どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

『大型アジをプラグで釣る方法は?』押さえておきたい基本を解説

木材やプラスチックで作られたルアーの総称が【プラグ

プラグを使った釣りで最もメジャーなターゲットがシーバスですが、実は小魚を捕食する全てのフィッシュイーターに有効なルアー

ブリやハマチと同じ青物であるアジも例外ではなく、イワシやキビナゴを捕食する回遊魚であるためプラグで狙えるターゲットです

今回は、アジをプラグで狙う基本について話したいと思います

目次

プラグで狙う理由

アジングで使用するのは、シーバスを狙う時に使うような10cmほどの大きなものは使いません

5cm程度の小型のルアーを使用するのが定番

メリット

アジングと言えば『軽量ジグヘッドにワーム』で狙うのが定番ですが、扱いが初心者には難しい事が難点です

しかし、プラグで狙う場合は『基本は巻くだけ』なので初心者でも釣りやすいのがメリット

ベイトが小魚だった場合はジグヘッドよりも圧倒的に有利となり、アピール度が高く大型のアジを誘う事が可能です

また取り付けられているフックの本数も多く、バラシ
やすいアジをヒットに持ち込みやすいも嬉しい所

デメリット

プラグ系ルアーには潜行レンジというものが設定されているため、泳がせることが出来るレンジが限定されてしまうが最大のデメリット

また小魚を積極的に捕食している時のアジは活性が高いため有効ですが、逆に活性が低い場合には大きなアクションが余計に警戒心を与える事に

無理やり捕食スイッチを入れる事が難しいため、プラグだけで挑むと全く釣りにならない状況も有り得ます

準備するタックルは?

アジングの基本は専用タックルを用意するべきですが、プラグで狙うなら話は別です

メバリングや、他のライトゲームで使用するタックルを流用できるのもイイ所

ロッド&リール

プラグで狙う場合は、一気にフッキングさせる必要があり張りのあるチューブラーティップがオススメです

ファーストテーパーのライトぐらいの硬さがで、長さは7フィートサイズが理想

リールは2000番サイズがアジングにはベスト

軽量でライントラブルの少ないリールを選択しましょう


アクションが少ないため、ハンドル形状はシングルでも問題ありません

ライン

細くて感度がイイPEラインを巻きましょう

基本は0.3号をメインラインに巻き、先端のリーダーはフロロカーボンの1.5号

リーダーは長めの方がいいのですが、キャスト時にトップガイドに当たるのはトラブルの原因となるので避けたいところ

飛距離を出した方が有利なためタラシを長くしたほうがいいのですが、自分のテクニックとのバランスが重要となります

出来れば1m、最低でも50cmの長さを結束しておきましょう

ルアー

細いシルエットの方がアジには有効です

シンキングペンシルは自然なS字を演出する為、かなり効果が高いので必ず持っておく事

サイズは5cmまでで、重さは5gぐらい

30cmを越えるようなアジでも、それ以上になると喰ってくることがほとんどありません

あとはカラー選択

水に濁りが無ければクリア系が一番で、濁りがある場合にはチャート系が有効

この2種類にプラスして反射系を用意しておけば、あらゆる場面に対応が可能です

プラグでの狙い方

回遊魚であるアジを狙うポイントは潮の流れ

堤防の角やテトラの崩れなど、海流の影響だけではない変化のある場所を探りましょう

レンジとリトリーブ

表層から探ることが基本ですが、リトリーブ速度は色々と変化をつける事

使用するのはシンキング系

一定のレンジを引くことを前提とし

  1. 早く巻いて浮かせる
  2. ゆっくり巻いて沈ませる

1.5秒に1回転ぐらいを目安に探りましょう

有効なアクション

トゥイッチやジャークなどのアクションを入れても、プラグではほとんど喰いません!

つまり、ただ巻きでOK!

入れるとしたらリーリングを止めてからのカーブフォールぐらいで、自然な上下の動きがプラグのメソッドとなります

横の動きを使うなら、潮の流れを横切るドリフト的な動きを利用しましょう

流れの先にキャストして、流れの最中にフォールさせるという誘い方になります

それでも大事なのはフォール!

やり取りの仕方

アジのアタリは様々で「グッ」というアタリもあれば「ズーッ」というアタリも

大事なことは、微妙な変化に対応できるようにしておく事です

最も重要なのはラインテンション

ティップとラインが90度ぐらいをキープするようにリトリーブするのが基本です

そして、手に伝わる感触に違和感があったら

即アワセを入れる事

フッキングした後もラインとロッドの角度はキープし続ける事により、ロッドの弾力が最大限生かせるため寄せやすくなります

ロッドを立てて魚を寄せ、寄った分だけ糸を巻くのが基本です

プラグで狙うアジングのコツ

潮の流れに左右されるのがプラグでのアジング

理想的な場面は【満潮】です

潮の流れを把握し、次々とポイントを移動していく事がプラグでアジングのコツ

複雑なアクションを必要としない釣りの為、初心者でも狙いやすいので是非とも挑戦してもらいたい釣りです

初めてのアジングで【尺アジ】をゲット!!

なんて可能性もあるかも??

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる