ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

コスパ最強で人気の【おすすめヒラメロッド】サーフから座布団ヒラメを狙え!

ヒラメロッド コスパ

高級魚の一種であるヒラメは、陸からでも狙えます。

見た目はペッタンコの魚ですが、実は獰猛なフィッシュイーターであり生き餌だけでなくルアーにも果敢にアタックしてくるのが特徴。

特に座布団サイズと呼ばれる大型のヒラメは見た目も引きも圧巻の一言!

かつてはシーバスロッドやショアジギングロッドを使用する事も多かったんですが、最近では人気が高まり各メーカーからヒラメ専用ロッドも多く発売されています。

砂地に生息するため広大なサーフからの釣りがメインとなり、サーフに適したロッドを選択したほうが釣果がアップします。

そこで今回は、サーフからのヒラメ釣りに最適な【おすすめヒラメロッド】について解説していきたいと思います。

目次

ヒラメロッドの選び方

今回は船で沖に出る釣りとは違い、サーフから狙う事を前提としています。

この場合、選ぶポイントは大きく分けて4つ。

長さ

ロッドの長さは飛距離に影響を与えます。

基本的にヒラメは足元ではなく沖の方で獲物を待ち伏せる傾向が高いため、サーフから狙うなら出来るだけ遠投したほうが有利

広大なサーフには、キャスト時に邪魔になる障害物が少なくいため

10フィート以上のサイズがベスト

ヒラメは以外と射程範囲が広いので、ルアーを思いっきりぶん投げて広く探るのが基本です。

硬さ

飛距離を出すために重いルアーを使用する必要があり、場合によっては50gサイズのメタルジグを使用する場面も出てきます。

さらに座布団サイズの大型ヒラメとなると、引きも強烈なため寄せるパワーも必要。

しかし、場合によってはワームの方が反応がイイ事もあるため硬ければいいってもんでは無いんですよね。

このため、硬さとしなやかさを合わせ持つ

Mクラス~MHクラスがベスト

この辺りがシーバスロッドでも代用できる原因です。

素材

ロッドが長くなるほど重量も増えるのは当然の事。

しかもルアーフィッシングではアクションが必要なため、重すぎるロッドでは疲労度に影響が出てしまいます。

このため、出来るだけ軽い素材であるカーボンが多く含まれるロッドで

自重は200g以下がベスト

少し値段は上がりますが、カーボン素材は感度や強度にも影響が出るため多い方が釣果に繋がります。

収納性

多くのルアーロッドは2ピース構造。

しかし、10フィートを越えるロッドとなると160cmほどもあり持ち運びには不便です。

車での移動なら問題ないでしょうが、それ以外ならマルチピース振り出しタイプのロッドも検討したほうがイイかもしれません。

1万円代で買えるヒラメロッド

まずは手頃な値段で購入できるエントリーモデルのヒラメロッドを紹介しましょう。

メジャークラフト(Major Craft) 3代目クロステージ SURF

メジャークラフトからのエントリーモデル。

柔らかめのティップでルアーの操作がしやすく、カーボンを巻き付けたクロスフォース製法で寄せてくるパワーも十分。

45gまでのルアーが投げられる強度がありながら、自重は180g前後の軽さを誇ります。

PEラインが絡みにくいKガイド使用で、1万円台前半で買えるヒラメロッドとして人気が高いです。

アブガルシア(Abu Garcia) ソルテースタイル フラットフィッシュ

アブガルシアからのエントリーモデル。

カーボン含有率も98%と高く、X状に巻き付けれれたブランクスはキャスト時の捻じれを防ぎパワーも十分。

ガイド部分は小口径のKRガイドが採用され、軽量化に加え感度も高いため小さなアタリも見逃しません。

42gまでのルアーが扱え、名前の通りヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュに特化したロッドに仕上がっています。

ジャクソン(Jackson) オーシャンゲート サーフ

ジャクソンからのエントリーモデル。

45gまでのルアーが扱えて全長が11フィートもある事から、抜群の遠投性を誇るロッド。

中弾性カーボンを使用しているため、しなりやすく初心者でも思いルアーが投げやすいのが特徴。

さらに綺麗な曲がりで大物でも楽に寄せてこられるのもメリット。

サーフ釣りに必要な要素が全て詰まったロッドで、初心者の最初の1本に適したロッド。

シマノ(SHIMANO) 21 ムーンショット

大手メーカーシマノからのロッド。

元はシーバス用ですが、50gまでのルアーが扱えヒラメやマゴチも狙える遠投性の高いサーフロッド。

シマノ独自の強化構造ハイパワーXにより操作性・飛距離・パワーと3拍子揃ってスキがありません。

トップガイドにはSicリングが採用されていて、1万円台では最強ともいえるヒラメロッド。

2万円代で買えるヒラメロッド

予算が2万円ほど出せるなら性能は更に上がります。

コスパ的に最も適しているのはこのクラスと言えるでしょう。

ジャクソン(Jackson) サーフトライブ ハリバットモデル

ジャクソンからのヒラメ専用ロッド。

名前の通りバット部分の張りが強く、45gまでの重いルアーが扱えます。

40tカーボン素材をメインに使用したブランクスは、剛性と反発力が高く大物相手でも負けないパワーを実現。

さらに、薄型sic-sガイドは軽くてライン抵抗が少ないため遠投性も文句なし!

必ずヒラメが釣れるロッドがコレでしょう。

シマノ(SHIMANO) 熱砂 ネッサBB

シマノからのヒラメ専用ロッド。

3ピース構造で仕舞寸法は110cmとコンパクトでありながら、自重は185gの軽量な仕様となります。

ハイパワーX構造によりキャスト時のネジレを軽減し、柔らかめのブランクスは様々なルアーがキャストしやすいのが特徴。

リールシートにはCI4+が採用され、高い感度と操作性を誇ります。

初心者が買って損のないロッドがコレでしょう。

ダイワ(DAIWA) オーバーゼア AIR

ダイワが誇るサーフ専用ロッド。

高密度HVFカーボンを使ったハイパワーX45構造は、60gまでの重量ルアーでも振り抜き感は抜群。

それでいて、不意の大型青物相手でもパワー負けする事はありません!

トップガイドに採用される軽量チタンSicガイドと、グリップ部分に採用されるエアセンサースタンダードグリップによる繊細な操作と感度を実現せています。

赤と金の見た目もカッコいい私の一押しヒラメロッド!

ジャッカル(JACKLL) BRS-S106M-SURF

ジャッカルからのサーフ専用ロッド。

こちらのロッドも3ピース使用で111.5cmに収納でき、ルアーウエイトも45gまで扱う事が可能。

マイクロピッチ製法で圧力をかけて巻き上げたカーボンブランクスは、パワーと軽量化を実現し大型のヒラメも難なく寄せる事ができます。

グリップエンドにも強度の高いBRCが使われ、安定したファイトが楽しめるのも特徴。

トップガイドには、もちろんSicリングが装備されています。

3万円代で買えるヒラメロッド

予算が3万円を超えると、ハイエンドモデルに引けを取らない性能が手に入ります。

初心者だけでなく、上級者でも納得のスペックを誇るのがこのクラス。

アピア(APIA) グランステージSTD

アピアからのヒラメロッド。

多積層バイアス工法という独自の製法で作られたブランクスは、安定した飛距離と操作性を実現し50gまでのルアーがキャスト可能。

ガイド部分は、ステンレスフレームにSic-sリングが採用され軽量化と感度も高く設計され、ソリッドティップの効果も相まって繊細なアタリも逃がしません!

ダブルナットで固定するため、リールが緩みにくい所も良いですね。

テンリュウ(天龍) パワーマスター サンドウォーカー

天龍からのヒラメロッド。

シーバスロッドとショアジギングロッドの中間設計され、サーフからフラットフィッシュを狙う事に特化した設計となっています。

50gまでのルアーを扱う事ができ、しなやかなブランクスはルアーの重みをしっかりとロッドに乗せて遠投する事が可能。

ステンレスフレームにSicリングを採用し、喰い込みやすいティップは波打ち際でのバラシが少ない所も釣果アップにつながるポイントです。

塗装しないアンサンド仕様もカッコ良く、性能も見た目も満足のヒラメロッド!

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) アーリー・フォーサーフ

ヤマガブランクスからのヒラメロッド。

MMHという特殊な硬さは、M(ミディアム)とMH(ミディアムヘビー)の中間ぐらいという意味です。

50gまでの重量ルアーだけでなく、繊細に仕上げられたティップは8g程度の軽量ルアーまで使えて喰い込みもいいのが特徴。

ガイドはSic-sリングに加えてチタンフレームが採用されたハイスペック。

硬めのバットによりキャストもファイトも満足でき、いろんなルアーが使える万能ヒラメロッドと言えます。

シマノ(SHIMANO) 熱砂 ネッサ XR

先ほど紹介したネッサBBの上位モデルのロッド。

3ピースでコンパクト収納はもちろん、スクリューロックジョイントにより抜けにくく外しやすい構造がポイント。

カーボンテープをクロスに巻き上げたスパイラルXコアは、強度と安定性が高く大物とのやり取りも不安がありません。

さらに中が空洞に作られたカーボンモノコックグリップは、軽量化に加えて高い感度を実現しているため繊細なアタリも逃がさずキャッチ。

上級者でも納得できる高クオリティーなロッドと言えます。

おすすめヒラメロッドのまとめ

サーフから高級魚であるヒラメを釣り上げる!

このためには、ヒラメに適したロッドを準備する事が大事なんですよね。

その条件をもう一度まとめると

おすすめヒラメロッドの条件
  1. 遠投性を高めるため10フィート以上の長さ
  2. いろんなルアーが使えるM~MHの硬さ
  3. 疲労を軽減する200g以下の軽さ
  4. コンパクトに運べる収納性

今回、紹介したロッドは全ての条件を満たしています。

このため、どれを選んでも

買うんじゃなかった!!

という後悔はありませんので安心してください!

中でも私の一押しロッドはコチラです↓↓↓

是非ともサーフから座布団サイズのヒラメをゲットしてください!!

ヒラメロッド コスパ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次