どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

【稚アユパターン】を解説!春のシーバスは河口が狙い目です

アユといえば綺麗な清流の中を優雅に泳ぐ川魚のイメージが強いんですが、実は一生の半分は海で過ごす魚なんです

産卵期を迎えたアユは下流の浅瀬で産卵し、生まれた稚魚たちは海へと向かいます

そして体調が5~6cmほどに成長した稚魚たちは、春になると群れを形成して川へと戻り上流を目指して昇ります

この幼いアユが遡上するのをシーバスが待ち伏せて捕食するのが


稚アユパターン

今回は、春の河口に起こりやすい【稚アユパターン】について解説していきたいと思います

目次

稚アユの特長

産卵時期には2~4か月ほどのバラつきがあり、群れの稚魚もサイズが違う場合もあります

一般的に2つに分類され

  • 体長5cmほどの稚アユ
  • 体の透き通ったシラスアユ

どちらを捕食しているかを判断し、マッチザベイトでルアーを選択する必要があります

シーズンは?

多くの地域で、アユが遡上し始めるのは3月後半~5月半ばぐらい

ただしこの期間はアユが川へと入ってくる時期であり、川へと入る前の稚アユたちは港湾部に留まってタイミングを計っています

川で稚アユの姿が確認できないならと言っていない訳ではありませんので、河口の方へと移動して確認するようにしましょう

遡上するタイミング

稚アユが動くのに重要な要素は

  • 水温
  • 水量

水温がピークになるのは、4月の中盤からゴールデンウイークあたりがアユにとって適温になる様です

水量に関しては多い方がベスト

満潮時の水位の上昇はもちろん、雨が降った後も水位があがるためアユにとっては遡上しやすくなります

さらに、上流から流れてくる濁りがシーバスにとっては姿を隠しやすくなり活性が高くなる傾向があります

稚アユパターンのポイント

汽水域でも生息が可能なシーバスは、思っている以上に上流まで上がっていきます

探る範囲

河口から川を上がって最初にある堰までがフィッシングポイント!

回遊魚などと違いアユの行動範囲というものは限られていて

毎日、同じ時間に同じ場所で行動しているのが特徴

日中の稚アユは、河口なら護岸沿いにできた流れのタルミや人工的なワンドの部分に潜みやすく、夜になると常夜灯付近で休んでいる事がほとんど

どちらも水深の浅いシャローエリアでジッとしてる事が多いです

時合は?

潮が上がってくるタイミングに乗じて遡上を始めるアユ達ですが、上がった潮はやがて下がってきます

このタイミングになるとアユは泳ぎを止め、浅瀬で休む傾向があります

なぜかと言うと

『泳ぎがあまり上手くないから』

潮が引いてくると、流されないように緩やかな浅瀬部分や流れの緩やかな部分に留まります

獲物が集まっている方が狩りの成功率が上がるのは当然で

下げ潮の時に、流れが緩やかになる付近にシーバスは潜んでいます

大事なのは、稚アユは泳ぎが上手くない事

溜まりやすいのは2つ以上の流れがぶつかり、弱い方の流れの中でジッとしている可能性が高いという事

誘い方

この時期のシーバスは大きくても60cm以下が多く、激しいアクションは必要ありません

大事なのはサイズで

  • 稚アユなら5~8cm程度
  • シラスアユなら5cm以下

あまり大きなルアーだと反応しません

デイゲーム

日中にはバイブレーション

テトラ帯や、本流から外れた流れの緩み付近のシーバスを狙うのが基本戦術

水深の浅い場所では、着水後からスグに巻き始めてOK

注意点は、小型のルアーは見切られやすい為

リトリーブスピードは早めに巻くこと

ナイトゲーム

夜間は水深の浅い部分に溜まるアユ

深く潜るルアーは必要なく、表層をフローティングミノーで狙うのが基本戦術

常夜灯付近の暗い場所が狙い目で、目立たせるためには

明るい場所から、暗い場所へ横切るようにリトリーブ

おすすめルアー

マッチザベイトを考えると5cm前後がベストで、大きくても10cm以下を準備しておきましょう

ダイワ モアザン ミニエント

小型のバイブレーションの中で定評のあるルアー

飛距離の出やすい形状と様々なアクションが魅力で、一つは準備しておきたいルアー

ジャクソン 鉄PAN vib

メタルバイブの王道ルアーがコレ

フォール姿勢も安定しライントラブルが起こりにくいのが特徴

なんといっても値段が魅力です

シマノ エクスセンス クー

シャローエリアの攻略に特化したフローティングミノー

表層から10cmまでのシビアなレンジを攻められ、控えめなアクションがシーバスには有効です

デュオ スピアヘッドリュウキ

実は渓流用のルアーも【稚アユパターン】には有効

まあ、本来は川魚ですので当然です

まとめ

全ての河川にアユが生息している訳ではなく、当然いなければ【稚アユパターン】は成立しません

しかし、春先の河口では【ウグイ】や【イナ】といった他の小魚もベイトになることが多く、似たような釣り方が通用します

サイズも手頃で釣りやすい

春のシーバス

是非マスターしてチャレンジしてみてください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる