ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

40歳からでも遅くない!貯金より積み立てNISAに満額ぶっこめ!!

今、いくら貯金がありますか?

金融庁の金融審議会【市場ワーキング・グループ】が発表した報告書によると、老後30年間(95歳まで生きた場合)の間で

2,000万円不足する

これを聞いて不安に思った方も多いのではないでしょうか?

調査によると、私のような40代の平均貯蓄額は650万円ほど(中央値は220万円)

となると、働ける残り20年間の間で

1,350万ほど増やさなければならない!

計算してみると、毎月60,000ほど溜めていかなければならず、なかなか難しい方もいるでしょう

でも、30,000なら?

もし大丈夫なら、今からでも遅くありません

積み立てNISAを始めて下さい

目次

積み立てNISAって何なのか?

2018年1月に金融庁が作り上げた制度で、優良な金融商品を積み立て投資する事で長期資産形成を目的とした制度の事

投資と言っても積み立てNISAで購入するのは投資信託(投信)と呼ばれる商品で、個別の株や債券とちがい少額から買う事ができて、世界中の様々な資産に分散して投資する事が可能です

簡単に言うと

金融商品の詰め合わせセット

どんなメリットがあるのか?

一般的に、投資で得た利益には20.315%の税金が課せられます

100万円の利益が出ても20万円は取られる

しかし積み立てNISAの場合、取引を開始してから最大20年間は利益に税金がかからずに運用できるんです

そして運用できる金額は年間40万円までで、月にすると33,333円となり

この金額なら満額行けそう!

もし満額行けたなら20年間で800万円を運用する事になり、これを元に世界の経済成長を助けて配当を得る事ができます

コレが老後の資産形成へのベストな方法

もし、急な出費が必要になった場合でも売却する事でいつでも現金化できるのもイイ所

投資と投機の違い

投資と聞くと

なんだか危ないんじゃないの?

と思ってしまう方は

投資と投機の区別ができていません

特に日本人にとって、お金の話をすると『いやしい』とか『きたない』などのイメージがあり、親や学校から教えてもらってないんですよね

投機とは?

代表的なのがギャンブルで、競馬や宝くじ等は売り上げの一部(競馬で75%、宝くじで50%)を的中者に還元するシステム

勝つ人も負ける人もいますが、全体の期待収益で見るとマイナスは確定で

基本的に負ける賭け

また、FX等の為替トレードも投機の一種

誰かが円を売ってドルを買う、違う誰かはドルを売って円を買うというシステム

この場合は、一方の損失が一方の利益になる事になり【ゼロサムゲーム】と呼ばれています

実際には売買手数料がかかるため、参加者全体としてはマイナス確定となり

基本的に負ける賭け

投資とは?

投機と違い、参加者全員が利益を得る可能性があるのが投資です

例えば、日本のある会社に株式投資したとします

企業は集まった資金を元に、新製品を開発したり設備を増やしたり、海外進出をはかったりして更なる売り上げを目指します

そうやって得た利益は

株主に還元されます

株に限らず債券や不動産も同様です

つまり投資とは

経済の成長に期待し資金を投じ、そこから利益を得る事

経済が成長した暁には、参加者全員が配当をもらえる事が最大のメリット

積み立て投資が有利なワケ

値動きする株価を毎月、一定額ずつ購入する事で平均的な価格で購入する事ができます

ドルコスト平均法

例えば、1口1万円の株式を購入するとします

これが来月5000円に、次に月には12,000円、次に月には8000円、最後に15,000万円と変動したとします

毎月1口ずつ購入すると

購入金額は50,000円で、持ち株数は5口

では、毎月1万円づつ積み立てで購入するとどうなるか?

初月は1口ですが、次の月には半額となっているので2口、次の月には0.83口、次の月には1.25口、最後は0.66口となり

購入金額は50,000円で、持ち株数は5.74口

同じ金額でもトータルの持ち株数に差が出る事が分かり、これを【ドルコスト平均法】といいます

つまり

株価が高い時は少なく買い、株価が安い時は多く買う

そんな買い方を自動でやってくれているという事

世界経済の成長

世界の経済は常に成長を続けています

一時的に見れば『ブラックマンデー』『リーマンショック』といった株価の大暴落もありましたが、どちらも数年で回復し更に大きく成長しています

つまり長期的な目で見れば

世界経済は右肩上がりに伸びている

となると投資期間が長くなればなるほど利益が上がっていく事になり、特に15年以上にわたる積み立て投資なら

いつ始めてもマイナスにはならない

20年間、非課税で運用できる積み立てNISAが有効な理由が分かって頂けたでしょう

分散の必要性

投資でのリスクとは価格の動き幅の事をさし、幅が大きい商品ほどリスクが高いと表現します

一般的に株式はリスクが高く、債券はリスクが小さいとされ、当然リターンとも直結するためリスクが高い方が利益も高くなるという事

このため

リスクの違う資産を複数持つことでトータルのバランスを取ることが大事

同じ株式でも『国内』『先進国』『新興国』があり、それぞれに値動きの幅は違いリターンも毎年のように順位が入れ替わっています

どれが上がるかは専門家でも見極める事が困難といわれているため

どれが上がっても利益が出るように分散する事

自分で資産運用しなければならない時代

政府が積み立てNISAを推奨する背景には

自分の老後資金は、自分で準備してください

つまり

国では面倒見切れないかも知れませんよ

という意味

高齢化社会と年金

医療技術の発達にともない、【人生100年時代】なんて言われるほど日本は長寿大国となっています

定年をむかえて働けなくなると、残りの人生での収入減は【年金】に頼るしかありません

しかしこのまま少子高齢化が進んでいくと、2050年には働ける人の1.4人で1人の高齢者を支える事になり

年金の目減りや払い損は間違いなし!

長生きはしたいけれど、資産が少ないと老後に破綻してしまう可能性が高いんです

銀行預金や保険は損

私が社会人になってからは、親によく

貯金しておきなさい

と言われていましたが、これは【バブル経済】の頃の話なんですよね

銀行の利息はスズメの涙

今から30年前は銀行の金利が6%以上と高く、なんと11年預けておくだけで2倍に増えていたんです!!

しかし現在のメガバンクでの金利は、わずか0.002%…

金利の高いネット銀行も増えてきましたが、高い所でも0.2~0.3%ぐらいが限界で

2倍にするには240年もかかってしまう

貯蓄型保険の罠

【個人年金】【養老保険】と呼ばれる保険商品で、掛けてきた保険料が無駄にならない事がメリット

こちらもバブル期には5%以上の予定利回りが約束されていましたが、現在では1~2%前後がほとんど

でも、銀行よりもいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、支払う保険料に秘密があり毎月の保険料の中には保険会社の経費が含まれている事なんですよね

つまり毎月3万円を保険料として払っていても、実際には

3万円-必要経費=積立金額

その結果、戻ってくるお金は銀行預金より少ない可能性もあります

どうやって積み立てNISAを始めるのか

取引口座が必要

銀行や証券会社で口座を開設する必要です

もし、すでに持っている方も別で【積み立てNISA口座】を開設する必要がるので注意

イメージとしては、証券口座が家で積み立てNISA口座が部屋みたいな感じですね

申込に必要な書類があり

  • 本人確認出来るモノ(運転免許証など)
  • 金融機関口座
  • マイナンバー

注意点として、積み立てNISA口座の開設には税務署の調査が必要となるため

開設するまで3週間ほどかかってしまう

なるべく早めに申し込んでおきましょう

投資信託のコスト

投資信託にかかる費用は主に2つ

  • 販売手数料
  • 信託報酬

販売手数料とは

金融商品の売買した時にかかる手数料で、証券会社の取り分となります

普通は1~3%ほど取られてしまい、積み立てるたびに手数料がかかり運用結果次第ではマイナスになる可能性もあります

しかし、積み立てNISAの場合は

無料(ノーロード)が対象条件

このため、無駄な販売手数料を取られる心配はありません

もし資金に余裕があり、一般の口座でも投信を考えてる場合には注意しましょう

無料の商品を選び、なるべく無駄なコストを抑えるようにしてください

信託報酬

売買に関係なく口座を管理してもらうだけでかかる費用の事

いわば家賃のようなもので、運用を続けている限り毎年かかってくるので気を付けたいポイントです

特に運用期間が長くなるほど差が大きくなり

1%の差でも結果が数十万円ほど変わってきます

僅か1%でも抑える事は、プラス1%で運用する事と同じ意味を持ちますので無駄なコストは省くようにしましょう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる