梅雨のメバルは良型が多い!フロートリグで尺メバルを攻略

釣り
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


冬になり水温が低下すると、多くの魚は沖の深場へと移動しショアから狙うアングラーにとっては厳しい季節


そんな中でも我々の相手をしてくれる代表がメバル


何となく冬の魚のイメージが強いんですが、じつはメバルゲームが最高潮を迎えるのは


梅雨~初夏にかけてなんです


特に大型の【尺メバル】も狙いやすいく奥が深いゲーム性もあり、メバリングを楽しみたい方には是非とも挑んでもらいたい季節


しかし一筋縄ではいかないのがメバリング


「どうやって攻略するのか?」


警戒心が高く大型化したメバルの攻略に適した戦法は


フロートリグを使う事!!


てなわけで、今回はフロートリグを使った尺メバルの攻略法について解説していきたいと思いま

スポンサーリンク

この時期のメバル

冬場に釣れる産卵を控えた個体と違い、肉厚のしっかりした個体が表層付近で積極的にバイトしてくるのが特徴


カテゴリーとしては根魚に分類されるメバルですが

  • 小型=中層
  • 大型=ボトム


といったセオリーは当てはまらないと考えましょう


この時期になるとアミやムシ、プランクトン以外に小型の魚が接岸してくるため潮の流れも重要なんです


水深が1mにも満たないようなシャローエリアでも、いきなり大型メバルが喰いついてきて豪快なバトルに発展することもあります


冬の定番である港湾部のスロープやテトラ帯には、小型~中型で活性の高い個体も多く潜んでいるため数も狙える季節



まさにメバリングの最高潮!!

狙いたいポイント

数にこだわるなら漁港や堤防など、潮通しが良く外灯がある場所がおすすめ


足元付近でもメバルが浮いて来ている事が多く、比較的簡単に釣り上げることが可能でしょう


しかし、大型メバルを狙うとなると海底の地形が大事です


メバルは深場から浅場へと移動する習性があり、大型が身を潜めやすいのは沖にあるブレイク部分


ストラクチャーも重要なポイントで、テトラ帯よりも根がかりが多発しやすいゴロタ背の高い海藻が生い茂った場所


根がかりが多い場所は、釣りにくいため多くの釣り師が避ける場所でもあり荒らされていない可能性が高いんです



警戒心の高い大型が安心して潜みやすいポイントという事


沖へ遠投ができるのはメタルジグでもいいのですが、根がかりのリスクは回避できず小魚ベイトのパターンでないと喰わないというデメリットが…。


このことから

軽量で根がかりしにくいジグヘッドが遠投でき、様々なベイトパターンに対応できるフロートリグが有効

という結論が導き出されます

リグの選択

『フロート』という名が付いていますが色々種類があり、サスペンドもあればスローシンキングもあります


しかし、根がかりのリスク考えると回避しやすいハイフロートタイプがおすすめ


使用するジグヘッドは0.5g以下をメインに選択


軽い方が潮の小さな流れを受けてもイレギュラーな動きを演出しやすく、喰いが悪い場合でも違和感なくワームを口にしやすいメリットがあるからです


ジグヘッドに取り付けるワームは1.5インチ程度


ストレートタイプよりも、微妙な流れでも振動するシャッドテールカーリーテールなどを使い波動でアピールするのが有効です



これが

フロートリグのメリットを最大限に発揮できるルアーチョイス

という結論が導き出されます

誘い方

軽いジグヘッドなら潮の流れで動きを見せるためドリフトが有効


潮上へキャストしティップを下げ、表層を漂わせるように流して探りましょう


流れが弱い場合には風を使います


ティップを上げてラインに風を当てるようにすれば自然な流れを演出できます


ドリフトで反応が無ければリーリング


目が良く警戒心の高いメバルに違和感を与えないためには、フロートリグからでる引き波を極力抑えるためにデッドスローで引くことを基本とし、徐々に変化をつけて巻くようにしましょう



特に意識するのは、ブレイクや大きなゴロタ岩付近を通過させる時は神経を集中しておく事


それでも反応が無ければトゥイッチストップ&ゴーを織り交ぜて反射的に口を使わせるアクションを入れていきます


注意点として、メバルは青物やシーバスと違い獲物の追尾距離が短く

バイトしてくるレンジはシビア

ですので、同じポイントでも幅広くレンジを探る必要があります


リーダーの長さやストップの時間、リーリングスピードを変化させオールレンジを狙い反応を見ましょう

アワセとやり取り

アタリや食い上げによる違和感を感じたらアワセを入れますが、電撃フッキングのような強いアワセはフロートリグを跳ね上げてバラシの原因になるので禁止!!


糸ふけを取って、ロッドを後方に倒すようにスイープな合わせを入れる事


すこし送り込んでからの向こうアワセぐらいでもちょうどいい感じ


フッキングしたことが確認できたら素早くロッドを立ててメバルを浮かせるようにします


根に潜られたり、横に走られるとラインブレイクの原因となりますので強引にリールを巻くのがコツ


ポンピングもラインのテンションが抜けやすくなるため止めておいた方がいいです

ロッドを立てた状態で、一定の速度でリールを巻き続ける

というのが大型メバルとのファイトとなります

まとめ

冬場の厳しいメバリングを体験した方にとっては、梅雨のメバルは比較的イージーに感じるでしょう


肉厚でマッチョな個体を多数釣り上げる可能性があるのは、この時期ならではの興奮材料です


手軽に出来るメバリングを是非とも堪能してみてください

コメント