ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

ライトゲームに必須!釣れる【おすすめジグヘッド】の選び方と使い方

ジグヘッド 使い方

アジやメバル、カサゴやソイなどを軽量タックルで狙う釣りを【ライトゲーム】と呼びます

この時に使用するメインルアーが

ジグヘッド

しかし、このジグヘッドというものは形状やサイズなどが様々で状況によって使い分けることが釣果アップのポイント。

そこで今回は【ジグヘッドの選び方と使い方】について解説していきたいと思います。

この記事の内容
  • ジグヘッドの違いと選び方
  • おすすめジグヘッド

ぜひ、最後まで読んで下さい。

目次

ジグヘッドとは

ジグヘッドとは

フックとオモリが一体化しているリグのこと。

しかし、これだけでは魚を誘う事ができませんので先端にワームを取り付けて使用します。

ミノーなどのプラグと比べると構造が簡単なため値段が安いのがメリットですが、ワーム部分の耐久性が低く交換サイクルが早い事がデメリット

ジグヘッドの重さ

主にアジングなどのライトゲームに使用されるジグヘッドは

1.0gサイズが基本

軽いものは0.6gぐらいから、重いもので3.0gぐらいまでが使用範囲となります。

軽いほどワームの動きが自然になり違和感を与えにくく、重いほど投げやすく沈みが早くなるため広範囲を狙えます


ただし、軽すぎるとキャスト自体にコツが必要で初心者には難しいのが難点。

はじめのうちは

投げやすい重めのサイズを選択しましょう

釣りにならないと、何も始まりませんからね。

ジグヘッドとは?
  • 値段が安いが耐久性は低い
  • ライトゲームには0.6~3.0g
  • 軽いと違和感を与えにくい
  • 重いと投げやすく広く探れる

ジグヘッドの違いと使い方

ジグヘッド 使い方

ジグヘッドには様々な特徴があり、状況に応じて使い分けることが大事。

ここでは【違いと使い方】について解説していきます

ジグヘッド形の違い

まずは先端のオモリ部分の形状の違いの解説から。

大きく分けると3種類

丸形ジグヘッド

一番オーソドックスな形でオールラウンドに使えるタイプ

軽量でも操作感が高く、フォール姿勢も綺麗に落ちるため有効になるのは

アジングでのリフト&フォール

パイロットルアーとして探る事のにも有効です

筒型ジグヘッド

水の抵抗を受けやすいためレンジキープ力に優れたタイプ

リールを巻くスピードが早いと浮き上がり、遅いと沈んでしまうのでスピードには注意が必要です。

有効となるのは

メバリング

リトリーブ主体の釣りになるため初心者でも釣りやすいのがいいですね。

三角型ジグヘッド

水を切り裂く形状により左右にダートさせる事ができるタイプ

ロッドを小刻みにシャクる事で

活性の低い魚にも捕食スイッチを入れる

つまり、リアクションバイトを誘えるという事ですね。

ただし、取り付けるワームも専用設計が必要です

フックの違い

ジグヘッド フック

実は、取り付けられたフックには開き方に違いがあるんです

ノーマルフック

軸と針先が平行になっているタイプで、最もオーソドックスな形で幅広く使えるのが特徴

良くも悪くも万能に使えるため、まずはこの形から投げてみましょう

オープンフック

軸よりも針先が開いたタイプ。

先が開いているためフッキングしやすいのが特徴で、積極的に掛けていく

アジングに向いた形状

しかし、確実にアワセを入れなければバラシが多くなるのが難点

クローズフック

軸よりも針先が閉じたタイプ。

先が閉じているため口元に掛かりやすくバラシにくいのが特徴で、向こうアワセで釣れる

メバリングに向いた形状

しかし、フッキングしにくい所があり確実に魚が乗ってからアワセを入れるようにしましょう

長さの違い

ヘッド部分から曲がる部分までの長さにも違いがあります

ショートフック

全体のシルエットが小さく見え魚が吸い込みやすいのが特徴。

ワームのテール部分の可動域が大きく動きなりアピール度が高く

フォールで誘うアジング

アタリがあっても乗らない場合、ショートに変更したら釣れる場面も多いですよ

ロングフック

全体のシルエットが大きく飲み込まれにくいのが特徴。

リトリーブがメインの動きで誘えるため、大型の30cmを越えるような

ランカーメバルを狙うなら必須

しかし、逆に小型の獲物は掛かりにくくフォールでも喰いにくいのがデメリット

おすすめジグヘッド

ここからは実績のあるジグヘッドをご紹介したいと思います

ダイワ(Daiwa) 月下美人 SW ライトジグヘッド SS

ヘッド部分が顔のようで、大きな目が付いたインパクトのあるジグヘッド。

フックの表面を加工し、貫通力を高めた【サクサス】を搭載し確実にフッキングまで持っていけます。

カラータイプも夜光とブラックの2種類あり
、デイゲームでもナイトゲームでも威力を発揮します。

シマノ(SHIMANO) ソアレ タングステン ファインヘッド

小型のヘッドが自然な動きでアピールするジグヘッド。

鉛よりも比重の高いタングステン素材のため、飛距離と沈下スピードに優れ遠く深く探る場合はコレの出番です。

1.2g以下はありませんので要注意!

メジャークラフト(Major Craft) ジグパラ ヘッド

ルアーフィッシング界のパイオニア的存在のメジャクラが送り出すジグヘッド。

フォール・スイム・ダートとあらゆるタイプを取り揃え、まさに死角はありません!

これだけで全ての釣りができるぐらいオススメ

オーナー(OWNER) メバル弾丸

細身のシルエットが綺麗な泳ぎを演出するジグヘッド。

先端の突起部分が折れる仕組みとなっていて、釣行中に軽量化ができるのがポイントです。

フックも刺さりが良く、メバルだけでは無くオールラウンドに使えますよ

ハリミツ(HARIMITU) 小悪魔ジグヘッド

フッキングしにくい小型の獲物を確実にとらえるジグヘッド。

フッ素加工された超細軸のフックを採用し、ショートバイトも逃がさずしっかり上顎に刺さります

姿勢と操作性も高く、もっておけば必ず何かが釣れますよ

タカミヤ(TAKAMIYA) REALMETHOD アジフラット

私が大好きな釣具のポイントのオリジナルジグヘッド。

ヘッドの底がV型で安定のフォール姿勢をほこり、オープンフック形状のためアジングには持って来い!

ちなみに私はカサゴも釣っています

ジャズ(JAZZ) 尺ヘッドDX マイクロハーブ 漁師パック

1パックに20個入りのコスパ最強のジグヘッド。

根がかり等のルアーロストを気にせずに使用でき、ガンガン攻めていけるのが強み。

フックも強く「安かろう悪かろう」が当てはまらないほどのオススメ商品です

最後に

軽くてコンパクトなタックルで挑むライトゲーム

何処でも手軽に出来る釣りで、ほとんど1年中楽しむことが可能で

会社帰りに海に向かってフラッと投げてみる

なんて気軽に出来るのも魅力です。

これはルアーマンにとっては楽しみな時間であり、奥が深いゲーム

晩御飯のオカズを1品増やせるかも?

ぜひ参考にして【ライトゲーム】を満喫してください。

ライトゲームに使えるワームはコチラ
釣り用品専門買取【JUST BUY】
ジグヘッド 使い方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる