どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

イカが絶対釣れる【おすすめエギ】を紹介!抱きつかずにはいられないエギ達

初心者でも釣りやすく、食べても美味しいイカをルアーで狙う【エギング】

この名前は【餌木(エギ)】という独特の形をしたルアーを使用することから付けられました


市販されているエギは数が多く

どんな餌木(エギ)が釣れるんだろう?

って方も多いと思われます

そこで今回は

この記事の内容
  • 色々なエギの選び方
  • 釣れるおすすめエギ

この2つについて紹介していきたいと思います

目次

エギとは?

そもそも餌木(エギ)の始まりは

昔々、奄美大島に住むある漁師が手に持っていた松明を海に落としてしまったったそうです

その時、水中にいたイカが松明に抱きついた事が発祥

もとは大型魚の形でしたが時代とともに小型化し、現在ではエビを模した形となりました

その素材は、木材やプラスチックの本体にカラーテープを張り付け、その上にカラフルな布を巻き付けて造られています

  • 前方には重りが取り付けられ、沈下速度や姿勢をコントロール
  • 後方には放射状に伸びた『カンナ』と呼ばれる針が取り付けられている

魚と違いイカは喰いつかずに抱きつく習性があるため返しは付いていないのが特徴

エギングのやり方はコチラ

エギの選び方

同じ様に見えますが、様々なバリエーションがあるのがエギ

大きな特徴としてあげられる3つの違いを解説します

サイズの違い

販売されているエギのサイズは2.0号~4.5号と幅広いのですが、ショアから行うエギングでよく使うのは

2.5~4.0号サイズ

他のルアーと違い号数で表記されているのが特徴で、サイズが大きくなると重量も増します

2.5号

7cm強の長さで重量は約10g

主に秋の小型アオリイカを狙う場面で使用する事が多く、初心者でも扱いやすいサイズがコレ

3.0号

9cm程度の長さで重量は約15g

小型~中型をメインに使用するサイズですが、大型イカの活性が低い場面などには有効なサイズがコレ

3.5号

10cm強の長さで重量は約20g

真ん中に位置するサイズで、あらゆる場面に適応できる万能サイズがコレ

4.0号

12cmを越える長さで重量は約25g

アピール度が高く風や潮の流れの影響を受けにくいのが特徴で、春の大型イカを狙うなら必須のサイズがコレ

春イカの狙い方はコチラ

沈下速度の違い

エギングというゲームは激しくシャクるイメージがありますよね?

これはイカにルアーの存在をアピールし、しっかりとイカに見せるためのアクションで

イカが抱きついてくるのはフォール中!

この為、沈下速度というものが重要となり3種が存在します

シャロータイプ

浮力が高く沈みにくいタイプで、パッケージなどにSと表記されている事が多いです

沈下速度は遅く潮の流れが早い場合にはボトムまで沈まないため、根がかりしやすい浅瀬や秋イカ狙いのサイトフィッシングに向いているタイプがコレ

ベーシックタイプ

いわゆるノーマルタイプで、1m沈むのに3~4秒ほどかかるのがほとんどです

最も種類が多く万能に使えるため初心者にも使いやすい餌木で、初めて訪れた場所でのパイロットルアーとしても探っていけるタイプがコレ

ディープタイプ

沈下速度が最も早く、パッケージなどの表記はDFS(ファストシンキング)と書かれています


比重が高く遠投ができ潮の流れにも影響を受けにくいため、広く深くを手返し良くしっかりと探る事ができるタイプがコレ

カラーの違い

餌木は、他のルアーと比べると派手なカラーリングが多いのが特徴

下地となるベースカラーと上塗りや模様、その組み合わせは無限大ですが大きく影響するのは光量と濁り

アピールカラー

ゴールドをベースにピンクオレンジが組み合わされたカラーリング

光量が少ない時や水質が濁っている時、それ以外にイカの活性が高い場合には有効となるカラーです

ナチュラルカラー

シルバーをベースにブラウンブルーが組み合わされたカラーリング

光量が多く水質がクリアな状況な場面など、自然な色合いでイカに警戒心を与えにくく低活性に有効なカラーです

シルエットカラー

赤をベースにブラック系が組み合わされたカラーリング

名前の通りシルエットを強調する事ができ、ナイトエギングや光が届かない深い場所に有効なカラーです

雨の日にエギングは出来るのか?

おすすめエギ

選び方が分かっても、自分で選択するには経験が必要です

そんな方の為に、ここからは実績のある釣れるエギを紹介したいと思います

メジャークラフト 餌木蔵

ジグパラなど大ヒットしたルアーを開発した【メジャークラフト】が送り出すエギ

光が透き通り自然なアピールが可能なクリアボディは斬新なアイデア


テープ無しオールテープハーフテープの3種のパターンとカラーの組み合わせで、あらゆる状況に対応できる万能エギです

餌木猿

【林釣漁具製作所】から販売されるエギ

天然の桐を使用し1本1本を職人が手作りするスタイルで、古来から伝わる餌木が魅力


特にフォール姿勢が良く、シャローエリアに潜む春イカに定評があるエギです


個体によってイレギュラーなダートを見せるオンリーワンも魅力

エバーグリーン エギ番長

誰でも簡単に扱えるエギをコンセプトに作られたエギ

飛距離も高く、薄く設計された先端の形状により【マジ切れダート】を演出し思い通りの動きが出来るエギです


バリエーションの中にXD(エクストラシンキング)タイプも存在し、潮の流れが速い場面でもしっかりボトムを捕えます

シマノ セフィアクリンチ フラッシュブースト

大手釣り具メーカー【シマノ】から販売されるエギ

特筆すべきはボディ内部に仕込まれた反射板の存在


動きに反応してフラッシングの効果を生みだし、ボトムで止めてもキラキラとアピールし続けます


さらに、小さな振動も相まってリアルな生命感も演出

ダイワ エメラルダス ダートⅡ

ダイワ独自の【Saq Sas(サクサス)】加工されたカンナにより、高いフッキング率を誇るエギ

縦型のラインアイでシャープなダートを演出し、若干スローにフォールしていく姿に
抱きつかずにはいられないほどイカを魅了します

デイエギングに定評があり、値段も安いのもおすすめの理由

ダイワ エメラルダス ラトル

【ラトル】とは?

ルアー内部に金属の玉を仕込むことで動きに合わせて音でアピールする効果があります


水中を伝わる音は低活性のイカにスイッチを入れる効果が高く、横向きに取り付けられたラインアイが鋭いアクションを演出し魅了します

デュエル ダートマスター パタパタ

【YO-ZURI(ヨーズリ)】の名でも知られる老舗メーカーのデュエル

特にエギングを得意としているメーカーで、特筆すべきは【パタパタフット】


ボディに取り付けられた3本の足が水の抵抗を受けてブルブルと振動するのが特徴で、機敏なアクションに加えただ巻きでも波動でアピールするエギです

デュエル EZ-Q キャスト 喰わせ

同じく【デュエル】からのエギ

先述のパタパタフットは勿論、ボディにも独特なシルエットである【ウェーブモーションボディ】の効果により強烈な波動を出します


ぶっちゃけこのエギにしか反応しないイカもいるぐらいの釣れるエギ!

ヤマシタ エギ王 ベーシック

エギング界の王者に君臨する【ヤマシタ】から販売されるエギ

まさに【王】の名にふさわしい釣果を上げています


アクションは控えめですが【ハイドロボディ】加工とテール部分に取り付けられたフィンが抜群のフォール姿勢を演出


フォールで誘うエギングに特化したエギです

ヤマシタ ピョンピョンサーチ

初めてのエギングで使いたいエギ

基本であるシャクリやステイといった複雑な動作は必要なく、ロッドをチョンチョンと煽りしばらくフォールさせるだけでイカを誘える設計


シンカー部分に取り付けられたフィンが逃げ惑うエビの動きを演出します

タカミヤ エギボンバー

釣具のポイントから販売されるオリジナルエギ

PBならではの低コストで1本あたりの値段は200円程度


ボトムを取るエギングにおいて、根がかりでルアーロストの確率は高いためパイロットルアーとして持っておきたい一品


『安かろう悪かろうが』当てはまらない高性能なエギです

コスパの高いギングロッドはコチラ

まとめ

基本的なアクションをマスターすれば、誰でも簡単に釣れるエギング

後はエギの選択だけですが、あらゆる状況に対応するためには1つで
挑むのは無謀というもの

サイズとタイプ、そしてカラーを複数用意しておく事!

今回ご紹介した【おすすめエギ】からチョイスして、複数揃えておけば大型イカを釣り上げる事ができるでしょう

是非、美味しいイカを自分の手で釣り上げて下さい

釣りを動画で楽しむならコチラ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる