お知らせ内容をここに入力してください。

メタルジグはセッティングが命!対象魚別のフックセッティング例

釣具店でメタルジグを購入した事がある方ならご存知かと思いますが、ミノーなどのプラグと違い基本的に売られているのは本体の鉛部分だけのものが多いです


まれにフックが付いた状態で売られているメタルジグもありますが、ほとんどがリアにトレブルフックが装着されたもの



もちろん、この状態でも釣りになるのですが狙うターゲットやフィールドによって自身でセッティングした方が釣果に影響する場合もあるんです

重要なのはフック

今回は、メタルジグのセッティングについて解説していきたいと思います

目次

フックのセッティング

もともとメタルジグというものは、リアにトレブルフックが付いた形で開発されました


そこから、さらに掛かりをよくするためにフロントにもフックを装着するのが基本的なセッティングとなりました

フロントフック

ソリッドリングに紐で繋がったシングルフックを装着


もともとは掛かりを良くするためにセットしていた事からアシストフックと呼ばれています



多くのフィッシュイーターは、獲物に追いつくと

正面の回り込み頭からバイトする

つまり、メタルジグの頭の方にハリがある方がフッキングしやすいのも当然のこと


場合によっては2本使用するセッティングもありです



さらに、
紐で繋がっているためメタルジグと分離した動きができ、魚の動きにも追従しやすくバラしにくいというメリットもあります


アピール度の高い飾り付きのフックや、歯が鋭い魚に対応した紐にワイヤーの入ったタイプなどがあり、狙いに応じてセッティングをしましょう

リアフック

ひと昔前までは主流となっていたので、トレブルフックだけでも釣れることは間違いありません


しかし、現在のメタルジグを使った釣りでは外すのが基本



その理由は

根がかりのリスクが高くなるから

基本的に底を取る釣りになる事が多い事と、底まで沈めるつもりが無くても重量があるメタルジグは沈下速度が速く気が付いたら底まで到達していたなんてことも多いからです


さらにメタルジグとフックまでの距離が短いため、魚が暴れてしまうとジグごと振られバラシやすくなるのもデメリット



万が一、水面付近で外れてしまうと鉛の塊が

自分に向けて飛んでくる可能性があります!!

リアフックが有効なターゲットも存在しますが基本的には外してOKです

アシストフックのセッティング

名称はアシストフックですが、役割としてメインになるフック


セッティングする際に気を付けたいポイントは3つ

ソリッドリングを使う

(右)スプリットリング(左)ソリッドリング

メタルジグとスナップを繋ぐ【スプリットリング】に直接取り付けてるのはNG


紐は【ソリッドリング】に取り付け、ソリッドリングをスプリットリングに取り付けるようにして下さい



そのメリットは

滑りが良くなりフックの自由度が増す

例外として、フックの紐部分が短くソリッドリングに巻けない場合はスプリットリングに直結するしかありませんよねぇ…


その際は、リングに繊維を挟まないようにセットする様にしてください

フックの大きさ

フック先端部分と根元部分の幅を【ゲイプ】と言います


このゲイプ幅が、メタルジグのボディと同じぐらいの幅ですとボディにフックが挟まるような形となり綺麗なアクションが生まれません



ってか、せっかく魚が喰いついてもフッキングしてくれませんので注意しましょう

紐の長さ

多くのフィッシュイーターが頭から捕食する事を考えると、フックも頭に近い方が有利なため紐の長さは短い方がベスト


それ以外にも長いとラインに絡まりやすくなる事と、ボディに絡む水流にも悪影響となり本来のアクションが出来なくなる可能性もでます



目安としては

ボディの半分以下の長さ

購入する際はメタルジグのボディと比較しながら選びましょう

ターゲット別のセッティング

ここからは対象魚を絞ったセッティングについて解説します


魚はそれぞれに習性があり、有効なパターンも違いがあるので重要なポイント

アコウ(キジハタ)

ロックフィッシュを狙う場合


重量は30g前後のシルエットは小さめで、フォール姿勢がヒラヒラと落ちる平型が有効



底まで落とす釣り方になる為

リアフックは絶対に付けない事!

強引な捕食をしないターゲットですので、少しでも掛かりをよくするために2本がけをセットしておきましょう

ハマチ

中型青物を狙う場合


重量は40g前後で、キビキビとしたアクションが有効ですのでセンターバランスの細いシルエットをチョイス



泳ぎが上手いハマチに有効なアクションは

高速リトリーブ!

ワンピッチワンジャークを織り交ぜながら俊敏な動きで誘いましょう

サゴシ・タチウオ

多くのフィッシュイーターと違い、捕食体制に入ったら頭に限らずどこからでも噛みついてくるのがサゴシタチウオ


サゴシに関しては

中層でひったくるように喰ってくる!

一旦、底まで沈める必要はないのでリアにトレブルフックをつけておいた方がフッキング率は高いです


そして、どちらも歯が鋭い魚ですので念のためワイヤー入りをセットしておきましょう

まとめ

最近では、メジャークラフトさんから【ジグパラ】のように全てセッティングされているメタルジグも発売されています


ハッキリ言ってこのままでもメッチャ釣れます!!



しかし、自分好みにセットして釣り上げた時の快感は

ルアーマンにとって至福の時

是非とも、メタルジグで最高のフィッシングライフを満喫して下さい

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
釣り・フィッシングランキング
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる