どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

コレがあればキャンプ飯は豪華に!【おすすめツーバーナー】

大自然の中で食べる食事は格別なもの

BBQだけでも十分楽しめますが、だと着火や後片付けが大変だったりと何かと手間がかかってしまいます

そんな手間を省き料理の幅を広げてくれるアイテム

ツーバーナー

名前の通り2つの焚口がついていて高い火力と堅牢なゴトクを装備し、家庭のキッチンと変わらない程の性能を持っているのが特徴

つまり

片方で焼き物をしながら、片方で煮物を作る

といった2種類の料理が同時に出来てしまうため、大人数レジャーでは大活躍すること間違いなし!!

そこで今回は【使いやすいツーバーナー】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  • ツーバーナーの特長
  • 燃料の違い
  • ツーバーナーを選ぶ基準
  • おすすめツーバーナー
目次

ツーバーナーとは?

簡単に言うと携帯できる火元が2つあるコンロの事

アウトドアだけではなく家庭での使用も可能で、自宅で『鍋&たこ焼きパーティー』を一つで楽しめるアイテムです

メリット

最大のメリットは火力の調整が簡単な事でしょう

炭火と違いツマミを操作するだけで【弱火~強火】まで、微妙な火加減を簡単に調節できるのは魅力

そして、幅が広く安定性があり大きめの鍋やフライパンも使用できるのため、一度に作れる量が多くなるので大人数でも安心です

また、燃料を使用するため着火が早く時間が大幅に短縮できます

ツーバーナーのメリット
  • 火力が調整しやすい
  • 多くの料理が作れる
  • 時間が短縮できる

デメリット

最大のデメリットは燃料が切れたら終わりな事でしょう

炭火と違い本体のみで燃え続ける事が不可能ですので、燃料切れを起こさないよう十分な予備が必要となります

そして、2つのコンロとなるとそれなりの重量になってしまい、そこに燃料も含めると持ち運びが不便な所も残念なポイント

また家庭用コンロのようにゴトクがあるため、使用後の掃除がしにくいこともデメリットです

ツーバーナーのデメリット
  • 燃料が必須
  • 重たい
  • 掃除がしにくい

燃料の違い

炎を扱うため必ず燃料が必要となり、その種類は2種類あります

バーナーの燃料
  • ガス式
  • ガソリン式

市販されているツーバーナーの多くはガス燃料ですが、それぞれにメリット・デメリットがあるため自分のスタイルに合ったツーバーナーを選びたい所

日帰りのレジャーではなく泊りキャンプを計画しているなら、ランタンの燃料と揃えた方が荷物も減らせて使いまわしが出来るため経済的です

ガス燃料

同じガス燃料でもCBODとあります

燃費はおよそ1時間あたり500円

CB(カセットボンベ)缶

家庭用のカセットコンロでも使用されている燃料で、コンビニでも手軽に購入でき交換も簡単なため初心者にも扱いやすいのがメリット

しかし寒い季節や地方の場合だと、ガスが冷えてしまい火力が安定しない事がデメリット

OD(アウトドア)缶

アウトドア専用に作られたガス缶で、寒い場所でも安定した火力を出せるように開発されているのがメリット

しかし販売されている限られ手軽に購入できない事や、余っても使いまわしが出来ないことがデメリット


どちらも缶に入っているため、使い終わったあとは分別してゴミに出す必要があります

ガソリン燃料

【ガソリン】といってもバーナーで使用するのは専用のガソリンで、車で使用するレギュラーガソリンとはちょっと違います

燃費はおよそ1時間あたり200円弱

車で使用するガソリンにはオクタン価を上げるために不純物が多いのですが、バーナーのガソリンは不純物を取り除いたワイトガソリン】というものを使用します(一部、レギュラーガソリンを使用出来るモノもありますが)

ガス式に比べて気温に関係なく安定した火力が出せる事や、燃費が良くコスパが高いのがメリット

片方がメインで片方がサブという扱いで、双方に火力の差をつける事により料理の幅が広がります

しかし着火のたびにポンピングをする必要があったり、使用後にガソリンを抜き取ったりと面倒な作業が多いのがデメリット


初心者は危険が多くベテランキャンパー向きと言えます

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

選び方

それでは実際に購入する際

どういった基準で選んだらいいのか?

この辺りを解説していきましょう

火力

火力が高い方が料理時間が短縮されます

一般的な家庭用コンロの火力は3500kcalぐらいで、これだけあれば料理好きの方も不満を感じないレベル

燃料によって差が出やすく、家庭用コンロを基準とすると

火力の違い
  • CB缶ガス:家庭用コンロ以下が多い
  • OD缶ガス:家庭用コンロ以上
  • ガソリン:メインとサブで万能

弱火の調整は簡単ですので、最低ラインは2500kcalぐらいは欲しい所

これぐらいなら不満を感じる事は無いでしょう

使い勝手の良さ

2つの焚口を備えているため、大人数のレジャーでも対応が可能ですが大型になり重さが気になるところ

女性だけでのレジャーも考えられますので、できるだけ軽い方が準備は楽になります

そして、ほとんどのツーバーナーは風を避けるための【風防】が取り付けられていますが、外せたり広げたりできるタイプの方が便利

これなら大型のフライパンや鍋も使用できるため料理の幅を広げる事ができるでしょう

使いやすいツーバーナー
  • できるだけ軽い
  • 風防を調整できれば料理の幅が広がる

さらにダッチオーブンも使用可能なタイプなら完璧!!

大自然の中でパーティーが開けるほどの豪華料理が作れますよ

おすすめツーバーナー

ここからは【おすすめツーバーナー】を幾つ紹介していきたいと思います

どれも使いやすく人気の高いツーバーナーですので、あなたのレジャーを快適にしてくれること間違いなし!

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナーUS-1900

基本スペック
  • 火力:3000kcal
  • 重量:3.9kg
  • 燃料:CBガス

火力は一般のカセットボンベの数値で、専用のプレミアムガスを使用すれば3900kcalの高火力

汁受け部分が手前に傾斜しているためお手入れもしやすく、風防も取り外せて30cmサイズの大型鍋も使用できるのも魅力です

無骨なシルバーのボディで、アタッシュケースみたいになる収納スタイルも人気のポイント

ゴトク部分が若干滑りやすいので注意!

ソト(SOTO) レギュレター2バーナー GRID ST-526

基本スペック
  • 火力:2500kcal
  • 重量:2.25kg
  • 燃料:CBガス

収納バッグ付きで最も軽量なツーバーナー

ガスボンベを横向きに取り付けるシステムで、高さも11.6cmという超薄型サイズを実現したモデルです

ガスの圧力を調整する【マイクロレギュレーター】が搭載されていて、気温の低い場面でも安定した火力を出せるのも魅力

平坦な形状でお手入れも簡単です

イワタニ(Iwatani) フラットツイングリル CB-TBG-1

基本スペック
  • 火力:2800kcal
  • 重量:7.7kg
  • 燃料:CBガス

家庭用コンロでおなじみのイワタニ製

足のないフラットな形状でアウトドアだけでなく家庭でも使いやすいツーバーナーで、ガス交換も慣れている方も多いのではないでしょうか?

蓋は取り外せば大型鍋も使用可能で、安全装置も搭載されていているため拭きこぼれも安心です

重量が重いのが残念なポイント

コールマン(Coleman) パワーハウス LPツーバナーナーストーブ2

基本スペック
  • 火力:3500kcal
  • 重量:4.2kg
  • 燃料:ODガス

人気のアウトドアメーカー【コールマン】のツーバーナーが、なんと1万円以下で購入できるのが最大の魅力

安くても高性能な所が流石はコールマン

高い火力が出せて風防の効果で風にも強いため、料理中に不便さを感じる事はほとんどないでしょう

折りたたむと7cmの薄さに収納でき、場所を取らず邪魔にならないのもポイント

初めてのツーバーナーにおすすめ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャー コンパクトガスツーバーナー M-8249

基本スペック
  • 火力:3000kcal
  • 重量:4.6kg
  • 燃料:ODガス

名前の通りコンパクトに折りたたんで収納が可能なツーバーナー

持ち運びには便利ですが、サイズが少し小さめなので大型の鍋やフライパンの使用は難しいかもしれません

しかし、拭き取りやすい形状で燃料交換も簡単なため初心者でも扱いやすいのが魅力

ガス管は奥までしっかりと差し込む事

プリムス(PRIMUS) P-COJ オンジャ

基本スペック
  • 火力:3500kcal
  • 重量:3.0kg
  • 燃料:ODガス

X状に開いて設置するオシャレな形のツーバーナー

高さが30cmもあり、スタンドを使用すると調理しにくくなりますので直置きのロースタイルキャンプ向き

わずか3kgの軽さとショルダーバッグのような収納スタイルで、扱いやすさはナンバーワンと言えます!

火力も高く火の周りも早いのですが、ゴトクの形状から大型鍋は不安で点火にはライターが必要です

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー液出し GS230

基本スペック
  • 火力:3000kcal
  • 重量:7.3kg
  • 燃料:ODガス

ガスカートリッジを逆さまに取り付けることでガスを液体で本体に送り込む【液出し】仕様のツーバーナー

このためガスが冷えにくく寒い季節でも安定した火力が出せるのがポイントで、あらゆる環境で使用できる高性能なツーバーナーと言えます

サイドの風防は角度が広げられるため、大型鍋にも対応可能で安定感も抜群

反面手入れがしにくく重いのが難点

コールマン(Coleman) パワーハウス ツーバーナーストーブ 120thアニバーサリー 413H

基本スペック
  • 火力:3650kcal
  • 重量:5.8kg
  • 燃料:ホワイトガソリン

ガソリン式といえばコールマンというぐらい有名なツーバーナー

左側のサブバーナーでも2750kclの火力が出せるので不便は感じないどころか、料理が得意な方なら逆に使いやすいと感じる事でしょう

燃料のホワイトガソリンは、コールマン純正なら不純物が極限まで減らされているためトラブルなく楽しめるでしょう

燃料タンクごとケースに収納でき持ち運びも便利です

最後に

今回は【ツーバーナー】について解説してみましたが、手間をかけずに料理の幅を広げられるのは魅力です

炭火でのBBQだけじゃ物足りない !

と、感じた方は検討してみてはいかがでしょうか?

もう一度、まとめると

ツーバーナーのまとめ
  • 燃料を使うので手間は省ける
  • 一度で多くの料理が作れる
  • 作れる料理の幅が増える
  • 家庭のキッチンに様に使える

料理が得意な方にとって、自然の中で自慢の手料理を振舞える事は幸せに感じる事でしょう

是非とも参考にして大人数のレジャーを満喫してください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる