お知らせ内容をここに入力してください。

【アジング】のやり方は?初心者でも簡単にアジをルアーで釣る方法

ファミリーフィッシングの定番ターゲットで、小さなお子さんでも簡単につれる魚がアジ


夏ごろから釣れはじめ、秋にかけてどんどんサイズが大型化していきます


ハッキリ言って数を釣りたければサビキ釣りが最強ですが、それをあえてルアーで釣るメリットは

アジングのメリット
  • 大型のアジが釣れる
  • ゲーム性が高い

尺アジと呼ばれる30cmオーバーを狙って釣るのが最大の魅力であり、ライトタックルで挑むため引きは強烈です


そんなランカーアジに挑んでみたい初心者の方へ



今回は【アジングのやり方】について解説していきたいと思います

目次

アジングタックル

軽量ルアーを使用する為、専用のライトタックルを用意する必要があります


同じライトゲームのカテゴリーとして、メバリングと似ているため兼用している方も多いのですが、釣り方には若干の違いがあり

アジングとメバリングの違い
  • メバリング=喰わせる釣り
  • アジング=掛ける釣り

初心者ですと技術的に難しくなりますので、やはり専用タックルをオススメしたいです


では、どんなタックルで挑むのか?

おすすめアジングタックル
  • ロッド:7フィートのチューブラーティップ
  • リール:2000番サイズ
  • ライン:0.6号のフロロカーボン
  • ルアー:ジグヘッドとワームにはバリエーション

アジングロッド

積極的にかけていくアジングでは、ロッドの先端部分はチューブラーティップの方が適しています


特に大型のアジを狙う場合、プラグメタルジグを使用することもあり操作性も向上するからです



遠投を視野に入れたいので、長さは7フィート以上がオススメ



またアジの口は切れやすく強引に寄せることが難しいため、柔らかめのロッドで慎重に寄せてくる必要がありますので、硬さはL以下を選択しましょう

リール

ダイワなら2000番台、シマノなら2500番台で軽量なリールがベスト


基本的には低価格のリールでも問題ないのですが、アジとのやり取りを考えるとドラグ性能も重要となってきますので少し奮発してもいいかなと思います

ライン

軽量ルアーを投げるため、巻きグセの付きにくいPEラインがベストな選択ですが細いPEはライントラブルが起こりやすく初心者には扱いにくいのが難点


そのうえショックリーダーも細いと結束しにくい事も問題…。



そこで

フロロカーボンの0.6号

このサイズであれば大物にも対応可能ですのでオススメします


先端にリーダーは必要なく、そのままルアーを直結しちゃってOKです

アジングルアー

オモリに針が付いたジグヘッドがメインルアーで0.8g~1.5gぐらいを用意しておきましょう

基本は1.0g

潮や風のが速いなら重いもの、アタリはあるけど乗らない場合は軽いものに変更と臨機応変に対応するのがアジングのやり方


基本的には、軽い方がターゲットに違和感を与えにくいためメリットが大きいです

ジグヘッドに取り付けるワームは

1.5インチ~2.0インチ

その日の当たりワームというものも存在します


となると、形やカラーを含めて多数のバリエーションを準備しておく事で、あらゆるパターンを探ることが可能となります

秋に入って狙う大型のアジは、小魚を捕食しているため

小型のプラグやメタルジグを用意

特に活性が高くなってくるとルアーのアピール度が高い方が有利に働きますので、マズメ時やナブラ発生時には必要なルアーです


シーバス用では大きすぎるため5cm以下のマイクロタイプが有効です

アジの誘い方

サビキでは簡単なアジですが、ルアーとなると難しいのも魅力の一つ


状況に応じて誘い方を変える必要があります

アジングに有効な戦術

潮のヨレなどのプランクトンのたまりやすい場所、夜の常夜灯に照らされている部分は狙い目


基本通り1.0gのジグヘッドに2.0インチのワームで探ります

大事なのはレンジを意識する事!

表層から一定の速度で巻き、アタリが無ければ次回はカウントダウンして少し深く沈めます


軽量ルアーは、早く巻くと浮き上がってしまうためリトリーブ速度は注意するようにしましょう


もう一つ有効なのが

リフト&フォール

アジは落ちていくものにも好反応を示す傾向があります


狙うレンジまでカウントダウンしたら、ロッドをチョンチョンと煽ってジグヘッドを跳ねさせてフォールする



このフォール中に喰ってくることも多く、広いレンジも探れるため有効な戦術となります

アジとのファイト

吸い込み系の捕食をするアジは、違和感を感じると吐き出してしまうためコツンというアタリがあれば

即座に合わせる事!

しかしアジは口が弱く、強いアワセを入れてしまうと衝撃に負けて口がちぎれてしまう可能性があるので注意が必要です


手首の返しと、ロッドのしなりを利用した繊細なアワセを心がけましょう


寄せてくるときも注意!



強引にロッドを立てるのではなく、微妙なドラグ調整で少しずつ寄せてくるように時間をかけてファイトしましょう

絶対に焦らない事が大事です

意外と奥が深いアジング

刺身からフライまでと日本人の食卓には欠かせないアジですが、スーパーで買わずに自分で釣るとなると…。

簡単に釣れる魚でもあり、簡単には釣れない魚

特に大型のアジを釣ったら、その興奮と味は忘れられないものとなるでしょう


知名度が高く、日本人の食卓に並ぶことの多いアジを自身の手で釣り上げる事は、釣りを趣味にする『オジサン』にとっては最高の喜びでは無いでしょうか?



是非とも、晩御飯のオカズの足しにして頂ければ幸いです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる