どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

シーバスや青物、ヒラメも釣れる【おすすめミノー10選】

ルアーフィッシングにおいて、必ず持っておきたいルアーが【ミノー】


くちばしの付いた小魚の形をしていて、ルアーフィッシングをしたことない人でも分かるぐらい

ベロ

これぞルアー!!

ってやつですね

しかし釣具店に販売されているミノーの種類は多く

ベラ

どれが釣れるのか分からないんです

と、迷う方も多いと思います


それぞれが釣具メーカーが研究を重ねて開発したミノーですので、魚が反応するのは間違いありません


しかし、中には異常なほどに魚が反応を示すミノーが存在するのも事実!!


そこで今回は

この記事の内容
  • 釣れるミノーの選び方
  • おすすめミノー

この2点について解説していきたいと思います

目次

ミノーの選び方

まずはミノーの種類について解説


リールを巻くと本物の魚のようにブリブリと泳ぎ、口元取り付けられた【リップ】部分で水を噛みながら沈んでいくのが特徴

ベロ

リップの大きさや長さ、形で潜り方や泳ぎ方が変わってきます

同じ形をしていても沈み方や色、そして大きさをターゲットに合わせて選択する必要があるんです

タイプ

主なタイプは3種類で、違いはリールを巻かない状態での動き

フローティングミノー

リールを巻かないと水面に浮き上がってくるのがこのタイプで、ルアーには(F)と表記されています


潜行レンジは30~70cmぐらいまでカバーでき、激しく泳ぐものが多くアピール度は高め



比重が軽く飛距離は出にくいですが、水深が浅い場所根がかりが多い場所にはフローティングの出番

シンキングミノー

逆にリールを巻かないと海底に沈んでいくのがシンキング


ルアー本体に(S)と表記されていて、フローティングと比べると飛距離は出ますが泳ぎは控えめなものが多くアピール度は低め



使い方としては着水後、カウントダウンして狙痛いレンジまで沈めてから巻きます



水深のある場所やボトム付近に付いたターゲットを狙いたい場合はシンキングの出番

サスペンドミノー

浮き上がりもせず、沈みもせず水中で一定の位置をキープするのがサスペンド


本体表記は(SP)と書かれて先述した2タイプよりも種類は少なめです



巻くのを止めても一定の位置に漂う姿は弱った魚を演出し、ターゲットに喰わせの間を与える事に特化しています



魚のいるレンジが分かっているが喰いが浅い場合にはサスペンドの出番

リップレスミノーとは?

ミノーの特長であるリップ部分がボディと一体化したタイプ


リップが無いため空気抵抗が少なく飛距離が出せますが、沈みにくくアクションはかなり控えめで表層付近をヌメヌメ動くといった感じが特徴



しかし仕組みはリップ有りと同じで、ヘッド部分の面積や角度によって動きや潜るレンジに変化が生まれます



なかなか思ったように操るのが難しく、それが逆に自然なアクションを演出してくれるためスレたターゲットには有効



基本的にはあまり潜らないため水深が30cmに満たないようなシャローエリアではリップレスの出番です

サイズ

ルアーのサイズを選ぶ場合、ベイトのサイズに合わせる

ベロ

基本はマッチザベイト

だからと言って1cmでも違ったら喰わない訳では無いので、そこはざっくりでOKです

マイクロミノー

大きさが7cm以下のミノーを指し、初春からのアジやメバル、もしくはシラスやイカナゴなどのベイトが小さいパターンの時に必要なサイズ


軽量なものが多く飛距離には問題があるため、使用場所としては漁港やテトラ帯など居着きの魚には有効です

ミドルミノー

ショアからシーバスや青物、ヒラメなどのフラットフィッシュを狙うなら7cm~14cmがベスト


多くのフィッシュイーターが捕食しているイワシを再現しているため、必ず持っておきたいミノーがこのサイズです



ぶっちゃけこのサイズを持って投げれば何かしら釣れますので、初心者の方は10cm前後のミノーを最初に買いましょう

大型ミノー

晩夏~初冬にかけてはターゲットも大型化してくるため15cm以上の大型ミノーの出番がやってきます


っと言いたい所ですが、ハッキリ言ってここまで大型のミノーが出番となるケースは限られてくるんですよねぇ


私、個人の考えとしては

ベロ

大型魚が大型の獲物を食べるとは限らないと思ってます

と思っていますし、ルアーボックスにしまうのも邪魔になるので多く用意する必要はないかと…。


自身が釣りに行くフィールドの状況を見極めて購入しましょう

カラー

ルアーフィッシングでは、その日の当たりカラーというものが存在します


水質天候時間帯によって有効なカラーというものが変化していくため出来れば色々なカラーを用意しておく方が有利となります



しかし全色揃えるなんて結構な出費になりますので、最低持っておきたいのは3種類

ナチュラル系

青や緑といった自然の中に存在するカラー


水質がクリアな場面やデイゲームに威力を発揮します



自然界に溶け込むため、魚の目の前に通す必要がありシャローエリアレンジが高い場合には有効なカラーです

アピール系

赤やオレンジ、ゴールドなど自然の生き物にはあまりないカラー


濁りが強く水中での視界が悪い場合に威力を発揮します



派手なカラーで魚の注意を引くことができ、活性が低い場合レンジが沈んでいる場面で有効なカラーです

チャート系

光を蓄える性質がある塗料を塗ったカラー


この性質を利用しナイトゲームや水深の深い場所でボトムを狙う場合に威力を発揮します



主にシーバスやメバル、太刀魚など夜行性の魚を釣る場面では必須となるカラーです

シーバス釣り動画はこちら

おすすめミノー

ここからは、私自身も使用したことがある実績の高い


釣れるミノー


を紹介したいと思います

ダイワ シーバスハンター3

大手釣り具メーカー【ダイワ】が販売するシーバスハンターシリーズのミノー


3代目に渡り改良を重ねられ、アクションやレンジキープ力が高いのが特徴です



価格も安めに設定されていてコスパも高く、初心者におすすめしたい一品

ダイワ モアザン ベイソール

同じくダイワから販売されていて、シーバス釣りのプロである【大野ゆうき】さんが監修したミノー


サイズは7cmと小さめで、シーバス以外にもサバやツバスのような小型青物も好反応



「とりあえず、何か釣りたい」



って時には頼りになる一品

ダイワ ショアラインシャイナーZ

コチラは大きめのシルエットが特徴


抜群の飛距離をほこり、ヒラメや大型青物に定評があるミノー



シーバス狙いなら晩秋の大型ランカー相手には有効であり大物狙いには欠かせない一品

シマノ サイレントアサシン AR-C

大手釣り具メーカー【シマノ】から販売されるミノー

最強のミノーの呼び声が高いほどの実績を誇ります


内蔵されたオモリの重心移動により、安定した飛距離と姿勢を実現



サイズは幅広くラインナップされこのシリーズを取り揃えてもいいぐらい

シマノ 熱砂

対ヒラメに特化したミノー


メタルジグに匹敵するほどの飛距離をほこり、綺麗に泳ぐ姿勢がシーバスや太刀魚までも魅了する万能ミノーの一つ



投げれば何かは釣れます!!

ima サスケ 裂波

アムズデザインが手掛け一世風靡したミノー


独特な形状の【レードルリップ】の採用により、表層をユラユラと漂うようなアクションが多くの魚を魅了します

「これにしか反応しない」



という場面もあるほどで最強ルアーの一つです

ラパラ ハスキージャーク

世界で一番ルアーを売っているアメリカのメーカー【ラパラ】


その中でジャークさせてルアーを左右に動かすことに特化したモデルがコレ



リップの部分が柔らかく設計されていて、割れにくい上に自分で曲げてアレンジすることも可能



オリジナルチューンで魚を誘いましょう

メガバス X80 SW

ブラックバスに有効で【ハチマル】の愛称で人気となったミノー


SWは海水対応モデルとなり、動きにも改良が加えられています



前方がプックリとした独特のフォルムで、アクションが大きくアピール度が高いのが特徴



シーバス狙いには外せないミノー

DUEL ハードコアヘビーシンキング

デュエルから販売されていて価格設定も安く購入しやすいミノー


重量があり遠投が可能で、特に早巻き時のアクションが良くヒラメや青物に強いのが特徴です



ロングキャストしてカウントダウンし、ボトム付近を一気に巻いてくる事に特化



大型が喰ってきやすいのも魅力です

タカミヤ ファルケンR

釣具のポイントのプライベートブランド【タカミヤ】からのミノー


最大の魅力は、PBならではの1000円を下回る値段
コスパは最強です


しかし、泳ぎはしっかりとしていてシーバスやヒラメに対して有効なミノーとなります



初心者はロストしやすい事を考えると、練習用としてコレから始めてみるのがおすすめです

まとめ

あらゆるフィッシュイーターに有効な【ミノー】


巻くだけで釣れてしまう簡単な操作も魅力で

ベラ

ルアーフィッシングでは、必ず持っておきたいルアーなんですね

今回は


【おすすめミノー10選】


を紹介しましたが全てのミノーで魚は釣れます


その中でも私個人のベスト3は

最強ルアー3選
  1. サイレントアサシン AR-C
  2. サスケ 裂波
  3. ショアラインシャイナー Z

ハッキリ言って、この3種は


最強ミノー


と言っても過言ではありません!


ロストを防ぐために根がかりには注意して、大物をゲットしましょう

ベロ

ルアーロストが一番ヘコみますから…。

是非とも楽しいフィッシングライフを

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる