ロックフィッシュとは?障害物に潜む【根ざかな】をルアーで狙う

スポンサーリンク
釣り

ロックフィッシュというのは、岩場やテトラなどの障害物のスキマに付く魚の総称

根ざかなとも言われ、エサ釣りでは【穴釣り】で狙えるターゲットとしても有名です

年中を通して狙える【カサゴ・ソイ】は波止や地磯など手軽に狙え、高級魚である【アコウ】は根の荒い沖磯に付きやすい傾向があるのが特徴

ちなみに【クエ】もロックフィッシュの仲間です

今回は、根に潜む【ロックフィッシュ】の釣り方について解説していきたいと思います

ロックフィッシュ狙いのタックル

ロックフィッシュと言ってもサイズは様々

一般的なカテゴリーとして

  1. カサゴのような30cm以下のサイズは【ライト
  2. アイナメのような60cmサイズは【ヘビー

ロッド

ライトロックフィッシュに関しては、ハッキリ言って

どんなロッドでも問題なし!!

シーバス用でもエギング用でも持っているロッドで釣れますので、新しく用意する必要はありません

引きを楽しみたいなら、柔らかいメバリングロッドなんかがオススメですね

一方、ヘビーロックフィッシュを狙うなら簡単にはいきません

根魚達は危険を感じると障害物へ潜るように逃げるため、逃がさずに無理やり引き剝がすパワーが必要になってきますので

パワーのあるロッドが必須

目安としては40g程度のルアーが扱えるクラスは欲しい所

初心者には扱いが難しいベイトロッドもオススメ

ロングキャストが必要ない釣りですので、ベイトロッドに慣れる意味を含めて購入する手もアリです

リール

ライトロックフィッシュなら、リールもメバリングなどと兼用が可能ですので2000番クラスでも問題ありません

しかし、ヘビーロックフィッシュなら強引に素早く巻き上げる必要があるため

ドラグ性能のいいハイギアで3000番クラス

このクラスのリールを一つ持っていれば、シーバスやライトショアジギングにも使えますので釣りの幅が広がりますよ

ラインシステム

PEラインは飛距離や感度に優れ、もはやルアーフィッシングにおいては必要不可欠なライン

ですが!


弱点は摩擦に弱い事

底に潜み、危険を感じると根に潜るロックフィッシュを狙う場合は【根ズレ】が起こることが大前提となりますので

メインラインはフロロカーボンがおすすめ

比重が高く沈みやすいので、底をとる釣り方には最適なラインです

太さは2号ぐらいあれば対応でき、先端にジグヘッドを直結しても問題ないので手軽さもメリット

「他の釣りにも流用したいからPEがいい」

って方は

1号のPEにリーダーは2~3号を結束

長さは1.5mほど取っておきましょう

ロックフィッシュの誘い方

回遊魚のように泳ぎ回らず、障害物の陰に身を潜め獲物を待ち伏せるのがロックフィッシュ

広く探りよりも、ピンポイントで探る方が効果的です

ルアーセレクト

ロックフィッシュを狙う場合、必ず着底させる必要があるため根がかりしにくいワームが有効

使用するジグヘッドも専用設計されており、針先をワームの側面せっとする【オフセットリグ】や、着底時に針先が持ち上がるようなタイプもあります

フックの太さも重要なポイント

30cmを超えるような根魚の引きは強く、根に入られないように強引に引き上げなければならないの

太めのフックのほうが安心

取り付けるワームの形状は大きく分けると2つ

甲殻類をイメージしたクロー系と小魚をイメージしたシャッド系とあり、それぞれにアクションが変わってきますので

どんなベイトを捕食しているかを確認する事

カラーチョイスで定番となるのは、グローやパールといった【ホワイト系】にラメが入ったタイプが有効です

アクション

キャストしたら底まで沈める

着底を感じたら、ロッドを軽くチョンチョンと煽ります

この時、ルアーが手前に寄りラインスラッグができてしまうので、弛んだ分だけ巻き取るようにリーリング

そして

ラインにテンションをかけた状態でフォール

これを2~3回繰り返したら、また底まで落とすというのが基本的なアクションです

ロックフィッシュに特化したリグ

ジグヘッドを使っても、根の荒い場所では根がかりは避けられないのが事実

こんな場合、ボトム専門のリグを使って探ることが重要となってきます

テキサスリグ

バレットシンカーという、先端が弾丸のような形をした中通しタイプのシンカーとオフセットフックを組み合わせたものを【テキサスリグ】といいます

先端部分の形状により障害物の隙間をすり抜けやすく、オフセットフックにより岩などに引っかかりにくいため

根がかり回避能力が高いのが特徴

バレットシンカーの素材も【タングステン製】のものなら、比重が重く感度も高いというメリットがあります

直リグ

バス釣りなどで使用される【ダウンショットリグ】の改良版

リーダーの先にシンカーを取り付け、その途中にフックを取り付けるのが一般的なダウンショットリグですが、リーダーを取らず更に底を攻められるように改良されたのが【直(じか)リグ】です

最大のポイントは、ワームが底に着かないため

細かいアクションが付けやすい

底を集中的に攻める場合は、絶対に外せないリグです

ビフテキリグ

テキサスリグが進化し、ロックフィッシュ専用で開発されたリグが【ビフテキ】

ビーンズと呼ばれるなすび型の誘導式シンカーを取り付ける仕掛けで、『ビーフリーテキサス』を略してビフテキ

メリットは沢山あり

飛距離と沈下性能、そして吸い込みの良さ

シンカーの上部に浮きゴムを取り付ける事により、ワームとシンカーの距離を一定に保つことができ、テキサスリグよりも広範囲を探れます

まとめ

カサゴ・ソイは、ハッキリ言って年中無休で狙えるターゲットで、小型が多く初心者でも簡単に釣れる魚です

そして徐々に大型を狙うようにシフトしていく事で、ルアーフィッシングの魅力を感じられるかもしれません

高級魚である【アコウ】

さらには【クエ】

こんな魚を自分の手で釣り上げるのがロックフィッシュゲームの醍醐味です!!

コメント