道糸は【peライン】一択!選び方とおすすめを解説します

釣り

ひと昔前までは、釣りに使われる道糸はナイロンフロロカーボンが主流でした


しかし近年ではpeラインというものが誕生し、特にルアーフィッシングには欠かせない道糸となっていいます


「なぜpeラインがいいのか?」


今回は、そんな疑問を解消していきたいと思います

この記事で分かる事
  • peラインのメリット・デメリット
  • peラインの選び方
  • おすすめpeライン

ぜひ、最後まで読んでみてください

スポンサーリンク

peラインとは?

ポリエチレンの略


他のラインは単一繊維で出来ていますが、peは単一ではなく複数本で編み込まれているのが特徴

メリット

まず挙げられるメリットは

強度がある

同じ号数での引っ張り強度は、ナイロンやフロロカーボンに比べるとなんと3~4倍もあり、大型の青物の引きにも負けない強さが強み


そして、伸縮性が少なく

感度と操作性が高い

ラインが伸びにくいため、細かいロッドの操作にもルアーが機敏に反応


さらに、メバルやアジなどの繊細なアタリも見逃さないほどの感度が強み


そして最後に

飛距離が出せる

同じ号数でも他のラインより細く作られている事と、素材のポリエチレンは巻きグセがつかないため抵抗が軽減されるのが理由


ショアジギングなどにおいては遠投できる方が有利に働きますので、このメリットは大きいです

デメリット

一番のデメリットは

摩擦に弱い

掛かった魚は、釣られたくない一心で暴れて走り回ったり根に潜ったりと抵抗します


そんな時に魚の歯やヒレ、海底の岩などの障害物に擦れてしまうと簡単に切れてしまうのが難点


そして、価格にも問題があり

価格が高い

ナイロンやフロロカーボンよりも加工に手間がかかってしまうのが原因


しかし、耐久性もありますので長い目で見れば気にならない程度なんですけどね



最後にもう一つ


引っ張り強度が高いのがメリットなんですが

一瞬の強い力には弱い

伸びにくいという事は衝撃を逃がしにくいという事


不意の大物がひったくるように喰い走りだす衝撃はかなりのモノで、細いラインを使用していた場合には耐えきれない可能性もあります


そして初心者にありがちなのは、何度もキャストを繰り返しているうちにガイドにラインが絡んだ状態で投げてしまい『プツン』…。


対策としてメインラインの先にはショックリーダーを結束しておくことが必要です

peラインの選び方

販売されている多くのpeラインは0.1号~6.0号ぐらいまでの太さがあり、編み込みも3~12本と幅広いラインナップ


その違いとは?

太さ

他のラインと同様に号数が大きいほど強度が高く、号数が小さいほど感度と飛距離がアップ


そして値段も大きいほど高くなります



ショアからのキャスティングの場合、主に使うのは3号ぐらいまで十分です

編み方

本数は3~12本と幅広いんですが、一般的には4本編みと8本編みが主流です


4本編みの特長はガイドに絡みにくい


1本あたりが太くてコシがあり絡みにくいメリットがありますが、ガイドへの抵抗が強く飛距離が落ちます


8本編みの特長は高い強度


1本あたりが細く抵抗が少ないため飛距離が出やすいメリットがありますが、細い分摩擦には弱くなってしまいます



細いラインでピンポイントを狙うゲームには4本編み、遠投して広く探るゲームには8本編みが有効です

対象魚の目安

獲物によって使い分けるのが基本で、およその目安としては

仕様ラインの目安
  • ライトゲーム…0.4号
  • エギング…0.6~1.0号
  • シーバス…0.8~1.2号
  • ショアジギング…1.5~3.0号

これは、あくまでも基本サイズ


釣り場の海底状況や、対象魚でも大型を狙う場合には若干太めに変更するなどの変更が必要です

おすすめpeライン

シマノ【SHIMANO】 ピットブル8

シマノから販売されているライン


素材に使用されているのは、東洋紡の【IZANAS】で安心の日本製


そこに【VT工法】という独自の編み方で高強度を実現し、滑らかな表面のためライントラブルが少ないのもイイです

YGK よつあみ エックスブレイド【X-Braid】 アップグレード X8

YGKから販売されているライン


4つの製法と加工により、高い耐摩耗性と引っ張り強度を実現した世界最高糸質がウリ


コーティングも強く長く使えるところがイイです

デュエル【DUEL】 アーマード F+

デュエルから販売されているライン


1.0号以下がメインとなりますのでライトゲームエギングシーバスフィッシングに最適です


表面にフロロ粒子をシリコンでコーティングすることにより、高い飛距離と耐摩耗性に優れ根ずれに強い優れたラインに仕上がっています

クレハ【KUREHA】 シーガーX8

クレハから販売されているライン


実はクレハは、世界で初めてフロロカーボン
の釣り糸を開発した会社なんです


ピッチマーキングが施されていて視認性が高く、感度も良好なライン


コスパも高くこだわり派のラインです

ラパラ【Rapala】 ラピノヴァX

ラパラから販売されているライン


ルアーメーカーが開発しているため、ルアーの操作性と感度は文句なしの出来です


耐久性は若干劣りますがラインは消耗品ですので、頻繁に釣りに出かける方にはコスパの高いライン

ウミネコ 放浪カモメ

ウミネコから販売されているライン


ネットで検索すると必ず出てくるラインで、中国製なんですがハッキリ言ってコスパはナンバーワン


1000m巻き(1mあたり4円ほど)というとんでもない量も有り、ガンガン釣りに行く方にはオススメのラインです


注意点として、海外製のため表示サイズは日本製よりも太いため目安よりも細めの選択が必要となります

最後に

今回、ご紹介した【peライン】は全て実績と人気の高いモノばかりです


高い強度と感度は釣りにおいて重要な問題です

おすすめしたい方
  • ルアーフィッシングを始める方
  • 今までナイロン・フロロしか使っていない方
  • アタリがわかりにくい初心者

こんな方は、ぜひpeラインを使ってみてください


これからの釣果に期待しております

コメント