どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

神戸市内は岸壁での釣りは全面禁止!これは【条例違反】です!

現在、兵庫県に住んでいる私の趣味の一つが

魚釣り

休日にフラッと海に行き、竿から糸をたらして魚と戯れる

大物とのファイトはなかなか楽しい時間なんですよね


しかし手軽にできる反面、神戸市内では釣りのできる場所が限られているんです

実は

その辺の岸壁で釣りをしてはいけないんです!!

目次

なぜ禁止なのか

神戸市には

港湾条例

というものが制定されているんです


というのも、時は幕末…

黒船来航から日本は開国の道を選び、神戸港を開港したのが150年以上前

それ以来、海外貿易の中心地として栄えてきたという歴史があります

実際に行ったことがある方はご存知と思いますが、岸壁周辺には海上コンテナや物流倉庫が多いんですよね

そんな施設を守るために条例が制定されているんです

黒船来航って?

神戸市港湾施設条例 第19条

この項目には【行為の規制】というものが記載されています

規制された行為
  1. 岸壁、物揚場、護岸、道路または橋りょうにモノを放置する
  2. 岸壁、物揚場または護岸に駐車する
  3. 岸壁やドルフィン、物揚場または護岸において魚釣りをする

ややこしい言い方してますが、簡単に言うと船舶が停泊する係留施設でやってはいけないことの説明

条例が制定された昭和29年(昭和48年改正)からというもの、実際には禁止看板は立てられていたんですが釣り人たちの趣味を尊重してくれていたようです

つまり、今までは黙認してくれてたって事

しかし2019年からは本格的に全面閉鎖がはじまりフェンスの設置や、警察官による見回りなどが見られるようになりました

条例違反はどうなるか?

神戸市港湾施設条例の違反者に対しては

5万円以下の罰金

しょせん条例でしょ?と、甘く考えてはいけません

条例は地方公共団体の議会でせいていされているため【法律と同じ】と考えられ

逮捕もあり得るんです

しかも、その都市が独自に抱える問題にたいしては細かい対応が可能なため、神戸市長から

大問題だ!!

と認識されてしまえば簡単に捕まってしまいます

決定的な理由

どう考えても【釣り人のマナーの悪さ】が原因です

悪いマナー
  1. 釣具を梱包しているゴミを放置
  2. 釣った魚の処理(頭や内臓)したあと流して綺麗にしない
  3. 路上駐車して、交通を妨げや子供の飛び出しによる事故
※捨てられたゴミに巻きついた魚

まず

皆さんは気づいていましたか?

近所の釣具店の店員さんたちが掃除してくれていたことを!

あなたが出したゴミを片付けてくれている人たちがいたんですよ!!


そして

可愛い子供たちのためにファミリーフィッシングで家族サービスは分かります


けどね…

アナタが停めている車は邪魔になっていませんか?

飽きてしまった子供たちから目を離していませんか?

釣りの楽しさを教えるのなら

釣りのマナーも教えるのが親の役目

という事を忘れないでください

釣り動画を楽しみたいならコチラ

釣りができる場所

現在の神戸市では、釣りのできる場所はホントに限られてきましたがいいポイントはあるんです

神戸空港

神戸空港の一部が釣りOKとして開放されています

この場所は青物も回ってくるほど潮どおしがよく、フェンスも設置されているためお子様とファミリーフィッシングも安全にできますよ

トイレが空港内にしかないのが難点ですが…

そして駐車場から距離があるため、神戸空港へ釣りに行く場合はキャリーなどを用意したほうが楽です

神戸空港についてはコチラ

ポートアイランド沖堤防

沖堤防も超が付くほどのポイント!

青物やランカーシーバス、尺越えのアジやタコなんかまで釣れてしまうところなんで

一日いればなにかしら釣れます

しかし渡船で渡らなければならないため、とうぜん船賃がかかってしまいます(¥2000~¥2500

利用客の方は、やりこんだ上級者ばかりという印象なんで初心者は行きづらい雰囲気があるのが難点

須磨・平磯海釣り公園

釣り用に作られた施設

そのため駐車場や売店、トイレにフェンスと設備は万全でレンタルもあるので手ぶらで行っても釣りができます

特に須磨海釣り公園は、足場が沖へ200mほどせり出しているため水深のあるポイントへ投げ込むことが可能で、潮どおしも良く青物も回ってきます

ちなみに私は以前、80cm越えのサワラを2匹連続で釣り上げた事があり思い出深い場所なんですよね

青物を狙う方法はコチラ

なぜ釣りがOKな場所に行かないのか

釣りが認められていて、大物も釣れるポイントがあるにも関わらず行かない理由は?

余分なお金がかかるから

入場料や渡船料を払ってまで釣りをしたくないって方が多いんですよね

でも、これは分かります

竿やリールだけでも結構な値段がしますし、ルアーなんかは根がかりしてよく失くしてしまう事もありますから少ないお小遣いのお父さんには痛い出費ですし…

しかし、路上駐車は理解できません!!

私は仕事の関係上、港湾施設などをまわることが多いんですが駐車車両のせいで大型トラックやトレーラーが通りにくく、渋滞してしまう事があるんですよ

停めている本人たちは

通れるからいいやろ

って思ってるんでしょうけど、遊びで釣りをしている人たちのせいで仕事のドライバーが交互通行している現実を知ってもらいたいものです

釣りを楽しみたい方へ

私は釣りが大好きです

子供から大人まで楽しめるイイ趣味だと思っています

しかし、自宅で出来る趣味ではないため必ず誰かと関わることになります

港湾施設で働く方や漁港の漁師さん、近隣住民の方々

釣りは紳士の趣味

他人の迷惑になっていないかを考えて楽しみましょう

人としてのマナーを守って、楽しいフィッシングライフを!

その他の釣り場紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる