チニングのやり方を初心者に分かりやすく解説!ルアーでチヌを狙え!

スポンサーリンク
釣り

生息域が広く、どこでも釣れるため人気の高い魚が【チヌ

1年を通して狙える魚で、昔から『フカセ釣り』や『落とし込み釣り』などエサで狙うターゲットとして人気があり、海に行けば必ず誰かが竿を出して狙っている光景を目にします

そんなチヌをルアーで狙うのが【チニング

どこにでも生息しているので、手軽に釣れる魚ですが


『チニングのやり方がイマイチわからない』

って方も多いと思います

今回は、チニングの基本について解説したいと思います

チニングの基礎知識

まず最初に【チヌ】を狙うための基本的な項目を解説していきましょう

相手を知らなければ、釣れるものも釣れませんから

チヌの生態

港湾部や河川、磯谷やサーフとハッキリ言ってどこにでも生息している魚で回遊せず、同じ場所に居着くのが特徴

回遊しないという事は、1年中釣れることが可能です

食性は雑食型で海底の貝やカニ、エビからムシまでと幅広く小魚までも捕食するフィッシュイーターで、動くものに強い反応を示します

非常に警戒心の高い魚ですがあまり水深が深い所までは潜らず、比較的に浅い場所で身を隠す事の出来る障害物などに潜んでいることが多いです


もっとも狙いたいポイントは【河口

川から流れてくる水は栄養が豊富でベイトが集まりやすく、多くのフィッシュイーターにとっても絶好の狩場

さらにチヌは塩分濃度の低い汽水域でも生息可能で、思った以上に河川の上流部分まで上がって来ている可能性もあります

タックルセレクト

シーバスフィッシングをしたことある方は経験あるかもしれませんが、たまにチヌが釣れることがあるんですよね

って事は、基本的にシーバスタックルが流用可能という事です

  • ロッドは8フィートクラスのM~ML
  • リールは2500番サイズでドラグ性のがイイもの
  • ラインはPE0.8号に、リーダーはフロロカーボンの3号

スペック的には、大型のイカを狙うエギングタックルでも同じですので

1本でいろんな魚を釣りたい

って考える方には、シーバスロッドかエギングロッドを準備するのがオススメ

チヌ専門で狙うなら、やはりチニングロッドを選びましょう


特徴としては、バッド部分は強く先端がソリッドティップの物が多い事

チニングではボトムを探ることが基本となりますので、障害物付近に潜んでいるチヌを引きはがすパワーが必要な事と、海底に当たっている事が分かりやすい感度が必要だからです

狙うポイント

魚釣りにおいて大事なことは潮の流れですが、居着いているチヌを狙う場合は地形の変化が大事です

堤防や岸壁から狙うなら角の部分や先端部分、テトラの周辺など足元に潜んでいる事が多く足元から探るのが基本

ひと通り探ったら、次に狙う部分は沖のカケアガアリやカケサガリ部分、海底にある捨て石などを探っていきましょう

河口で狙うなら、橋脚の根元や影の部分などが狙い目

ロッドから伝わる感触を頼りに、海底をイメージしながら探る事がポイントです


一番大事なのは

一つの場所で粘らない事!

アタリが無ければすぐに場所を変え、手返し良くランガンするのが釣果を上げるコツです

パターン別チニング攻略法

一口にチニングと言っても様々なアプローチの仕方があり、奥が深い事魅力の一つ

ボトムを狙う

チニングの基本はボトムを探る事

使用ルアーは

  • ラバージグ
  • クランクベイト
  • バイブレーション

重さは5~10gで、サイズも5~10cmぐらいまでを用意しておきましょう

ポイントは必ず着底させることが大事で、穂先とラインと手応えを意識する事

そして、ボトムゲームの難点は『根がかり

ソフトルアーのラバージグは問題ないのですが、プラグ系のルアーはリアにトリプルフックが付いている事が多いです

フックをダブルに変更するか、初めからダブルフックが装備されているプラグを購入することをオススメします

有効アクション

最も有効なラバージグのアクション

ズル引きボトムバンプ

文字通り海底を「ズルズルと引く事」と「海底から跳ね上げる事」です

砂煙を上げながら移動する姿は、海底を逃げようとする甲殻類を、そして跳ね上がる姿が小エビを演出します

クランクベイトはリップの形状から、巻くと深く沈み止めると浮き上がります

海底に当たり「コッ」という感触が伝わったら巻くのを止め、少し浮かせた後に再び海底まで巻くことを繰り返します

バイブレーションは巻くのを止めると沈んでしまいます

着底を確認したら、ロッドを立てて早巻きして浮くように泳がせ再び着底させる

全ての釣り方に共通することは


しっかりと海底まで落とす事がポイントです

トップを狙う

ハッキリ言って、チヌがトップでバイトしてくるのは夏限定といっても過言ではありません

しかし、河川の浅い上流まで上がって来ているチヌなら狙う事が可能

水面を割ってアタックしてくるチヌの姿を見れば、チニングの虜になること間違いなしです


使用ルアーは

  • ホッパー
  • ペンシル
  • スプラッシャー

選択するサイズは7cm前後

水面直下を狙えるのがホッパーなので、ペンシルは少し沈める事が可能なシンキングタイプをチョイスしておけば完璧


ボトム狙いと違い、根がかりの心配はありませんのでガンガンキャストして狙う事が可能です

有効アクション

大きく口を開けたような形状のホッパーは、巻くだけで水面をコポコポと音を立てながら泳ぐためアピール度はナンバーワン

活性が上がっている場合に有効なルアーで、エキサイティングなバイトシーンを演出してくれるルアーです


リップのないペンシルは、ナチュラルな動きで弱った魚を演出できるのが特徴

ロッドを小刻みに動かすトゥイッチを入れることにより、頭を左右に振りながら泳ぐドッグウォークと呼ばれる独特な動きがチヌを魅了します

カウントを1秒単位で沈めることにより、徐々にスイッチを入れるように攻めましょう


ホッパーとペンシルの中間的な動きをするのがスプラッシャー

リールを巻くだけで、水しぶきを上げながらユラユラとアクションしながら泳ぐのが特徴

ホッパーとペンシルのイイとこ取りをしたようなルアーであり中途半端なルアーでもあります

出番としては、中活性のチヌに対してスイッチを入れさせるためには有効かも?



チヌの活性が高ければアピール度が高い方が有効ですがミスバイトが増えてしまい、アピール度が低い方はアタリは減りますが乗りがイイです


どれがヒットに繋がるかは、その日によって違いがありますのでキャストを繰り返しヒットパターンを見つけることが大事です

トップゲームの注意点

水面付近を狙うトップゲームでは、チヌがルアーを追ってきている姿が確認できます

その姿がルアーマンにとっては興奮するポイントなんですが、警戒心の強いチヌが相手なら焦りは禁物

喰わせの間を与えるのは大事なんですが、ロッド操作やリーリングを止めてしまうとルアーが見切られてしまう可能性が高くなってしまうのが現実

このため、動きを完全に止めずに惰性で動かしながら喰わせの間を与えるようにしましょう

簡単そうで奥が深いチニング

チヌ】とは?

どこにでもいる魚で、いつでも釣れる魚でありながら、簡単に釣れそうで簡単に釣れない魚

そんな天邪鬼な所が、多くの釣り師の心を鷲づかみにしている魅力的な魚【クロダイ

しかし、釣り方さえ分かれば

いつでもどこでも簡単に釣れる魚なんです!

これからルアーフィッシングを始めてみたい方

ぜひとも【チニング】に挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメント