ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

サーフからヒラメが釣れる!コスパ最強の【おすすめヒラメリール10選】

高級魚の一種であるヒラメは岸からでも釣れます。

わざわざ船で沖に出る必要が無く、年間を通して狙える事もあり近年では人気の高いターゲットとなっています。

しかし真下に落とす船での釣りと違い、広大なサーフでの釣りとなるとリール選びは慎重になる必要があるんですよね?

では、ヒラメ釣りにはどんなリールを選べばいいのか?

そこで今回は、サーフから座布団サイズのヒラメを釣り上げるために必要な【おすすめヒラメリール】について解説していきたいと思います。

目次

ヒラメリールの選び方

サーフからヒラメを狙う場合、使用するルアーや環境などの影響が大きく安いリールでは負担に耐えられない可能性があります。

ですので、最低でも1万円以上のリールから選択する事が望ましいと言えるでしょう。

サイズ

リールのサイズというのはスプールの大きさの事。

スプールが与える影響は、ラインが多く巻ける事と摩擦抵抗が少なく飛距離が出せる事。

サーフからのヒラメ釣りでは遠投する事が大事で、基準となる目安として最低でも1.5号のPEラインが200m巻ければ大丈夫です。

万が一、青物がかかる事を考えると300m巻ければ安心。

ベストなサイズは

4000番クラスのサイズ

これより小さくなるとラインキャパが足りなくなり、不意に青物などが掛かった場合に逃げす可能性があります。

逆に大きくなると重量が増える事になり、疲労度に影響が出てしまい体力的にきつくなります。

重量

サーフからのヒラメ釣りでは、10フィートクラスのロッドを使うため重量がかさんでしまいます。

さらに重いルアーを投げて・巻いてを繰り返すため軽い方が疲労度が軽くなります。

サイズは同じでも使用される素材によって重量が大きく違う事もあるため注意が必要。

ベストな重さは

250g以下

最低でも300g以下のリールを選択しましょう。

たかが数十グラムでも、何度も投げているうちに疲労は蓄積されるんですよね。

耐久性

サーフからのヒラメ釣りでは、40g前後の重いプラグやメタルジグを投げ続ける事になります。

掛かるヒラメも70cmを越えるような座布団サイズも存在し、たまにブリのような青物もかかる場合もあります。

こういった大物を寄せるには

パワーと耐久性が必要不可欠

ライトゲームなどとは違い過酷な釣り環境になる事を考えると、最も大事な要素といっても過言ではありません!

あまりにも安すぎるリールは耐久性に不安があり、負担に耐えられない可能性があるため注意が必要です。

ギア比

サーフからのヒラメ釣りでは、ルアーが波の影響を受けやすいのが特徴。

ルアーは前からの水の抵抗を受けて泳ぐように設計されています。

つまり、寄せてくる波よりも早く巻かないとルアーは綺麗に泳いでくれないんです。

このため1回の糸巻き量が多い

ハイギア・エクストラギアがベスト

早く巻けるという事はルアーが見切られにくく、アタリがあった場合に素早くフッキングさせやすい事もメリットと言えます。

エサ釣りでは『ヒラメ40秒』と言われますが、ルアーフィッシングの場合は即アワセが基本なんですよね

初心者向け!コスパの高いヒラメリール

ここからは、予算2万円以下のおすすめリールを紹介します。

最近のリールは、お求めやすい価格帯でありながら高性能なモノが多くなりました。

シマノ 21アルテグラ  4000XG

シマノの中でも長い歴史をもつアルテグラ

基本スペック
  • 重量:270g
  • 巻上長/回転:101cm
  • PE糸巻量:1.5号-320m

マイクロモジュールギアⅡサイレントドライブが搭載され、強くて滑らかな巻き心地を実現。

前作ではコアプロテクトだった耐水機能も、Xプロテクトへと進化し更なる耐久性も手に入れています。

それでいてボディにはCI4⁺が採用された事で軽量化にも成功。

搭載されるテクノロジーは上位モデルにも引けを取らない高性能なリールと言えます。

ダイワ 21フリームス LT4000-CHX

ダイワから発売されるエントリーモデルのフリームス

基本スペック
  • 重量:235g
  • 巻上長/回転:99cm
  • PE糸巻量:1.5号-200m

ダイワの新技術であるマグシールドが搭載されるのは、このフリームスからとなります。

LT(ライト&タフ)をコンセプトとしていて、新素材のカーボンハイブリット樹脂のZAION Vで作られたボディは圧倒的な軽さを誇り、それでいて丈夫に進化しています。

内蔵されるタフデジギアは、大物の強い引きのも耐えられる強度で安心。

1万円台前半で入手できるリールとあってコスパで選ぶならコレでしょう。

ダイワ 19レグザ LT4000D-CHX

ダイワの中でもボディ剛性に優れたレグザ

基本スペック
  • 重量:275g
  • 巻上長/回転:99cm
  • PE糸巻量:1.5号-430m

アルミニウムを採用した高剛性のメタルボディマグシールドは、過酷な釣りにも耐えれれるタフさを実現。

もちろんタフデジギアも搭載され、内部の耐久性も文句なし!

大物と戦う事を前提として造られているため、ブリクラスの大型青物が掛かっても難なく対処する事が可能です。

ショアジギングにも流用できる大物を釣るために特化したリールと言えます。

シマノ 19ストラディック 4000XG

シマノの中でもコスパ最強と呼び声が高いストラディック

基本スペック
  • 重量:280g
  • 巻上長/回転:101cm
  • PE糸巻量:1.5号-320m

人気機種であったバイオマスターの後継機として開発されたリールで、全てにおいて前モデルを上回る性能を誇るリールへと進化しました。

最高機ステラ・ヴァンキッシュにしか搭載されなかったマイクロモジュールギアⅡサイレントドライブ、さらにロングストロークスプールが搭載され発売当初は「ほぼステラ!」と絶賛されたリール。

ワンピースベールも使われライントラブルも皆無で、滑らかな巻き心地とパワーは一度使えば病みつきになること間違いなし!

ダイワ 21カルディア LT4000-CXH

ダイワの中でコスパに優れるリールがカルディア

基本スペック
  • 重量:230g
  • 巻上長/回転:99cm
  • PE糸巻量:1.5号-200m

高密度カーボン素材であるZAION Vをボディだけでなくローター部分にも使用し、徹底的に軽さと剛性を追求したモデル。

モノコック構造で作られたボディは、ネジやつなぎ目が無いため内部のスペースが広く大口径のギアを使用できるメリットがあります。

さらに内蔵ギアにはマシンカット工法で作られたタフデジギアが採用され、大物相手でも力負けしないハイパワーを実現。

ストッパーも排除され防水性能が高められているのも良い所。

ぶっちゃけ、2万円以下では私の一押しリールです!

中級者向け

予算が2万円以上だせるなら、かなりハイスペックなリールが購入できます。

このクラスになると、初心者だけでなく中級者でも納得できる性能。

シマノ 20ツインパワー 4000XG

30年以上の歴史を誇るシマノの人気モデルがツインパワー

基本スペック
  • 重量:260g
  • 巻上長/回転:101cm
  • PE糸巻量:1.5号-320m

シマノのコアソリッドシリーズで、HAGANEボディを採用する事により軽量化に成功。

しかしローター部分は金属となり、ネジレや歪みを抑制され巻上力やドラグ性能が向上しています。

他のシマノリール中で金属ローターが使われているのはステラのみ。

さらに内部にはマイクロモジュールギアⅡサイレントドライブが組み込まれ、シルキーな巻き心地は重いルアーでも軽々巻けます。

まさに大型相手に特化したリールと言えるでしょう。

ダイワ 20ルビアス LT4000-CXH

LT(ライト&タフ)コンセプトの到達点と言われるリールがルビアス

基本スペック
  • 重量:215g
  • 巻上長/回転:99cm
  • PR糸巻量:1.5号-200m

ZAIONNモノコックボディZAIONエアローターで軽さとレスポンスに優れたリール。

その軽さは215gと圧倒的!

内蔵された大口径のタフデジギアは巻き抵抗の大きいルアーが操作しやすく、大物をグイグイ引き寄せるパワーにも不安なし!

継ぎ目のない一体型ベールが採用されライントラブルは皆無であり、パーフェクトラインストッパーは太いリーダーもガッチリ止める事ができます。

中級者~上級者でも満足のリールと言えるでしょう。

シマノ 20ヴァンフォード 4000XG

クイックレスポンスシリーズのハイスペック機であるヴァンフォード

基本スペック
  • 重量:215g
  • 巻上長/回転:101cm
  • PE糸巻量:1.5号-320m

2020年に初登場したヴァンフォードは、新カーボン素材CI4⁺のボディにマグナムライトローターが組み合わされ軽さと強度を合わせ持つリールに仕上がっています。

内蔵されたマイクロモジュールギアⅡサイレントドライブで、巻き出しの軽さと優れた操作性を実現。

それでいて遠投性の高いロングストロークスプールが搭載されているため、近距離~遠距離まで全てのエリアを攻略できる汎用性の高いリール。

ぶっちゃけ、2万円台ではコスパ最強のリールと言えます。

ダイワ 19セルテート LT4000-CXH 

ダイワから販売されるミドルシップモデルであるセルテート

基本スペック
  • 重量:235g
  • 巻上長/回転:99cm
  • PE糸巻量:1.5号-200m

モノコックボディの素材にはアルミニウムが使用され、高い耐久性が自慢のリール。

マグシールドも搭載されストッパーを排除する事で防水性も文句なし。

それでいてローターは、新素材ハイブリット樹脂であるZAIONで軽さも損ないません。

軽すぎず重すぎない巻き心地と、パワフルで強いトルクを感じる上級者でも使えるバランスンの取れたリールと言えます。

シマノ 19ヴァンキッシュ 4000XG

クイックレスポンスシリーズの最高峰であるヴァンキッシュ

基本スペック
  • 重量:200g
  • 巻上長/回転:101cm
  • PE糸巻量:1.5号-320m

マグネシウム素材のHAGANEボディが採用され、アルミ製よりも軽さと強度がアップ。

ハンドル部分にはカーボン素材であるCI4⁺が使われ、更なる軽量化に成功し自重は200gと驚異的な軽さを実現しました。

軽さの恩恵は感度が高くなり事で、潮の流れや地形の変化を感じやすいためサーフに適したリールと言えるでしょう。

それ以外にもマイクロモジュールギアⅡサイレントドライブなど、シマノの最高峰の技術がふんだんに使用され上級者でも不満のないスペックに仕上がっています。

価格はしますが購入して損の無い最高峰リールがヴァンキッシュ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次