初心者~中級者向け【おすすめメバリングタックル】をご紹介

スポンサーリンク
釣り

ライトゲームの中でも絶大な人気を誇るのが【メバリング】

一般的に釣りのシーズンオフとなる冬場でも狙え、港湾部といった手軽な場所で釣れるのが人気の秘密でしょう

食べても美味しい魚ですので、初めてのルアーフィッシングにメバリングを選ぶ方も多いと思います

しかし、繊細なメバルをルアーで釣るには簡単にはいきません

特に初めての方にとっては

「どんなタックルを準備すればいいの?」

って疑問に思いますよね?

そこで、今回は予算別におすすめメバリングロッド合わせたいリールをご紹介したいと思います

スポンサーリンク

メバリングロッドの選び方

シーバスやエギングと違い、ライトゲームは軽量のルアーを扱う釣りとなりますので短くて柔らかいものが多いのが特徴

それぞれの違いについて解説していきましょう

硬さの違い

メバリングロッドの硬さは基本的には3種類で、扱えるルアーの重量に違いが出ます

  • UL:ウルトラライト・・・0.5~7g程度
  • L:ライト・・・0.5~10g程度
  • ML:ミディアムライト・・・10g以上

硬いほどバットパワーが高くなるため、対称が大型化するほど硬いロッドの方が寄せやすいメリットがあります

小型ほど警戒心が弱いため、サイズにこだわらず数が釣りたいならULクラス、大型の尺メバルを狙うならMLクラス

軽量ジグヘッドもプラグも万能に使いたいならLクラスを選択しましょう

長さの違い

長さの違いは扱いやすさとして差が出ます

6フィートサイズはキャスト精度が高くなり、テトラ帯などでもピンポイントに狙う事が可能

軽量のジグヘッドを繊細に操作することが可能ですが、強風や足場の高い場所では悪影響を受けやすいの難点

逆に8フィートサイズはキャスト精度は落ちますが、重いルアーを遠投することが可能

開けたフィールドで広く探りたい場合には有利となり、先端部分を水面に近づける事ができるため強風にも強いです

反面、細かいアクションを付けにくく活性が低い場合の繊細な釣りには向いていません

となると、初心者が選ぶべきサイズは

6フィート後半から7フィート

このサイズが万能な長さとなります

ティップの違い

ティップ=穂先

この違いは大きく分けて2つ

  • 先端の詰まったソリッドティップ
  • 先端が空洞のチューブラーティップ

基本的にメバリングは【乗せの釣り】と言われています

アジのように吸い込み系の捕食スタイルではなく、ついばむ様に捕食するメバルには違和感を与えない事が大切なんです

小型のメバルほどアタリは繊細となる傾向が高く、軽量ジグヘッドをスローで誘う場面が多いためソリッドの方が有利

大型のメバルなら『バシッと合わせる』場合もあり、プラグをアクションさせて誘う事もありますのでチューブラーの方が有利

自身の考える釣り方によって選択しましょう

1万前後のおすすめメバリングロッド

とりあえず「メバリングに挑戦したい」って方は、このクラスから始めるのがおすすめです

予算はリールと合わせても\25000ぐらいでタックルが完成

ダイワ メバリングX

大手釣り具メーカー【ダイワ】から販売されているメバリング専用ロッド

バリエーションは4種あり、ML以上の硬さはなく主に軽量ジグヘッドや小型プラグ向き

X上に巻きつけられたカーボンにより捻じれを軽減し、不意の大物とのやり取りにも対応したモデルで入門機としてはもってこいのロッド

メジャークラフト クロステージ

ルアーロッドの開発に定評のあるメジャークラフトから販売されているロッド

全8種類と豊富なバリエーションを揃え、あらゆるフィールドに対応できるのが魅力

独自の【クロスフォース製法】を採用したカーボンは、バットの強度に加えティップの高感度かも実現したモデル

この価格では高性能です

シマノ ソルティーアドバンス

大手釣り具メーカー【シマノ】が販売するメバリングロッド

バリエーションは2種類と少ないのですが【オールKガイド】を搭載しているのは魅力

70g前後という驚異的な軽さを実現し、しなやかなソリッドティップを持ちながらパワーのあるバット部分まで併せ持つ完璧な仕上がり

この価格帯では一押しロッド!!

合わせたいリール

同じく1万円前後で購入できるリールの中で、私のイチオシは

ダイワ フリームス

ロングキャストABSによる抜群の飛距離と、ATD(オートマチックドラグ)による安定したファイトが可能で、沖に潜む大物も狙える優れもの

ハンドルやスプールなどの
素材の軽量化を実現し、自重は何と200gを切る190g

おまけにマグシールドまで搭載しまさにライト&タフなリールです

この値段で購入できるのが不思議なぐらいの高スペック

2万円以下のメバリングロッド

このクラスからは性能が上がります

一度でもメバリングを経験しステップアップしたい方はもちろん、初心者の方でもここから始めてもいいぐらいのおすすめのロッド

予算はリールと合わせて\40000ぐらい

ダイワ 月下美人

ダイワが誇るライトゲーム専用モデルで知名度も高いロッド

バリエーションは4種あり、全てに採用されている【HVFカーボン】により70gクラスの軽さを実現しながら、バット部分に粘りを持たせます

1~3g程度の軽量ルアーの操作感が良く、カーボンソリッドの【メガトップ】がメバルのバイトに
追従しバラしにくいのもメリット

メジャークラフト トリプルクロス

メジャークラフトの中級モデルで、バリエーションは全7種

【sic-s】リングのKガイドを搭載しライントラブルも少なく、独自の【4軸カーボン】によりバットパワーが高いロッド

なんと、メバリングロッドには珍しいMやMHクラスの硬さも存在します

20gまでのルアーが投げられるMHは、まさに【対尺メバル】に特化したモデルです

アブガルシア ソルティースタイル

アブガルシアから販売されるメバリングロッド

バリエーションは全3種類ありカーボン含有率は98%と高いのが特徴

バットはカーボンをX上に巻き付け強度とパワーをアップするのはもちろん、特筆すべきは【KRガイド】の存在

小口径ガイドにすることにより飛距離と感度、さらにフッキング率も高めた高性能なロッドで

合わせたいリール

この価格帯でもダイワが強く、わたしのイチオシは

カルディア

先述したフリームスの上位版ともいえる機種で、カーボンハイブリット樹脂であるザイオン素材を使用したボディによりさらなる軽量化に成功し自重は何と175g

ラインローラー部分にベアリングが追加されていて、糸ヨレを防ぐことができるため軽いルアーを使用するメバリングには最適なリールです

高性能なメバリングロッド

価格が\20000円を超えてくると、なかなか初心者には手を出しにくいため中級者向けのタックルを紹介

リールと合わせると、予算は\60000クラスとなります

釣具のキャスティング

月下美人 AIR AGS

ダイワが誇る上級モデルのメバリングロッドで、バリエーションは全5種類

先端の【メガトップ】は自然な曲がりによる喰い込みの良さ

ガイド部分もカーボンで加工したAGS(エアガイドシステム)を搭載し、更なる軽量化と高感度

バット部分にはHVFナノプラスを組み込み、強度と粘りを実現した買って損は無いロッド

自重は驚異の60g!!

オリムピック フィネッツァ

高級ロッドメーカー【オリムピック】から販売されているロッド

ロックフィッシュを釣ることに特化したモデルで、根から引き剥がすパワーは尺メバル相手でも問題ないほど

アタリを周波数で感知できる繊細な穂先を持ち、ガイド部分は摩擦に強い【トルザイトリング】仕様

バリエーションは全6種あり、自重は70g前後と文句の無いロッド

ヤマガブランクス ブルーカレントⅢ

コチラも高級ロッドメーカーとなる【ヤマガブランクス】の人気ロッド

バリエーションは8種類(ベイトタイプも有り)で、ティップは全てチューブラー

しかし繊細な穂先は軽量ルアーでも操作性が高く、強いバットは綺麗な曲がりを見せ引き寄せて釣る醍醐味を味わえるロッドです

積極的に掛けていく釣り方も可能ですのでアジングと兼用したい方にはおすすめのロッド

合わせたいリール

\20000を超えるリールになってくると【シマノ】が台頭

このクラスでイチオシは

ソアレ CI4+

ローターやベール部分はチタン素材を使用し、ハンドルには独自のカーボン素材【CI4+】を採用し抜群の軽量化に成功

【コアプロテクト】によるボディ剛性の高さと、【X-シップ】の巻き心地は他の追従を許さない性能を誇るリールです

最初に揃えるメバリングタックルは?

メバリングの基本は

乗せの釣り

いかに違和感なくメバルに喰わせるかが重要なポイントとなり、繊細な穂先は外せないのが重要です

特に初心者の方にとってはオートフッキングが可能なソリッドティップは必須かと…。

私個人のおすすめタックルは

月下美人+カルディア

ここから始めてメバリングの魅力にハマってください

コメント