長めのシルエットで大きめのアクションができるタイプが有利


見切られやすいので早巻きでガンガン攻めるのが効果的

おすすめシンキングペンシル

ここからは、実績のあるシンキングペンシルを幾つか紹介したいと思います

ベロ

アナタのルアーケースに幾つか入れておく事をお勧めします

ジャクソン(Jackson) にょろにょろ

春先のバチ抜けシーズンにはド定番のシンペン


ローリングウォブリングが組み合わさった独特の動きで、名前の通りニョロニョロと泳ぐのが特徴


地味な動きに流れが加われば無類の強さを発揮します


小型のサイズはメバルやアジなどのライトゲームでも有効です

デュオ(DUO) ベイルーフ マニック

こちらもバチ抜けシーズンに定評のあるシンペン


S字や尻振りといった横のアクションは無く、タイトにローリングするだけの動きが特徴


デッドスローで引いてもしっかりと微弱な波動を起こすことができ、たまにトゥイッチを入れれば本物と見間違えるほどのリアルさを演出します

シマノ(SHIMANO) エクスセンス クー

めずらしいフローティングタイプのペンシル


表層から10cm以内を攻める事に特化し、スローで引いてもしっかりローリングアクションをします


余計なロッド操作も必要なくただ巻くだけ!!


サヨリパターンに強く、根がかりを恐れずガンガン攻めていけるのもポイント

ダイワ(DAIWA) モアザン ガルバ

ヘッド部分にミノーのようなリップが付いたシンペン


プックリとしたシルエットから浮き上がりにくく、表層付近から20cmまでが得意なレンジ


飛距離と沈下速度もよく、パイロットルアーとしての性能も優秀でヒラメなどのフラットフィッシュにも強いのが魅力

マリア(Maria) フラペン ブルーランナー

【フラペン】とは、フラップが付いたペンシル


尻尾部分に取り付けられたフラップが逃げ惑う小魚と同じ波動でアピール


しかも、このフラップはキャスト時やフォール中は閉じていて抵抗がなく、巻き始めると開くシステムと良くできています


水面でバシャバシャとスプラッシュでのアピールも有効な攻め方

メガバス(Megabass) ゲンマ

先端にブレードが取り付けられ、安定した姿勢で泳ぐシンペン


巻き始めてからの立ち上がりが良く、軽い巻き抵抗が手元に感じられるため初心者でも扱いやすいのが特徴


シーバスに定評のあるペンシルですが、重量のあるタイプはヒラメにも有効です

デュエル(DUEL) ハードコア ヘビーショット

極小のリップが取り付けられたシンペン


このリップが水を噛み水面直下を早く巻いても浮き上がりにくい設計で、シーバスはもちろん青物も喰ってきます


巻くのを止めるとユラユラとボディをローリングさせるため、早巻きからのストップ&ゴーが有効な攻め方

ダイワ(DAIWA) モアザン スイッチヒッター

ヘッドが平べったい独特な形状をしたシンペン


スローで巻いても安定した水平姿勢をキープし、不規則なスラロームアクションで獲物を誘うのが魅力


内部にウェイトリバースアシスト機能を採用し、抜群の飛距離を出す事が可能です


全てのフィッシュイーターを虜にする
最高のペンシル!!

最後に

魚がスレた場面で威力を発揮するシンキングペンシル

ベラ

大事なのは流れとレンジなんですね

今回、紹介したシンキングペンシルの中にはミノーのようにリップフィンが付いたもあり、操作感も近いため初心者でも扱いやすいと思います


ミノーに近い操作感があり、いくつか持っておくと様々なシチュエーションに対応ができますよ


シンキングペンシルを制す者は魚を制す!

ベロ

是非とも、苦手意識を持たずに使ってみて下さい

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
釣り・フィッシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる