どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

中級者までも納得!コスパ最強の安い【おすすめアジングロッド】を紹介

サビキ釣りで簡単に釣れるアジをルアーで釣る【アジング】

回遊を待ち、潮の流れやタナを計算してルアーを送り込むゲーム性の高さ
と、サビキでは釣れないような大物のアジが釣り上げられるのが魅力

しかし
アジングの難点として

アジングの難しい所
  • アタリが繊細
  • 口が弱く切れやすい

このため、ルアーで狙うアジングでは適当なロッドではなく、難点を補える専用ロッドを使用したほうが釣果に差が出るんです

では、どんなロッドを選べばいいのか?

そんな訳で今回は、アジングロッド合わせたいリールを紹介したいと思います

ぜひ、尺アジをゲットする参考にしてください

目次

アジングロッドとは?

カテゴリーとしてはライトゲームに分類されるアジング

同じカテゴリーにメバリングと比較されることが多く、よくある質問にも

「メバリングロッドでアジングは出来るのか?」

結論として

『出来ないことは無い』

と言うのも

そもそも釣り方に違いがあるからです

メバリングロッドはコチラ

メバリング

リトリーブ主体の誘い方で、違和感を与えずルアーを喰わせる【向こうアワセ】の釣り方

アジング

アジングはルアーを操作して誘い、アタリがあれば即座にアワセを入れる【手前アワセ】の釣り方


このためメバリングロッドは違和感を与えにくい喰い込み重視の穂先に設計されているモノが多く、繊細なアタリを感じにくいんですよね

もしアジングで向こうアワセになると口の柔らかい部分に針が掛かかり、口が切れてバラシの原因となってしまうんです


つまりアジングロッドというのは

アタリを感知できる繊細さと、細かい操作に反応できる張りのあるロッド

やはり、専用ロッドが必要となるんです

アジングのやり方はコチラ

アジングタックルの選び方

釣具店には色々な種類のアジングロッドが並んでいます

違いはそれぞれに特化した特徴があるからです


ここではロッドの違いとリールの選び方について解説します

長さの違い

アジングロッドの長さは5フィート~8フィートが一般的

短いロッドは?

操作性が高く軽量のジグヘッドを繊細に扱えますが、遠投が難しく強風時にも影響が出やすいのが特徴

長いロッドは?

遠くまで探れ強風や高い足場に強いですが、細かい操作が難しく1g以下のジグヘッドは扱いにくいです


自分の行くフィールドにもよりますが、最初の1本に適したオールラウンドで扱いやすい長さは

6フィート台

丁度、ど真ん中ぐらいのサイズを選択すればアジングのコツを掴みやすいんです

硬さの違い

アジングロッドの硬さはUL(ウルトラライト)・L(ライト)・ML(ミディアムライト)の3種が一般的

柔らかいロッドは?

感度が良く軽量なジグヘッドが扱いやすいですが、アクションが付けにくくリトリーブ主体の釣り方がメインになりアジの口に違和感なく吸い込ませやすくなります

硬いロッドは?

重いプラグを遠投しアクションさせて誘う釣り方がメインとなりますが、小さなアタリを弾きやすく小型のアジの口切れが多くなってしまうのが難点


尺アジやギガアジを狙う場合は硬い方が有利ですが、初めの1本として購入するなら

UR(ウルトラライト)かL(ライト)を選択

この硬さは、あらゆる状況でも扱いやすい硬さです

穂先の違い

アジングロッドの穂先にはソリッドティップチューブラーティップがあります

ソリッドティップ

穂先部分が詰まった状態で柔らかく曲がり自然に喰い込ませることが可能ですが、手に伝わる感度が若干悪く、誘いのアクションを穂先が吸収してしまいルアー操作が難しくなってしまいます

チューブラーティップ

穂先部分が空洞になった状態で手に伝わる感度が高く、誘いのアクションも付けやすいのですが、曲がりが硬くアタリを弾きやすいのがデメリット

アジングでは、積極的に掛けていきたいので

高感度なチューブラーティップが有利

穂先の違いはコチラ

リールのサイズ

アジングリールは小型を選択

ダイワなら2000番サイズで、シマノなら2500番サイズがおすすめ


一定の速度で巻くのが基本となります
ので

ハイギアは必要なく、ノーマルギアの方がいいです

しかし、相手は青物で引きは相当なモノですのでドラグ性能に優れたリールが必須!!

細いラインを使用する釣りですので、スプールは浅いシャロータイプでライントラブルの少ないものを選びましょう

ラインはPEがおすすめ

コスパの高い1万円以下の初心者向けアジングロッド

とりあえず始めてみたいなら1万円以下から始めてみるのも手

「安かろう悪かろう」


が当てはまらないぐらいの高性能ロッドを紹介します

メジャークラフト 2代目ソルパラX

ルアーロッドが得意な【メジャークラフト】から販売されているロッド

ソリッドティップが3種とチューブラーティップが2種の全5種類


先調子にセッティングされていて、アジングに適した掛けの釣りに向いた専用モデル

値段も手頃で人気の高いロッドです

ダイワ アジングX

【ダイワ】ら発売されているアジング専用モデル

軽量リグの扱いに特化したロッドで、ソリッドティップを採用した全3種類を展開


ブランクにはカーボンをX状に巻き付けた【ブレーディングX】加工により、ネジレを軽減し強度を上げる事に成功しています


軽量リグでも飛距離が出て、アタリの感度も高いのがおすすめの理由

シマノ ソルティーアドバンス

こちらは【シマノ】のアジング専用モデル

6フィートクラスのソリッドタイプを2種類ラインナップ

特筆すべきは、この価格でオールKガイドを搭載しトップ部分はSicとなり、ライントラブルは激減するスペックで自重は何と60g


ソリッドティップ部分はシルバーに塗装され、ナイトゲームでも視認性が高く設計されているのも魅力の一つ

タカミヤ リアルメソッド AJING-GRⅡ

釣具のポイントオリジナルブランド【タカミヤ】が販売するロッド

軽量リグに適した6フィートサイズのソリッドティップ4種、プラグを操作する事に適した7フィートサイズのチューブラーティップ3種と徹底したジャンル分け

独自のカーボンを3層に組み合わせ、感度と強度をアップし含有率は何と98%!


オールFujiガイドでトップはSicを使い、他のガイドも【アルコナイト】を使用したPBならではのハイスペック

合わせたいリールは【ダイワ レガリス2000s】

1万以下のリールで最強なのは、ハッキリ言ってコレ1択

LT(ライトタフ)を誇る軽量なボディを採用し200gを切る軽さを実現し、軽い巻き心地がストレス無くアジングに没頭できるリール

大型の尺アジ】でも対応可能ですので、長く使える良いリールで買って損なし!!

アジングに効果的なジグヘッドはコチラ

釣り好きな方に最適なエントリーモデル

魅力的なアジングは1度体験したら病み付きになる事間違いなし!!

それならこのクラスから始めるのがオススメです

ダイワ 月下美人

ダイワから販売されているライトゲームに特化したモデルで、バリエーションは全5種類

高密度HVFカーボンを使用したブランクスは、強度を高めつつも軽量化を実現し60g前後の軽さが魅力


先端部分にはカーボンソリッドを使用した【メガトップ】を搭載し感度も抜群で小さなアタリにも逃がしません


赤いワンポイントがカッコ良く、見た目もグッド!

シマノ ソアレTT アジング

シマノから販売されているライトゲームロッドの中で、アジングに特化した掛けていく釣りに適したモデル

バリエーションは3種で【ハイレスポンスソリッド】【メガトップ】のソリッドティップ仕様


特にメガトップはソリッドでありながら張りがあり、しなやかで繊細な釣り方が出来るため多くのファンを虜にしている技術です


流石はシマノって感じ

メジャークラフト トリプルクロス

メジャークラフトのロッドの中でも、私が一番好きなのがトリプルクロスです

ソリッドタイプ4種と、チューブラータイプ2種の全6種類を展開


独自のクロスフォース製法によりバット部分のネジレを軽減し、ガイドには【Sic-sリング】を採用し軽量化とロングキャストを実現しています


扱えるルアーの重量の幅が広く、あらゆるフィールドに対応できるのが魅力

アブガルシア クロスフィールド

コアなファンが多い【アブガルシア】から販売されるライトゲームロッド

トップにはSicガイドを使い、バット部分にはカーボンをX状に巻き付け強度とパワーを高めています


ロッドの軽量化と感度を高めるため、表面には塗装もコーティングも施さない【アンサンドフィニッシュ】仕様にこだわったストイックさも魅力的

合わせたいリールは【シマノ ストラディックC2000S】

実売価格が2万円を切るリールの中で、アジングに向いたリールはコレ

滑らかな巻き心地を実現する【マイクロモジュールギア】を搭載

【HAGANEギア】【X-プロテクト】により耐久性も抜群で、上位機種に採用されている【ロングストロークスプール】で飛距離も高い


違いはボディの素材ぐらいで、ハッキリ言って2万円以下で購入できるリールの中では一番の性能です

アジングに効果的なワームはコチラ

中級者も満足なハイエンドモデル

やはり値段が上がるほど性能も上がるのは事実です

ここからはアジングに特化したモデルがラインナップされていて、初心者だけではなく中級者にも満足なロッドを紹介します

ダイワ 月下美人AIR AGS

ダイワのアジングロッド史上もっとも軽量なロッドがコレ

バリエーションは全6からなり、6フィートサイズの重量は60gを切る軽さ


【AGS(エアガイドシステム)】を搭載し、軽量リグでも飛距離が出せて感度も高く繊細なアタリを逃がしません


バット部分には独自のカーボン【HVFナノプラス】を使用し、高い操作性と強い粘りを持っているため尺アジクラスでも難なく寄せることが可能

シマノ ソアレエクスチューン

フレームとガイドが一体化し、軽量化と感度をアップさせた【Xガイド】を搭載

高感度のカーボンソリッドと相まって繊細なアタリをキャッチします


ブランクスには【スパイラルXコア】【ハイパワーX】といったシマノの技術を詰め込み、高い強度はもちろん狙ったところにキャスト出来る精度が魅力です


あらゆる環境に対応できる万能ロッド

ティクト スラム テクニカルカスタム

ライトゲームに強い【ティクト】が開発したアジングロッド

バリエーションは全10種と、あらゆる環境に対応できる万能性を持つロッド


先端の細さは驚異の0.6mmと他を圧倒する繊細さを持ちながら、ガイドリングに使われる【Sic-s】により飛距離が落ちにくいもの魅力です


まさに軽量ジグヘッドを使うアジングに特化したイチオシロッド!

34 ガイドポスト LHR

コチラもライトゲームに定評のある【34(サーティーフォー)】

特に軽量のジグヘッドの扱いにかけては他の追従を許さないほどの性能を誇ります


ガイド部分は特殊な【Yガイド】となりPEラインよりもフロロカーボンの使用に特化し、ライントラブルが少ないため初心者でも扱いやすいロッド


リールシートはストレートタイプとなり、あらゆるリールに合わせやすいのもメリット

合わせたいリールは【ダイワ ルビアスエアリティ FC】

価格は4万円台と高くなりますが、値段に負けない納得のリール

ダイワの上級モデルであるルビアスのフィネスカスタムモデルとなり、フルメタルMQ(モノコック)ボディ採用で自重は150gという軽さ

無印のルビアスよりもベアリング数が多く、ハンドルノブには超軽量のハイグリップI型フィネスノブを採用し、滑らかなでシルキーな巻き心地が魅力


タフデジギアやマグシールドといったダイワの技術を惜しみなく投入した上位機種に負けない優れたリールです

大型アジを狙うなら?

まとめ

私の経験上、アジングはロッドの性能で釣果が大きく変わります

繊細なアタリを逃さず、積極的に自分から掛けていく事が必須
であり

やはり専用ロッドは必須です!!

今回はレベル別にいくつか紹介させて頂きましたが、選ぶ基準は人それぞれです

アジングロッドを選ぶ基準
  • コスト重視で選ぶ
  • エントリーモデルで楽しむ
  • いきなりハイエンド

ハッキリ言って『絶対に釣れるアジングロッド』というものは存在します

それは

自分がイイと思った【ロッド】です

釣り動画はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる