どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

メタルジグを使ったアジングなら『遠く深く』大型アジが狙えます

小型のアジはアミエビなどを捕食する為、サビキで簡単に釣れますが大型になると積極的に小魚を狙いますので魚の形をしたルアーにも喰ってくるのが特徴

ブリなどと同じ青物であるアジにはメタルジグも有効で、とくに大型アジを狙うには欠かせないルアー

今回は、メタルジグで大型アジを狙う方法を解説したいと思います

目次

メタルジグでアジを狙うなら

ジギング経験者なら馴染みのあるメタルジグ

大型の青物狙いでは定番ルアーですが、アジングとなるとあまり使用されていないのが現実…。

ですが、実は効果的なルアーなんです

メリット

遠投ができ、全てのレンジを素早く探れる事がメタルジグの最大のメリット

小魚を捕食しているパターンに強く、ルアーの比重もあるためボトム付近を探る場合は最強のルアーと言っても過言ではありません!

回遊魚であるアジは群れで行動していることが多く、1度ヒットしたレンジには他のアジが潜んでいる可能性が高いです

しかも、大型アジは低いレンジに潜む傾向があるのも
特徴

手返しよくルアーをキャストできるメタルジグがあれば、大型を連続ヒットという状況も有り得ますので是非とも準備しておきたいルアーとなります

デメリット

最も大きなデメリットは状況次第では全く機能しない

ベイトがアミエビなどの場合は反応せず、ホログラムによるフラッシング効果が生かせないナイトゲームでも反応が激減してしまいます

沈むスピードが速いため一定レンジを引いてくることが難しく、アジングに有効な漂うような動きを演出することが難しいのも難点

装備されているリアのトリプルフックも問題で、キャスト時の絡まりやフッキング箇所の悪さなどが気になるポイント

変更するか、経験しコツを掴むかというところ…。

基本タックル

漁港などに釣りに行かれる方には、カマスやメッキなどの他のライトゲームにも流用が可能なタックルですので、用意しておくと釣りの幅が広がりますよ

ロッド+リール

メタルジグに必要なのはキビキビした動きです

オールチューブラーで張りのあるロッドが最適で、飛距離を考えると7フィート後半サイズがベスト

出来れば硬さはMクラス10gぐらいまでのメタルジグを扱えるものが理想です


合わせるリールは2000番

仕様ラインがPEメインなので、ライントラブルが少なく軽量なリールを合わせればストレスなく釣りが楽しめます

一定速度で巻くのが基本となりますので、ハンドル形状はダブルハンドルに変更するのもアリ!

ラインシステム

メタルジグを効率よく操作する為にはPEラインは必須

ルアーが重たいので比重は気にせずフロロカーボンという選択肢はありません!

太さは0.3号で、リーダーにフロロカーボンの1.5号を1.5m程度が基本です

メタルジグの投げ方は『ペンデュラムキャスト』で投げるのが大事で、タラシを長くするためリーダーも長めでOK

先端には必ずスナップを取り付ける

直結するとメタルジグ本来の動きが出ないため、喰いが悪くなってしまいアタリが減ってしまいます

使用メタルジグ

メタルジグでアジを狙う場合、アタリのパターンは2種類

  1. フォールでアタル(80%)
  2. リトリーブでアタル(20%)

ハッキリ言ってメタルジグでのアジングは、フォールでアタルことがほとんどなので落ちる姿勢が大事です!

ヒラヒラとゆっくり落ちるタイプがメインルアー

重さは5~10gまでを用意しておけば確実です

しかし、表層がレンジの場合は泳ぎ方を重視する必要があります

スイム系のメタルジグも用意しておく事をオススメします


問題点は1つ

軽量のメタルジグは、リアに取り付けられたトリプルフックにラインが絡まりやすい事

そうなると、本来の動きが出せずに釣りにならないケースが多発する可能性がある為、釣りにならない可能性があります

リアフックを取り外せばトラブルは回避できますが、アジのバイトは後方からが多いためフッキングに差が出てしまいます

そんな時は、リアフックをシングルフックに交換しておくことで対応しましょう

メタルジグでのアジの誘い方

回遊しながら獲物を狙うアジは、変化のある部分を好みます

潮の流れや光の明暗などがポイントで、そんな場所をメタルジグで手返し良く探っていきます

アクション

フォール重視のメタルジグを使う場合、キャストしたら底まで沈めるのが基本

フェザリングで糸にテンションを掛けながらカーブフォールで着底させ、着いたら大きくロッドを煽って再びカーブフォールを繰り返しましょう

メタルジグを使ったアジングでは着底直前に喰ってくるケースが多く、フォール中は穂先とラインに神経を集中させておく事


リトリーブ重視のメタルジグを使う場合、着水後すぐに巻き始め表層から探っていくのが基本

アタリが無ければカウント数を増やし、徐々にレンジを下げて探っていきます


活性が高いアジは、表層付近で喰ってくることが多いため上から狙っていきましょう

気を付けたいのはリトリーブスピード

メタルジグは早く巻くと浮き上がり、ゆっくり巻くと沈んでしまうためレンジキープが非常に難しいです

プラグで狙う時のようにスピードには変化をつけず、一定のスピードで巻くことが大事

アワセて取り込む

メタルジグでスイッチの入ったアジは、ほとんどの場合はフォール中に喰ってきます

フォール中はロッドを立ててラインを張り、角度を90度ぐらいに保っておくとアタリが取りやすいです

そして、違和感があれば即アワセを入れる事

表層付近でリトリーブ中に喰ってきた場合は、ほとんどが向こうアワセのパターンになります

追いながら喰いつくため、一瞬リトリーブが軽くなる事が多くロッドよりもリールを巻く手に神経を集中

その後に「グッ」というアタリを感じたら、軽く合わせれば掛かります


最も大事なことは


フッキングしたら一気に取り込む事!

メタルジグのリアには、トリプルフックが装着されていることがほとんど

形状から上手く上あごに掛からず、柔らかい口の周りに掛かる事が多いためバラシの原因となってしまうからです

ラインのテンションは絶対に緩めず、強引なぐらい巻きまくって一気に引き抜きましょう

大事なことは

メタルジグを使用してアジングの、最大のメリットは

手返し良く『遠く深く狙える事

それをうまく利用する方法はランガンする事です

少しでも変化を見つけたら投げ、探ってアタリが無ければ次の変化へと移動していく事が釣果をアップするコツ


群れ度行動するアジが潜むポイントさえ分かれば、あとは『入れ食い状態』間違いなしですからね

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる