どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

初心者におすすめ!コスパ最強2万円以下の安いシーバスロッド

これからシーバスフィッシングに挑戦してみたい方へ

シーバスをルアーで釣ってみたいんだけど、お店にはいっぱい竿があって一体どれを買ったらいいかわからない…。

こんな悩みをお持ちの方は多いと思います


はっきり言いましょう

どんな竿でもシーバスは釣れます!!

もちろん値段が高い方が軽量で操作性と感度が良く釣りやすいのは間違いないんですが、最初の1本に4~5万円も出すのは抵抗がありますよね?

しかも安すぎる竿はトラブルが多く、ストレスから釣りが嫌いになる可能性がある為おすすめできません


では、いくらぐらいが目安なのか?


私、個人の考えとしては最低ラインは7000~10000円ぐらいですが

2万円も出せるなら高性能なシーバスロッドは沢山販売されているんです!!


そこで今回は初心者におすすめしたい【2万円以下で買える安いシーバスロッド】について解説していきたいと思います

この記事で分かること
  • シーバスロッドの選び方
  • コスパの高い2万円以下のシーバスロッド
  • 合わせたいリール

1万円前後でも性能の良い竿も紹介していますので、あなたに合った竿選びの参考にしてください

目次

ロッドの選び方


竿の種類は大きく分けて長さと硬さに違いがあります

一般的
に、長さについては

長さの違い
  • 短いロッド=ルアーの細かい操作がしやすくテクニカルな釣り方に向いていますが、遠心力を利かせる事ができないため飛距離が出ません
  • 長いロッド=飛距離が出せるため広く探ることに向いていますが、自重が重くピンポイントで細かく誘う事が難しくなります

一方、硬さについては

硬さの違い
  • 柔らかいロッド=繊細なアタリでも弾きにくくフッキングしてくれますが、大物が掛かった場合には寄せるのに苦労する可能性があります
  • 硬いロッド=重いルアーで遠投ができ大物相手でもパワー負けすることがありませんが、ショートバイトを弾きやすく活性が低いと苦戦するでしょう

これらの違いは、釣りに行くフィールド状況で変化させる必要があります

ボートから狙うなら7フィート以下でも問題ありませんし、サーフから狙うなら10フィート以上が欲しいところ

オールマイティに使えるのは、8フィート後半から10フィート以内


そして、狙いたい対象魚や使用するルアーによっても変化させましょう

メタルジグなどの重いもので狙うシーバスが大型ならパワフルな引きに負けない硬め、軽量のミノーやワームなどで小型のシーバスを狙うなら柔らかめを選びましょう

オールマイティーに使える硬さはMLですが、参考までに選ぶ基準としては季節を重視!

晩夏から秋は大型が多く、積極的にバイトしてくるため硬め

冬から春先にかけては小型が多く、繊細な釣りになりやすいため柔らかめ

しかし、これはあくまでもシーバスに限った話

中には

1本のロッドでエギングやライトショアジギングもやりたい!!

って方も多いのではないでしょうか?

エギングにやり方はコチラ



もちろん専用ロッドには劣りますが、他の釣りにも問題なく使用できるのがシーバスロッドのいい所なんです!

ただし、その場合の注意点としては

アクションの付けやすい硬めのロッドを選ぶ事!


それでは、何でもできる万能なシーバスロッドを紹介していきましょう

ライトショアジギングはこちら

1万円以下のおすすめシーバスロッド

このぐらいの価格帯なら「試しにやってみよう」って気軽に買えるのではないでしょうか?

おすすめのリールと合わせても、合計2万円以下で購入できますので入門には最適です

ダイワ リバティークラブ

ダイワから販売されているエントリーモデル

ちなみに、私が初めてシーバスフィッシングに使用したのが【リバティークラブ】で思い出深いロッドなんです

もちろん

初めてシーバスを釣り上げたのもリバティークラブ!

赤いワンポイントがカッコよく、しっかりと張りのあるロッドで重めのジグでも投げられるのでライトショアジギングにも流用できるコスパの高いロッド


デメリットは自重が重い事ぐらい

シマノ ルアーマチック

コチラはシマノが販売するエントリーモデル

シマノのロッドは穂先が柔らかいものが多く、繊細なアタリを取りやすく弾きにくい印象があります


先述したリバティークラブよりも自重が軽いのはメリットですが、強度が若干劣るかな…。


リールシートの緩みが気になるポイント

タカミヤ REAL METHOD GRⅡ

釣具のポイントのプライベートブランド【タカミヤ】から製造されているロッドで、1万円以下のロッドなら最もおすすめしたいのがコレ!!

他の2本との決定的な違いは、素材のカーボン含有率が破格の90%以上!

当然、強度は高く大きなサイズでも難なくファイト出来るのがメリットです

さらにガイド部分もオールFijiガイドと、この価格で実現できるのはPBならではの強みではないでしょうか

コスパ最強のロッドがコレ!!

合わせたいリール

1万円以下のリールの中では最強とも言えるのが

ダイワの

レガリス LT2500S-XH

同価格ではシマノの【ナスキー】も人気が高いんですが、基本的な機能には差はほとんどないです

しかし、決定的な違いは

本体の軽さ

数字の上では、たかが数十グラム

なんですが投げては巻くことを繰り返すルアーフィッシングにおいては需要なポイントです

シーバス釣りを動画で勉強

1万円5千円以下のおすすめシーバスロッド

このクラスからはガイドが良くなるのが特徴

ルアーフィッシングにおいて、感度や飛距離を考えるとPEラインを仕様したほうが有利に働くことがほとんどなんですよね

そのため、ライントラブルの起こりにくい【Kガイド】などの仕様が必須となるんです

ぶっちゃけ、初めて買うならこのクラスがおすすめ!!

まさに、コスパ最強と言えるのがこのクラス!

ダイワ シーバスハンターX

Kガイドはもちろん搭載

さらに高密度HVFカーボンによる弾力性と、バット部分をX状に巻きつける事により高強度も実現したモデル


大型のシーバス相手でも負けないパワーを秘めています


重量が150gを切る軽さもポイント

シマノ ソルティーアドバンス

コチラもKガイド装備

性能的にはシーバスハンターと同等なシマノのロッドで、幅広いジャンルに対応できるモデル
でデザインが好き!

マットな質感ザラザラした手触りが武骨でカッコ良く、このシリーズで全魚種が釣れるんじゃないかと思えるラインナップが魅力です

プロックス 湾岸ウォーカー SE

大阪にある【プロックス】というメーカーが販売するロッド

Kガイドは根元部分だけなんですが
、私が大好きなロッドなんです

というのも、以前

70cmオーバーのサワラを2匹連続で釣り上げたロッドなんです!

余裕のやり取り…とはいきませんでしたが問題なく寄せてこれたのでいいロッドと感じました

合わせたいリール

この辺の価格でもダイワがリードで、一押しは

レグザ LT3000-XH

性能は先述したレガリスの上位機種なんですが、バージョンアップしている部分は

マグシールドとねじ込み式ハンドル

この装備のおかげで、強度がアップしガタつきが軽減されストレスなく釣りに集中できるのがいい所

長く使用できるリールですよ

 2万円以下のおすすめシーバスロッド

このクラスまで来ると性能的には上位モデルと遜色ありませんので、今後もシーバスフィッシングを続けるつもりなら

いきなりこのクラスを購入しましょう

およその予算は、リールを含めて3万5千円ほど

ダイワ レイジー

ダイワの上位機種【ラテオ】から最低限の装備だけを残したモデル

一番の特長は振り出し式もラインナップされている事


この恩恵は大きく9フィートサイズのロッドでも収納サイズが60cmほどに収まる為、電車で釣行する時でもカバンの中にも入れて移動できるのがメリット


2本継ぎに比べると半分以下のスペースです

シマノ エンカウンター

個人的には、この価格帯ならナンバーワンが【エンカウンター】です

シマノの売り方なのか、このロッドも色々なバリエーションがラインナップされていて、シーバス狙いなテクニカルモデルがベストな選択


もしも、1本でエギングやライトショアジギングにも使いたい方なら【オールラウンドモデル】を選択すれば後悔しないことでしょう

メジャークラフト トリプルクロス

ルアーフィッシングに定評のあるメジャークラフトから販売されるロッド

YouTubeでもおなじみの【ヒロセマン】こと、広瀬達樹さんがアドバイザーとして参加している事でも有名ですね

このトリプルクロスには【4軸カーボン】という技術が採用され、ネジレを軽減しパワーと弾力が感じられるロッドに仕上がっていて大物相手にも引けを取らない強度があるのが特徴

合わせたいリール

ここからはシマノがイイ仕事をします

一押しは

エクスセンスBB 3000MHG

シマノ技術であるHAGANEギアを搭載し、耐久性は格段にアップしているため

ガンガン使い倒せるリール

それでいて軽量で、マットブラックのデザインもカッコいい持ちたいリールがコレ!

シーバスを釣るためのルアーはコチラ

まとめ

今回は初心者向けのシーバスロッドをいくつか紹介させていただきました

おさらいすると

おすすめシーバスロッドの条件
  • 長さは9フィート前後
  • ガイドに加工は必須
  • 他の釣りに使うなら硬め
  • 軽い方が疲れにくい

ってな感じでしょうか?

私、個人的におすすめしたいタックルは

シーバスハンターXとレグザ

これなら予算は合わせて3万円で購入でき大物にも対応出来るのが魅力ですよ

もう少し予算を抑えたい方には

REAL METHOD GRⅡとレガリス

これなら予算は合わせて2万円で購入できますよ

初心者には難しいかもしれませんが、1度釣ったら病みつきになるのが【シーバスフィッシング】なんです

最後まで読んでくれたアナタ

始めてのシーバスロッド選びの参考になれば幸いです

釣り動画を楽しみたい方はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる