お知らせ内容をここに入力してください。

コスパに優れた【おすすめエギングロッド】イカを釣るならコレだ!!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

私にとってイカは最高の魚介類


刺身で食べても焼いて食べても美味しく、煮付けても最高な食材です



そんなイカをルアーで釣るのが【エギング】



ポイントさえ押さえれば初心者でも簡単に釣れるのが魅力ですが、アクションが必要となり専用ロッドが無ければ釣れないのも事実


では、どんなロッドを選べばいいのか?


今回は『ショアからのエギング』に挑戦したい方向けに

この記事の内容
  • エギングロッドの選び方
  • おすすめの1本
  • 合わせたいリール


を紹介させていただきます


是非、ベストタックルの参考にしてみてください

目次

エギングロッドの選び方


エギングで大事なことは、ロッドをシャクって餌木を激しく動かす事


エサ釣りに使うような柔らかいロッドだと、竿が動きを吸収してしまい思うように動いてはくれません



この為、エギングロッドというものはハリがある事が前提で設計されています



万能ロッドとも言われて【シーバス】【ライトショアジギング】にも流用可能で、1本持っておくと釣りの幅が広がりますよ

長さの違い


主にショアからのエギングで使用する長さは

7フィート~9フィートサイズ


短めの7フィートサイズのロッドは軽量で操作性に優れるテクニカルタイプとなり、アクションの付けやすさがメリットですがロングキャストには向かず足元の地形によっては扱いにくくなります


逆に、長めの9フィートサイズのロッドは遠投ができるストロングタイプとなり足場に左右されない反面、細かいアクションが付けにくい傾向があります



8フィートサイズのロッドは中間的なオールラウンダーな存在で、初めて購入するならおすすめな長さです

硬さの違い


硬さの違いは、キャストできる餌木のサイズに影響を与え

大型の餌木=大型のイカが抱きつく


一般的に春のイカはサイズが大きいが数は釣りにくく、秋のイカはサイズは小さいが数が釣れる傾向があります


しかし、極端な大型サイズを狙う場合はベテランになってから挑みたい所



初心者が最初の1本として購入するのは、よく使う2.5号~3.5号の餌木がキャスト出来れば十分ですのでM~MLを選ぶようにしましょう

重量


【投げる・沈める・シャクル】という一連の動作を繰り返すのがエギングであり、体力を必要としますので少しでも軽い方が楽です


たかが数十グラムでも時間がたってくると腕にかかる負担は全然変わってくるので、ロッドの重量も大事なポイントとなります



一般的に

高性能なロッドほど軽く設計されている


その分、値段も高くなってしまうんですが…


当然ロッドが長く硬くなるほど重量が増えていきます

ガイド


使用する餌木を綺麗にアクションさせるためには、伸びの少ないPEラインが有効


しかし、PEラインのデメリットとしてガイドに絡むトラブルが多い事があげられます



少しでもトラブルを軽減させるためには、ガイド部分に加工が施されているロッドが必要です

【sicガイド】や【Kガイド】などが搭載されているロッド


これ以外にもエギングロッドには【インターライン】というロッドの中にラインを通すモデルも存在し、トラブルはほぼ皆無と言ってもいいので選択肢に入れておきましょう


ライントラブルが起こると、ルアーをロストしたり絡みを解くのに時間がかかったりとストレスがハンパじゃありませんから

1万円以下のエギングロッド


友達に誘われてエギングに挑戦する』って方にオススメ


いきなり高い道具を揃えても、ハマらなかったら無駄になりますしね



最近では低価格でも高性能なロッドが多いため、まずはこのクラスから始めてみるのがイイと思います

ダイワ リバティークラブ


大手メーカーである【ダイワ】から販売されているエントリーモデル


オールラウンダーな8フィートサイズがメインで、そのバリエーションは9種類

  • アウトガイドモデル・・・6種類
  • インターガイドモデル・・・3種類

どちらのモデルもトップ部分には【sicガイド】が採用されていて、重量は130g前後


カーボン含有率も87%と高めで、エギングデビューにリバティクラブを選択する方も多く、人気も抜群です

見た目も赤いワンポイントがカッコよく、安っぽくないのでオススメ!!

メジャークラフト ソルパラX


TVやYouTubeでお馴染み『ヒロセマン』こと、広瀬達樹さんも開発に携わっているメジャークラフトの1本


8フィートクラスがメインサイズで、バリエーションは7種類



高密度のEVAグリップは細くて握りやすく、女性や子供でも扱いやすい事が人気の秘密です



ガイドは全て『Fuji-Oリング』で他のロッドと比べると若干劣る印象ですが、軽さと値段から候補としたい1本です

タカミヤ リアルメソッドGRⅡ


【釣具のポイント】のプライベートブランドである【タカミヤ】のロッドで、8フィートクラスをメインにバリエーションは5種類


この価格帯では一押しロッドが【リアルメソッドGRⅡ】



1万円を切る価格で、上位モデルに匹敵する

カーボン含有率98%


バット部分も3層に加工され、感度と強度に特化したロッド


さらに【オールfujiガイド】でトップ部分は【sicの豪華装備で、まさにコストパフォーマンス最強です



PBならではの強みでしょうね

合わせたいリール


1万円以下で購入できる最強のリールでエギングデビューにふさわしいリール

ダイワ レガリスLT2500


軽くて丈夫なLT(ライトタフ)ボディにより自重は205g


ドラグ性能も高くタフデジギアによる巻き心地の良さもあり最も売れているリールがレガリスです



セカンドリールでも使えるため間違いなく持っておきたいリール



ハンドル形状がシングルですので、余裕があればダブルハンドルに変更できれば最高です

2円以下のエギングロッド


これからもエギングを続けていく気がある方はこのクラスから始めましょう


経験を積んで、中級者になってからでも十分使える性能を持っています



「買ったからには釣らなくては!」


って気持ちにもなりますしね

シマノ セフィアbb


国内大手メーカー【シマノ】から発売されているエギング専用ロッド


8フィートサイズをメインにバリエーションは何と11種類ありカーボン含有率は95%以上



カーボンをX上に巻き付けた【ハイパワーX】により、キャスト時やファイト時の捻じれを軽減してくれるため安定した釣りが可能

ガイドはアルコナイトリングでオールKガイドを搭載


Lクラス限定ですが、高感度で喰い込みが良くなる【ソフトチューブトップを採用しているので選択肢に入れておきましょう

メジャークラフト トリプルクロス


8フィートがメインでバリエーションは全7種


特筆すべきは2種類は

ソリッドティップを搭載している事


春の大型イカは生存競争を生き抜いてきたため、警戒心が強く餌木を違和感なく抱かせるためにソリッドティップは有効なんです


ガイドもKガイド装備でリングはsicを搭載し繊細なアタリも逃さない1本です

アブガルシア ソルティーステージKR-X


ピュア・フィッシング・ジャパンが開発する【アブガルシア】のロッド


7~9フィートサイズを取り揃え、あらゆるフィールドに対応できる能力を持っているのがソルティーステージKR-X



バット部分の強度アップはもちろん、ガイドもKガイドは搭載していて他機種に負けない装備です



一番の特長は

EVAグリップが脱着できる事


このメリットは、持ち運びや収納に便利なためポイントが高いかな?


私は使ったことがありませんが、最新モデルには【GMC(カーボンマイクロガイド)も搭載しているようです

ダイワ エメラルダスV


ダイワから販売されている有名なエギングロッドシリーズ【エメラルダス】


私個人として2万円以下のエギングロッド…てか、初めに買いたいエギングロッドのナンバーワンに君臨するロッドです



バリエーションは全9種類用意されていて、高密度HVFカーボン繊維を45°の角度で組み合わせることにより弾性をアップ


バット部分はX状に巻き付けて高強度を実現しています



さらにガイド部分も

オールsicのKガイド


このロッドの何処にスキがあるのか知りたいぐらいの性能

合わせたいリール


この価格帯からはリールも高性能なものが多く、迷ってしまいそうですが私の一押しは

ダイワ エメラルダスLT


ダイワ精工の技術を駆使したエギング専用モデル


海水や異物の侵入を防ぐ【マグシールド】を搭載し耐久性も高く、イカの引きに自動で追従する【オートドラグシステム】により身切れを防ぎます



スプールのABSにも加工がされていてさらなるロングキャストが可能

高性能な3万円クラス


この価格帯となるともはや上級者モデル


「どうせ買い替えるなら」


と考えている方はいきなり3万円クラスから始めてみましょう

テイルウォーク EGIST TZ


バリエーションは全6種類


風の影響を受けにくい細身のブランクを採用しながらも、カーボンによる強度もしっかりと確保し【ハイピッチジャークを得意としたモデルです



ガイドはチタンフレームのKガイドに、sicと同等な摩擦抵抗を持ちながらも軽量な【トルザイトリング】を採用し徹底した軽量化を図り

軽さ・細さ・しなやかさ


3拍子揃った万能ロッド

オリムピック カラマレッティー


老舗メーカー【オリムピック】が販売するエギングモデル


ボートからのティップラン用もありますが、ショアからのエギングモデルは全7種類



リールシートに軽量化したVSSを採用し先重りを防ぐためトップガイドは【トルザイトリングのチタンKガイドを搭載し徹底した軽量化により

100g以下の軽さを実現


ジョイント部分も印籠継となり、自然な曲がりでイカを引き寄せることが出来ます

シマノ セフィアCI4


ベテランエギンガーも愛用するほどの性能を誇る【セフィアCI4】

最強のエギングロッド


全11種類とバリエーションも豊富で全てのモデルが100g以下と軽量です


【スパイラルX】【パワーX】により、ロッドを鞭のようにしならせるジャーキングでイカを虜にします



ガイドにもこだわりが強く、オールsicはもちろん3D構造の【Xガイド】により糸絡みはほとんど皆無!



【タフテック】搭載のソリッドティップもありますので、買うなら1本で止まらなくなるかもしれませんね

合わせたいリール


最強のエギングロッドと同じく最強のエギングリール

セフィアCI4


最強の名にふさわしく、ボディは【マグナムライトローター】で更なる軽さを実現し、ハンドル部分まで軽量化が図られて巻き心地も抜群


ダイワのマグシールドに対抗した【コアプロテクト】効果で、耐久性も問題ありませんので長期間の使用が可能です



私個人的には赤と黒のカラーリングがカッコイイですね

まとめ


ハッキリ言って

高いロッドの方が性能がイイのは間違いない



しかし、安いロッドでも釣れることも事実



私個人の考えではエギングへの気持ちで選ぶべきと思います

  • 何となくエギングを始める方:1万円以下
  • いろんなルアーフィッシングをしたい方:2万円以下
  • エギングを極めたい方:3万円クラス


何にしても、釣りに行くからには美味しいイカをゲットしてください


釣り・フィッシングランキング
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる