お知らせ内容をここに入力してください。

ルアーで狙うメバルの釣り方を解説。冬でも楽しめるメバリングの基本

一般的に冬場はシーズンオフになる釣りですが、そんな時期にでも狙えるのが【メバル

12月~1月頃のメバルは、まだ抱卵している可能性が高く釣り上げてもリリースが基本です

狙う時期は、産卵期を終えた2月の終わりごろから

夜行性の魚で、昼間は水深の深い岩場でジッとしているため狙うのは夜となります

眼張』という名前の由来から、非常に目が良く暗闇でもエサを認識し捕食してくるのが特徴

目次

メバリングタックル

アジングと兼用する方が多いようですが、メバルとアジは捕食の仕方が違いますので【メバリング専用タックル】で挑む事をオススメします

基本タックルは

7~8フィートのソリッドティップ
2000番クラスの小型スピニング
ラインは1.0号のフロロカーボン

軽量ジグヘッド

メバルロッド

大事なのは先端のティップ部分

追跡しながらガジガジとかじり、パクっと咥えた後に反転するのがメバルの捕食の仕方

違和感を与えず、反転した時に弾かないようにするためには【ソリッドティップ】が必須です

ミノーやマイクロジグで狙う場合は【チューブラーティップ】の方が操作性が高いんですが、今回の記事は初心者向けに軽量ジグヘッドの使用となりますので、飛距離を出すのにも有効
ソリッドティップをオススメします

小型リール

ライトゲームに分類されているメバリング

当然、ロッドも軽量に設計されているものが多くバランスを考えれば2000番クラスがベストとなります

このサイズの魚を狙う場合、ハッキリ言ってリールはどんなものでも大丈夫!

高価なものは必要なく、初めてのメバリングに挑戦するなら1万円以下でも十分です

値段で選んでもOK

メインライン

ナイロンの方が値段も安く扱いやすいんですが、軽いルアーを使用するメバリングでは比重の重いフロロカーボンの方が活躍します

沈める以外にも感度もイイのでオススメします

双方のイイとこを取るには、ナイロンラインの先にフロロカーボンのリーダーを結束する方法もありますが、面倒くさいので却下…。

感度でいえばPEラインが最強なんですが、細くなるほどトラブルの確率が上がるため初心者には難しいので却下…。

ですので、初心者はフロロカーボンにルアーを直結びでOKです

使用ルアー

1.5g程度のジグヘッドにするのが基本形

表層付近をゆっくり引くには軽量のジグヘッドの方が扱いやすく、飛距離を出したり深いレンジを狙いたい場合には重いジグヘッドを使用しましょう

接続するワームは1.5インチ程度のストレートを選択

アタリが無ければ、シャッドテールやカーリーテールに形状を変更してみましょう

この場合、形の違いから沈むスピードにも変化が生まれてしまうので、同じカウントでも探るレンジに微妙な差が生まれます

基本的な戦略

メバルは獲物を追跡してカジりながら捕食するタイプの魚ですので、メバルにしっかりとルアーを見せる事が大事となります

基本アクション

着水後、すぐにリールを巻き表層付近から攻めます

早巻きは厳禁で、ルアーが沈まない程度のスローリトリーブで巻くこと

広く投げてみて、アタリが無ければカウントダウンでレンジを下げて探ります

この場合は、フリーに落とすよりもテンションをかけた状態のカーブフォールの方がメバルにルアーを見せれるため効果が高いです

アタリがあったレンジを徹底的に狙
いますが、ショートバイトが多いようならワームのカラーチェンジも効果的です

メバルのアワセ方

少しずつカジるメバルは、基本的にショートバイトが多く向こうアワセとなります

ソリッドティップのロッドなら、アタリが分かりやすく「コツコツ」とした感触が伝わってくるはず

しかし、ここで強いアワセを入れてしまうと弾いてしまう事が多いため、リーリング速度を変えずに巻き続け魚の重みを感じてから、軽く手首を返す程度のアワセを入れましょう

ショートバイトが多発し、どうしても早めのアワセが必要な場合はロッドを立てるよりもリールを半回転ほど素早く回す方が弾きにくいです

デイメバル

昼間のメバルは浅いレンジまで浮いていることは、ほとんど無く深いレンジでの釣りがメインとなります

地磯などの流れが緩やかな場所では群れで潜んでいることもあり、それ以外には藻のたまった場所や障害物、港湾部のスロープなどに潜みやすい傾向があるので狙いましょう

狙い方としては表層を探る必要はなく、いきなり中層付近から探り始め徐々にレンジを落としてボトムまで深く探っていきましょう

ポイントは障害物のある深い所です

ナイトメバル

浅いレンジに浮いてきたメバルを狙うのが夜で、メバリングといえばナイトゲームが基本

エサを求めて海面にライズしてくるほど活性が上がっていることもあります

堤防から釣るなら、角になった部分やテトラなどの流れが緩やかな場所が狙い目で、逆に先端部分は流れが速いのであまり居ない事が多いです

漁港などでは常夜灯に照らされている明るい部分も狙い目

夜のメバリングの場合は、一カ所で粘るよりもポイントをランガンして移動したほうが効果が高いです

表層からスローリトリーブで探り、徐々にレンジを下げていくのが基本戦術となります

まとめ

大事なポイントはリールを巻く速度です

早すぎるとルアーが浮いてしまい、遅すぎると沈んでしまいますので一定のレンジをキープしながら泳がせるのが大事

目安としては【3秒でリール2回転】ぐらい感覚で巻きましょう

向こうアワセのメバルは、初心者でも釣りやすく食べても美味しい魚なのでオススメです

一つ注意しておきたいのが、2月頃だと『まだ抱卵している個体』がいる可能性もあります

お腹が大きくなっているので見ればすぐに分かると思いますので、抱卵している個体を釣った場合は必ずリリースしてください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる