『雨の日は魚が釣れるのか?』雨の影響と釣れる魚について解説します

スポンサーリンク
釣り

釣りを趣味にする方にとって【雨】は大事な問題

屋外で行う趣味のため「今日は止めておこう」と思う方が多いと思われます

しかし

雨の日の方が魚が釣れる

という噂も聞いたことありませんか??

ハッキリ言って

雨の日は魚が釣れます!!

今回は【雨の日の釣り】について、釣れる理由と注意点を解説していきたいと思います

スポンサーリンク

雨のメリット

press 👍 and ⭐によるPixabayからの画像

人間にとって雨は嫌な天候ですが、魚にとってはメリットが多いんです

他の釣り人の影響

晴れの日は人気の釣り場であってもライバルが減るというメリットがあります

普段、仕事をしている方にとっては休日にしか釣りに行けません

せっかくの休みが雨だった場合、家でジッとしている事がほとんどではないでしょうか?

また、家族でファミリーフィッシングの予定を立てていたとしても、雨が降っていれば子供の危険を考慮して中止しますよね

堤防に集まっている人影が少なくなると、魚へのプレッシャーも少なくなり雨音が気配をかき消し
てくれるため警戒心が下がる効果が考えられます

魚への影響

雨の原因となる低気圧

魚は体内にある浮袋を使って浮力を調節していますが、気圧が下がると浮袋が膨張しやすくなりレンジが高くなる傾向があります

そして、人間以外にも魚を狙う存在である鳥たちも雨によって行動も制限されることになり、天敵からのプレッシャーも下がる事になります

また、雨粒に含まれる酸素が海中に撹拌されることによりプランクトンが発生しやすく、それを捕食す
る小魚の活性も上がりフィッシュイーター達も活性が上がり釣れやすくなるという事

増水の影響

河口付近となると上流から水と共に泥や砂などが押し流されてきて濁りが入ります

中にはベイトとなる小さな虫も存在して小魚たちが溜まりやすいポイント

魚が身を隠すのに最適な濁りですが、逆に視界を悪くする原因でもありルアーが見切られにくいメリットがあります

また、水位が上がるという事は魚の行動範囲が広がり、普段は入ってこれないような大型の魚が河川に侵入しやすく思わぬ大物が釣れる可能性が上がります

雨の方が釣りやすい魚

淡水魚は一般的に雨の方が釣りやすくなります

海釣りの場合、雨の日に有利なフィールドは河口

海水魚でも汽水域で生息可能なシーバスクロダイは、雨の日の方が釣りやすくなる傾向があります

そして、河口付近に生息するヒラメマゴチといったフラットフィッシュも同じく好条件

雨のデメリット

魚にとっては好条件の雨ですが、釣る側の人間にとっては悪条件が多いんです

災害の危険

水に濡れて足場が悪くなり滑りやすく、テトラ帯などは落水の危険性が高まります

釣り人が少ないという事は、万が一転落しても誰も気付かない事も

そして恐ろしいのは雷の存在

カーボン製の竿は電気を通しやすく、周りに何もないような堤防などでは竿に落雷する事故もあるため雷の気配を感じたらすぐに釣りを止める事

河口付近では、増水による氾濫の可能性もあります

河川の水量は一気に増加することもあり、急な大雨や何日も雨が続いた場合などは川が危険な場所となります

海水の影響

雨水が混ざることにより、海水の塩分濃度が低下してしまいます

基本的に魚の体には【ナトリウムポンプ】というものが存在し、体内と水の塩分濃度を感知して余分なナトリウムを体外に排出できる機能が備わっています

しかし、魚の種類によって適応できる範囲に差があるため苦手な魚も存在するのも事実

そんな魚は雨が降ると沖の深場へと移動してしまうため、ショアから出は釣りにくくなるので注意が必要です

釣り道具の影響

まず自身の体を雨から守るレインウェアですが完全防水とはいかず、時間と雨量によって内部に浸みこんでくるんですよね

特に安物ほど浸みやすいので、できればアウトドア用のレインウェアを準備しておきたい所

そしてリールへの影響

釣りで使う以上、水に濡れることが前提で作られているんですが長時間となると水が内部へ侵入してくるリスクは高まります

特にドラグ部分からの浸水が多いので、釣行後はしっかりとメンテナンスする事が大事

そしてエサ

サビキ釣りやコマセとして使う【アミエビ】は、水に濡れてビチャビチャになると使い物になりません

小出しが出来て保存がきくチューブタイプなら問題ないのですが、ブロックタイプをバッカンに入れて使用する場合は濡れない工夫が必要です

雨の方が釣りにくい魚

浸透圧の調整が苦手な代表はイカ

エギングの定番であるアオリイカコウイカなどは、塩分濃度が下がると深場へと移動する傾向が高く釣りにくいです

そして、秋の風物詩でもある太刀魚も同じ

接岸しやすい場所が決まっている太刀魚ですが、特に雨の日は河口部分へは近寄りにくくなりますので別のポイントへの移動をおすすめします

まとめ

結論として雨の日はプレッシャーが弱まり、活性が高くなりやすく行動範囲が広がる事から

魚が釣れやすい条件が重なる

つまり雨の日こそ釣りに行くべきなんで、私自身もランカーシーバスを釣り上げたのは雨の日でした

しかし、リスクも大きいため準備は万端にして挑む必要があります

  • しっかりしたレインウェアを選ぶ
  • 豪雨や雷が鳴ったらスグ中止
  • 対象魚を絞る
  • 帰ったらメンテナンス

これさえ守ればライバルのいない釣り場で大型を釣り上げる事が可能ですよ

コメント