【初心者向け】シーバスをルアーで狙う!タックルや釣り方を解説

スポンサーリンク
釣り

ソルトルアーで釣る魚といえば【シーバス】と言えるほどメジャーな魚

何でも食べる貪欲な食性で強烈な引きを持ち、なんといってもどこでも釣れるというのが最大の魅力

都心部の河口なんかでも70cmオーバーがウヨウヨしている為、多くのルアーマンが毎日のようにキャストする姿を見かけます

一度、シーバスを釣ってみたい!

そんな方の為に、今回はシーバスをルアーで釣るためのポイントをご紹介したいと思います

スポンサーリンク

シーバスタックル

世の中には多くの釣り道具が販売されていますが、この記事では初心者が使いやすいタックルを簡単に説明します

・8.6~9.6フィートMLでKガイドのシーバス用ロッド
・2500~3000番クラスのスピニングリール
・1.0号のPEライン

・5~6号のショックリーダーをFGノット

シーバスロッド

ルアーで釣る場合、細かい操作が必要となるため必ず専用ロッドを用意してください

まずは長さの問題

足場が高い場所やサーフなど遠投が必要なフィールドでは長めのロッドが有利ですが、初心者には扱いが少し難しいため8.6~9.0フィートが扱いやすくてオススメです

そして硬さ

硬いロッドは重いルアーを機敏に動かすことが可能ですが、魚のバイトを弾きやすいのが難点

しかし、シーバスフィッシングではあまり重いルアーを使用しない事と初心者にとって合わせのタイミングが難しい事からMかMLをオススメします

最後に
ガイド

これが最も大事な部分で、PEラインは強くて感度が高いのがメリットですが、絡みやすくライントラブルが起きやすいというデメリットがあります

そのため絡みにくく加工されたKガイドは必須となります

長さは8.6~9.6フィート
硬さはMかML
Kガイドは必須

リール

扱いやすさの点からスピニングリールを選択

最近のリールは性能がかなり良く、1万円前後でも十分で高価なリールは必要ありません

4桁の番号はスプールの大きさを表していますが、大きい方が太いラインが多く巻けドラグ機能が強く、重量が重いのが一般的


大事なのはロッドとのバランス

長いロッドに小さいリールや短いロッドに大きいリール、といったアンバランスなセッティングをしてしまうと釣りにくく、疲労やストレスの原因となってしまいます

スピニングリール
8.6フィートのロッドなら2500番
9.6フィートのロッドなら3000番

ラインシステム

魚が掛かった場合、釣り人と魚を繋ぐ命綱となるのがラインシステム

まずはメインライン

PEラインの登場はルアーフィッシングを飛躍的に進化させたと言われるほどのラインで、引っ張り強度は他のラインの2~3倍の強さを誇ります

細い方が感度と飛距離がアップしますが、強度が下がりライントラブルが起こりやすくなります

シーバスは小型でも引きが強く、また不意の大型にも対応するためには1.0号を巻いておくのがオススメ

先にはショックリーダー

最強のPEラインにも摩擦に弱いという弱点があり、逃げようとする魚が海底の岩場などに潜られると切れてしまいます

そんな弱点を補うために必要なのがショックリーダー

基本的にはメインラインの1.5~2倍程の強度が理想で、値段で選ぶならナイロンで感度で選ぶならフロロカーボン

長さは1.0~1.5mほど取りFGノットで結束するのが基本

メインはPE1号(他のラインなら2~3号の強度)
リーダーは5~6号(メインの1.5~2倍)
FGノットで結束

シーバスとのやり取り

タックルの用意ができたら、いよいよシーバスフィッシングに挑戦するのですが問題は

シーバスは何処にいて、どうやって誘うのか?

シーバスの潜むポイント

シーバスは基本的には夜行性で、大型が釣れやすいのも夜が多いですが、昼間でも当然捕食しているため条件さえ合えば日中でも釣れます

では、どこに潜んでいるのか?』

最もメジャーなシーバススポットが河口です

上流から豊富なエサが流れてくるため、小魚が集まりやすく橋やテトラなど身を潜める場所もあるフィールドだからです

特に雨が降った後は、上流から濁りと共にエサとなる川魚も流されてくるため激熱スポットとなります

そして堤防も狙いやすいスポット

潮通しのいい先端部分や堤防同士の継ぎ目、角になった部分も獲物を追い込みやすいので潜んでいる確率が高いです

ルアーを着水させながら歩く【テクトロ】と呼ばれる戦法で、付いているシーバスを誘う事も有効


大型狙いなら漁港でのナイトゲームは外せません

常夜灯や月明りにはプランクトンが集まりやすく、それをエサにする小魚も当然集まってきます

それをシーバスは暗がりから狙っているため、明るい部分の周辺を探るのが効果的です

係留している船の下も隠れるポイントの一つですが、キャスティングに自信がないうちは狙うのは避けた方が無難です

万が一、ルアーがロープに引っかかったりするとトラブルの原因となってしま
い、最悪釣り禁止となることも…。

エサとなる小魚が集まりやすい場所
身を隠せる場所
暗がり

ルアーでの誘い方

捕食者であるシーバスを狙う場合、大事なのは食べている小魚とサイズを合わせる事が大事です

5cm~12cmぐらいのルアーでありますので、フィールドで泳いでいる小魚のサイズをチェックしましょう

メインとなるルアーは2種類

・ミノー
・バイブレーション

まずは表層部分をフローティングミノーで探ります

シーバスは下から上の獲物を捕食するタイプなので、遊泳層よりに反応する事が多いからです

基本的にミノーのアクションは綺麗に泳ぐ【ただ巻き】でOK

しかし、表層に浮いているシーバスはレンジが数10cm違うだけで喰わないケースが多いため、ロッドを下げたり巻く速度を速めたりして徐々にレンジを下げていきましょう

アタリが無ければシンキングミノーで中層

着水後、カウントを数えフローティングでは届かなかった部分を探っていきます

シーバス狙いの場合は、変にアクションをつけるよりもリトリーブスピードの変化やストップ&ゴーなどが有効です

毎回決まったスピードではなく、投げるたびに変化をつけることがポイントです

それでも無反応ならバイブレーションの出番

サイズのわりに重量のあるバイブレーションは遠投が効くため、広く深く探れる万能ルアー

そして、巻いて泳ぐことにより波動が出るため振動で魚をおびき寄せる事が可能

ファーストリトリーブやリフト&フォールを使い、振動を大きくすることでシーバスに気付かせる事
が大事で

ベイトに合わせたサイズ
表層から探っていく
スピードの変化が有効

シーバスとのやり取り

目の前にルアーを通し、捕食スイッチが入ればシーバスはルアーを吸い込みいよいよファイト開始

大型でパワーのある獲物との戦いに勝利するにはどうすればいいのか?

合わせ方から取り込み

魚がルアーを口にくわえる事をアタリといいますが、色々なパターンがあります

獲物と確信してひったくる『ゴンッ』というアタリ
獲物かどうか確かめようとしてかじるような『コン、コン』というアタリ
咥えながら追跡してくる『グ~ッ』というアタリ

このような違和感を感じたらアワセを入れます

口の中の針を確実にフッキングさせるためにロッドを一気に煽るんですが、上方向にロッドを煽るよりも自分の胸元にロッドを引き付けるように煽る方が確実にフッキングさせるようにアワセましょう

ガッチリ掛かったら手前に寄せていきます

ここが正念場で、釣られたくないシーバスは必死でパワフルな抵抗を見せます

そんな時は無理やりリールを巻くのではなく、ロッドのしなりを利用して力を逃がすように操作しましょう

ドラグが鳴るほど引っ張られたら止まるまで自由に泳がせ、止まったらシーバスの進行方向とは逆に煽るようにして引き寄せます

これの繰り返しで焦らずファイトする事

アワセは引き付けるように
ロッドのしなりを利用する

エラ洗いの対処法

獲物に違和感を感じたシーバスは、口から異物を吐き出そうとします

その時、海面にジャンプしたり首を左右に振ったりする行動がエラ洗い

ルアーを吐き出されるのはもちろん、するどいエラでラインを切られる可能性もありシーバスフィッシングにおいて最もやっかいな問題でありますが、最もエキサイティングな場面でもあります


エラ洗いを防ぐ方法は

シーバスを疲れさせる事

先ほど説明した「焦らずファイトする」という目的は、シーバスの体力を奪い首振りやジャンプする元気を無くすためなんです

具体的には、逃げようとするシーバスの進行方向とは逆にロッドをしならせ首を固定し、表層まで浮いてきたらロッドを下げてジャンプを防ぐ

抵抗する元気が無くなったシーバスを足元まで寄せれば勝利は目前

後は取り込むだけ

サイズが大きいシーバス相手に、スプールを抑えて引き抜く行為は厳禁です!

最後の最後でラインが切れて逃がしてしまう事になります

取り込むときは、必ずランディングネットを使用する事

抵抗する体力を奪う
ランディングネットで取り込む

居れば釣れるシーバス

パワフルな巨体を活かし獲物を貪欲に捕食し、どんな海域でも生きれる生命力あふれたシーバスはルアーフィッシングにおいて最も愛すべきターゲットです

これまで解説してきた釣り方をマスターし、近所の海へ出かけてルアーを投げてみましょう

シーバスは狙って釣る魚です

きっと、スリリングなファイトが楽しめますよ♪

コメント