ショアから使う【メタルジグ】の使い方は?選び方と特徴を解説

スポンサーリンク
釣り

青物やシーバスなどの獰猛なフィッシュイーターはもちろん、タチウオから根魚まで狙える万能ルアーであるメタルジグ

最大のメリットは

遠く深く探れる事

素材が鉛で出来ているため、プラグやワームでは届かない沖へキャストでき比重が重いため沈下速度も速くいので、手返し良くターゲットを狙う事ができます

釣行中、不意に現れた【ナブラ】にも対応できるためタックルボックスに必ず入れておきたいルアーです

しかし、メタルジグと言っても種類は様々で


「どれを選んでいいか分からない」

って方も多いのではないでしょうか?

今回は、ショアから使うメタルジグの選び方について解説していきたいと思います

重さの効果

船に乗って沖で行う【ジギング】では、キャストせず真下に落とすため200gクラスのメタルジグを使いますが、ショアから狙う場合は重すぎるとキャストできません

ロッドの性能にもよりますが、扱うのは5~80g程度

重さを選ぶ基準は

  1. 狙うポイント
  2. 水深
  3. 潮の流れ

これは重量に比例します

近くて浅くて緩やかなら軽量メタルジグの出番となり、逆に遠くて深くて早い流れなら重量メタルジグが必要です

扱うロッドの目安

重量が増えるほどサイズも大きくなるのは当然

となるとターゲットが捕食しているベイトにマッチさせる事が大事ですが、準備するロッドによって投げられる最大重量は変わります

同じ【Lクラス】でもメバリングロッドなら10g程度が限界ですが、シーバスロッドなら30g程度まで扱えますので

狙いたいターゲットに合わせてロッドを購入する事

大型の青物を釣りたいなら、専用のライトショアジギングロッドを準備しましょう

形の効果

同じような形に見えますが、形には違いがあり大きく分けると2つ

棒型

シルエットは小さくフォール姿勢は真下にストンと落ちるように沈み、キビキビとしたアクションがポイント

巻くだけで小魚が泳ぐような姿を演出する【スイミングジグ】には、このタイプが多く

リトリーブで誘う事に特化

複雑なアクションは必要なくただ巻きでOK

長さがロングタイプのものが多いです

平型

水の抵抗を受けやすく、ヒラヒラと舞い落ちるようなフォール姿勢で魚にアピール

スイミング姿勢もヒラヒラするので

アピール度に特化

ボトム付近に潜む大型魚に適したメタルジグで、ゆっくりとした喰わせの間を与えることが出来るためフォール中に喰ってくる事も多いのが特徴です

さらに【左右非対称ボディ】というのもあり、水の抵抗を受けてオートでアクションしてくれるアイテムで、対称ボディと比べてイレギュラーな姿勢を作り出す事が可能

長さはショートタイプが多いです

バランスの効果

見た目では分かり難いのですがメタルジグはそれぞれ重心の位置が違い、それぞれに特徴があります

リアバランス

メタルジグの後方部分が分厚く設計された後ろ重心型で、最大のメリットは

飛行姿勢が安定し飛距離が出せる事

他のルアーがバランスを崩しやすい横風でも、安定して飛ばせるのがイイ所

フォールスピードは速く底を取るのには向いていますが、お尻の方から沈んでいく姿勢のためアピール度には欠けてしまいます

リトリーブでも浮き上がりにくいことから、一定のレンジを早めに巻く釣り方が合います

フロントバランス

メタルジグの前方部分が分厚く設計された前重心型で、最大のメリットはロッドの動きに頭が追従しやすく

キビキビしたアクションが付けられる事

激しい動きでアピールできますが、常にラインテンションを掛けておかないとフックが絡みやすいのが難点で、リアフックは外しておいた方が無難

フォール姿勢は頭から落ちて行き、沈下スピードも速いのが特徴

動きで魅せた後、頭から落ちていく姿が弱った魚を演出するのに最適なバランスとなります

センターバランス

メタルジグの中心部分が分厚く設計された中重心型で、フロントバランスとリアバランスのイイ所を取ったような

汎用性と扱いやすさがポイント

【投げる・沈める・巻く】と、全てこなせるオールラウンダーで現在はセンターバランスが主流です

反面、シビアな状況には弱いのが弱点

強風時には飛行姿勢が安定せず飛距離が伸びなかったり、潮の流れが速い場合にもバランスを崩して思ったアクションが出来ないといったデメリットもあります

カラーの効果

メタルジグに使用されるカラーにも様々あります

「これが釣れる!」というカラーはありませんが、釣れないカラーもありません

状況に合わせてカラーを選択することが大事

水の濁り

デイゲームで使用するカラーは、大きく分けて2種類あり

  • 赤、ピンク、オレンジなど派手なアピール系
  • 青、緑、グレーなど自然なナチュラル系

魚の目も人間と同じ見え方

水が透き通っているなら視界はクリアであるためナチュラル系が有効で、逆に水が濁っているなら見えにくいのでアピール系を選択するのが基本です

が、私の経験上【ハマチ】には

ピンクが有効

ハマチは濁りが強い沿岸部に寄ってきやすい性質が関係しているんでしょうねぇ

ナイトゲーム

夜の釣りは、日光による【フラッシング効果】が期待できないので

夜光塗料の塗られたグロー系が必要

日中の釣りでも、メタルジグを使った釣り方は基本的に底を取る事が基本となる為、水深が深く光が届きにくい場所を攻める場合には用意しておきたいカラーです

さらにグロー系のメタルジグを活かす方法が

UVライトで照らす事

光を溜めて自ら発行する為、暗闇でもアピールすることが可能となります

まとめ

青物だけでなく、あらゆるフィッシュイーターを魅了するルアーが【メタルジグ】

初心者でも扱いやすいのは

30g前後の平型センターバランス

ハマチやサバといった小型の青物をターゲットにするのがイイと思います

そうすると不意に大型のサワラやメジロなどが喰いついてくる事があり、気が付けばショアジギングの魅力に憑りつかれ


いつかはヒラマサを!!

是非ともチャレンジしてみてください

コメント