どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

大型シーバスは【コノシロパターン】で狙える!ランカーを釣り上げろ

コノシロ】は西日本では1年を通して釣れる魚で、サイズによって名前のかわる出世魚です

  • 5cm以下:シンコ
  • 10cm以下:コハダ
  • 15cm以上:コノシロ

コハダは寿司ネタでも有名ですよね

春~夏にかけて産卵し、初夏ぐらいから釣れはじめるのは小さなシンコ達

もちろん、シンコやコハダもシーバスは捕食するんですがコノシロパターン】が威力を発揮するのは秋以降です

最大で30cm近くまで成長するコノシロを狙うシーバスは

デカくて太いランカーサイズ!!

簡単には釣れませんよね?

今回は、一筋縄ではいかないランカーシーバスの攻略法【コノシロパターン】を解説していきたいと思います

目次

ランカーサイズにはタックル強化

秋のコノシロを捕食しているシーバスは70cm以上の大型がほとんど

ウエイトは5kgを越えるほどで、やわなライトタックルでは寄せる事すらできません

  • ロッドの硬さはMHクラス
  • リールは3000番でハイギヤタイプ
  • ラインはPE1.5号に、リーダーはフロロカーボンの6号

このクラスのタックルがあれば、そのままショアジギングにも流用できますので用意しておくことで釣りの幅が広がりますよ

逆にショアジギングの経験があるなら、タックルをそのまま使ってOK

狙い方

コノシロは一定の場所に止まらず、つねに回遊している魚なので流れが必要です

ポイント

泳ぎは上手く強い流れの中でも綺麗に泳げる魚で

流れの強弱がハッキリしている場所に溜まりやすい

目に見える位置に群れが確認できない事が多いため、ポイントを探してランガンする釣り方がメインとなりフットワークが大事です

港湾部なら堤防の先端部分や、角などに出来る反転流が起きる場所が狙い目で海面の状態を常に観察しておく事

変化を見つけたらボトムまで探るようにしてください

シーバスが潜んでいるのは、流れのあるカケアガリ部分

汽水域まで上がってくことも多く、河川でも狙い目となります

川を上りすぎたコノシロは上流の酸素濃度が低下してくると、反転して下流へと下っていきます

すると、どうなるか?

上るコノシロと下るコノシロが一緒になり、ベイトが大量に溜まる現象が起こる

横方向の変化だけではなく、縦方向の変化も大事です

それは何かというと潮の上げ下げ

特に大潮の日は、満潮時と干潮時の海面の縦方向への変化が激しいため狙い目となり

具体的には

干潮から潮が上がってくるタイミング

潮が下がると釣りを止めてしまう人も多いようですが、シーバスをコノシロパターンで狙う場合にはベストなタイミングとなります

選択ルアー

秋のコノシロは体長が20cm以上もあり

「使用するルアーも大型が必要なのかも?」

と思われる方も多いと思いますが、そんなことはありませんので安心してください

サイズ

ルアーフィッシングの基本は、ベイトにサイズとカラーを合わせる【マッチザベイト】が重要です

実際に、SNSなどのフィッシング動画で釣り上げた様子がアップされているので大事な事だと思われます

しかしコノシロパターンはそこまでマッチザベイトにこだわる必要はなく、もっと小型で10~15cm程度のルアーの方が喰ってくることが多いんです

何故かと言うと

大事なのは目立たせる事

イワシパターンのように

「何でもいいから喰ってやる!」

と、狂ったように襲いかからないパターンですのでサイズを合わせるよりも、むしろ差をつけて目立たせるほうが効果的だからです

弱肉強食の世界では、小さいものから喰われるのが自然の摂理…。

誘い方

群れの中では小型の者から狙われるのは分かりましたよね?

しかし群れている以上、捕食者たちはなかなか狙えないのも現実…。

どうするべきか?

群れにパニックを起こし散らす事

群れを見つけたら、ルアーをキャストする時は潮下方向

コノシロは流れに向かって泳ぐ魚であり、潮上からルアーをが流れてきても正面から来るため避けて終わりです

後方から群れを追い越すようにアプローチすることで、コノシロたちは一瞬パニックになり騒ぎ出し、この騒ぎがシーバスの捕食スイッチを入れるキッカケになるんです

つまりルアーの使い方は、シーバスの捕食スイッチを入れさせるために使うモノ

1度スイッチの入ったシーバスは、獲物を喰らうまで止まりません

となると、狙うのは襲いやすい小型の獲物です

トゥイッチやジャークなどの派手なアクションは必要なく、あくまでも自然な動きで

群れの中の弱者を演出する事

注意するのはリトリーブスピードぐらいで、不自然にならないようにしましょう

是非ともランカーシーバスを釣り上げましょう

秋という季節は、我々人間にとっても『食欲の秋

シーバスにとっても同じなんですよね

産卵を控え、爆喰いするシーバスとの戦いは

まさに喰うか喰われるか!!

一度でもファイトすれば病みつきになる事間違いなし

ルアーマンの憧れでもあるランカーシーバスを、みなさん是非とも釣り上げてみましょう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる