ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

コスパ最強のワインドロッド5選!シャクリやすい専用ロッドで太刀魚を狙え!

ワインドロッド コスパ

ワインド釣法とは?

ロッドを上下にしゃくる事でルアーを左右にダートさせ、本能的に捕食スイッチを入れる事でリアクションバイトを誘う釣り方の事。

元々はシーバス釣りのメソッドでしたが高活性のフィッシュイーターすべてに効果が高く、現在では主に太刀魚ゲームで主流となっています。

太刀魚は時合さえ合えば初心者でも簡単に釣る事ができる事から、初めてのルアーフィッシングにも最適なんですよね。

実は私が初めてルアーで釣った魚が太刀魚なんです!

しかし、このワインド釣法。

ルアーをダートさせるためには専用のジグヘッドとワームを使用する事になりますが、綺麗なアクションを起こすには専用のロッドも必要なんです。

釣具店には多くのロッドが並び

どれを選んだらいいか分からない

って方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は太刀魚ゲームに最適な【ワインドロッドの選び方】について解説していきたいと思います。

この記事の内容
  • ワインドロッドの選び方
  • コスパ重視のおすすめワインドロッド
  • 性能重視のおすすめワインドロッド
目次

ワインドロッドの選び方

エギングロッドやシーバスロッドでも代用できない事はないんですが、釣り方が微妙に違うためワインド釣法で太刀魚を狙うならやはり専用ロッドが欠かせません。

シャクリやすさや操作性、握りやすさなどに違いがあるため自分に合ったロッドを選ぶようにしましょう。

長さ

ワインド専用ロッドの多くは8~9フィートが基本です。

というのも、太刀魚ゲームでは飛距離よりも時合が大事な要素だからです。

つまり遠投性はあまり必要なく、それよりも操作性を重視したほうがベスト!

特に初心者にとってはアクションに苦戦する可能性が高いため

8フィート前半のロッドがオススメ

硬さ

ロッドの硬さはパワーを表し、硬い方が重いルアーを扱う事が可能です。

しかし太刀魚狙いのワインド釣法で使用するジグヘッドは3/8オンス(10.5g)~1オンス(28g)までが基本。

しかも太刀魚の口は意外と切れやすく、固すぎるロッドではせっかく掛かった太刀魚をバラシてしまう原因になりかねません。

柔らかすぎるとアクションに影響が出てしまう事から

ML~Mぐらいを選択しましょう

軽さ

『投げる→シャクル→回収する』を何度も繰り返すのがワインド釣法であり、非常に疲れる釣りと言えるでしょう。

このため、疲労を軽減するためには

軽い方が圧倒的に有利!

ロッド本体だけでなくガイドに使用される素材によって重量が大きく変わる事もあるため、出来るだけ軽い素材で作られたロッドを選択しましょう。

目安としては150g以下を選択しましょう。

グリップ

シャクル事がメインのワインド釣法。

このアクションはルアーを引っ張るのではなく弾くように動かすのがポイント!

となると手首の動きだけでアクションするのはルアーの動きにも悪影響なんですよね?

リズミカルに動かすためには、肘や脇にぶつけて反動を利用したほうが簡単なんです!

このため

グリップエンドが長い方がアクションしやすい

握りやすいEVAグリップがあれば最高です。

コスパ重視の入門ワインドロッド

ここでは初心者でも購入しやすい1万円前後のワインドロッドを紹介します。

このぐらいの価格なら

とりあえずやってみよう!

って方にも買いやすいのではないでしょうか?

太刀魚ゲームの楽しさを味わうには最適なモデルと言えます。

ダイワ(DAIWA) ワインドX  83M

ダイワから販売されるワインド専用ロッドで、自重は135gと軽くて21gまでのジグヘッドが使用可能。

カーボンをX状に巻きつけたブレーディングX仕様でネジレに強く、高い操作性とパワーを両立しています。

ティップ部分の食い込みも良く、スムーズに曲がってくれるためバラシも少なくなるでしょう。

大型のフォアグリップも握りやすく、長時間のシャクリでも指が痛くなりにくい所も嬉しい設計。

他に86MHタイプも存在し、こちらなら28gまでのジグヘッドが使用できます。

シマノ(SHIMANO) 19ソルティーアドバンス タチウオワインド 86M

シマノから販売されるワインド専用ロッドで、万能で使いやすい事で人気の高いシリーズ。

自重は122gと非常に軽量でありながら、扱えるジグヘッドは32gまでと高いパワーを誇るのが特徴です。

しかし硬い訳では無く、適度な柔らかさも兼ね備えているため繊細な操作も可能。

激しいアクションでも糸が絡みにくいKガイドは全てに使用され、トップ部分のリングはSicが採用されトラブルは皆無と言えるでしょう。

軽さ・パワー・操作性の3拍子揃ったコスパ最強と言える、私が一押しのワインドロッド!

メジャークラフト(Major Craft) 三代目クロステージ ワインド CRX-832MW

メジャークラフトから販売されるワインド専用ロッドで、全4種のバリエーションを誇ります。

ブランクスは独自のクロスフォース製法で作られ、張りのあるバット部分はパワーが高くネジレにも強いのが特徴。

このため、ワインド釣法に必要な切れのあるダートを演出してくれます!

リング部分はアルコナイトですがガイドにはラインが絡みにくいKガイドが搭載され、下位モデルであるソルパラよりも差別化されています。

グリップエンドも長く設計されているため、シャクリのコツを掴みやすい所も初心者に最適と言えるでしょう。

中級者でも満足の高性能ワインドロッド

ここからは値段が上がりますが、スペックが上がり買って損の無いレベルのワインドロッドを紹介します。

初心者はもちろん、経験を積んだ方でも満足できるワインドロッドと言えるでしょう。

ジャストエース (Justace) ショアワインダーZ 832KM-Z

大阪に本社を構える【ファイブコア】から販売されるワインド専用ロッドで、この会社は基本的にはカスタム専用の会社です。

そこへワインド釣法に定評のある【オンスタックルデザイン】が設計に携わり、専用ロッドとして販売される最強のワインドロッドがコレ!

操作性を重視し7.9fと8.3fのショートレングスのみを展開。

ブランクスにはメッシュカーボンが採用され、強い反発力と高いアクション性を実現しています。

それでいてティップはしなやかで喰い込みやすくバラシを軽減し、チタンフレームのKガイド搭載でライントラブルはありません!

コルクグリップもカッコよく、見た目も最高なワインドロッドと言えるでしょう。

がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ ワインドマスター アール S86M-solid

がまかつから販売されるワインド専用ロッドで、ハイスペックでスキのないロッドがコレ!

ブランクスには、東レが開発した新素材の高密度カーボンであるトレカ「T1100G」ナノアロイ技術が採用され、高い強度を誇りながら軽量化にも成功しています。

その重さは驚異の97g!!

ガイド部分にはラインが絡みにくい傾斜のついた【LGトップ】【KLガイド】【LDBガイド】をバランス良く配置したセッティングで、ライントラブルは皆無と言えるでしょう。

素直に曲がるソリッドティップと、手元に伝わる反響感度を向上させるリザウンドグリップにより、フォール中の繊細なアタリも逃がさずにキャッチする事ができます。

まとめ

初心者でも簡単に釣りやすく、秋になると釣り場がごった返すほど人気の高い太刀魚ゲーム。

釣果を上げるには専用のワインドロッドが必要です!

もう一度、使いやすいワインドロッドの選び方をまとめると

ワインドロッドの選び方
  • 長さは8フィート前半
  • 硬さはMクラス
  • 出来るだけ軽い事(150g以下)
  • シャクリやすいグリップエンド

私の一押しは

シマノのソルティアドバンス!!

1万円程度で購入できるロッドでありながら高性能!

是非とも、ドラゴン級の太刀魚をゲットしてください。

ワインドロッド コスパ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次