ショアからブリが釣れるロッド特集! コチラをCLICK!

愛車は自分の手で洗え!【手洗い洗車】で大事な5つのポイント

愛車がピカピカになると何だか出かけたくなるもので、車が好きな方にとっては洗車している時も楽しい時間


ガソリンスタンドなどに設置されている洗車機は、簡単に洗えて時間もかからず便利なんですがデメリットもあります

洗車機のデメリット
  • ブラシによる小傷が付きやすい
  • ミラーの下など洗い残しができる

特に新車で購入したばかりの車ですと小傷でも気になるもので「洗車は手洗い派」って方も多いと思います


しかし…

ベロ

間違ったやり方をしてしまうと余計に愛車を傷めてしまう事も…。

そこで、今回は手洗い洗車のやり方とポイントについて解説していきたいと思います

目次

洗車の準備

気が向いた時や休日の空いた時間に洗車する方も多いと思いますが、実は…

洗車にはタイミングというものがあるんです

ここでは洗車に必要な道具と、適したタイミングについて解説します

用意するもの

ボディの洗車に必要なものは4つ

洗車道具
  1. バケツ
  2. カーシャンプー
  3. スポンジ×2
  4. 拭き上げクロス
ベラ

なんで、スポンジが2つも必要なんですか?

洗車と言ってもボディだけを洗うモノではありません


車の足元も大事で、いくらボディがピカピカでもホイールが汚れていればカッコ悪いもの…。



そこで一緒に洗うため
ホイール用のスポンジを用意しておいてください

ベロ

足回りは油や金属片などが付着しているため、ボディとは別のスポンジを使わなければ塗装を傷める原因になるんです

そんな足回りを本格的に綺麗にしたいなら

ホイールクリーナーも準備しましょう

この5つがあれば愛車はピカピカに

洗車のタイミング

今日は天気がイイから、洗車でもしようかな

って方は多いと思いますが、実は曇りの方が洗車には適しているんです

太陽の光がボディのに当たることにより、表面の乾燥が進んでしまうとシミの原因となってしまうからです


同じ理由から気温の高さも影響してきますので、昼間は避け洗うなら朝か夕方がベストな時間帯



もう一つ気を付けたいのは
風です!!

風によって地面の埃や砂が舞い上げられ、ボディに付着してしまうと小傷の原因となってしまいます


いちばん洗車に適したタイミングは

天気は曇りで、風のない朝か夕方


出来るだけこのタイミングを狙って洗車することで、愛車へのダメージが軽減されることになりますので参考にしてください

表面をしっかり流す

ホイールクリーナーを準備している場合、まず最初にホイールに吹き付け5分ほど放置


その後、たっぷりの水を車の上部から掛けていきます



目的は表面に付着した埃や砂を落とす事



しっかり落とし切れていないまま擦ってしまうと小傷の原因となってしまうからです



このため高圧に出来るホースがあれば理想なんですが、一般的なホースしかない場合は先端を絞りながら

しっかりと圧力をかけて流す事

特に汚れが付きやすいのはホイールを含む足元付近


スポイラーやサイドステップなどは念入りに水を掛ける事が大事です

たっぷり泡を作る

汚れを落とすのに必要なのは洗剤…


なんですが大事なのは泡


泡がボディから汚れを浮かせて落としてくれる効果があり、バケツにカーシャンプーを規定量入れてかき混ぜましょう



キメ細かい泡の方が洗浄力が高くなる傾向があり、手でかき混ぜる程度ではイマイチな泡立ち…。



簡単に泡を作る為には

水圧で混合液を撹拌する事

水道なら蛇口を全開に、普通のホースなら出来るだけ先を絞って水圧でかき混ぜれば簡単に綺麗な泡が出来上がります


ただし、洗車場などに設置されている高圧ホースは使用しないように!



ほとんどの洗剤が飛び散ってしまいますから

擦るのではなく撫でる

キメ細かい泡が出来上がったら、スポンジで泡を掬い取りボディーへ乗せます


水分を含ませたい気持ちは分かりますが、表面の泡を掬い取ってください


そして、とり出した泡をボディーに乗せたら表面を包みこむ様に撫でましょう



決して力を入れずに優しく、優しく…。

一定の方向に動かす事

洗う時に円を描くように擦る方がいますがNG

ベロ

曲線は傷が目立ちやすくなってしまいますので直線的に撫でるように

ひと通りボディを洗い終わったらスポンジを交換し、最後は足回りに移ります


交換する理由は
先述したとおり

ベラ

足元の汚れは、ボディに悪影響だから別のスポンジを使うんですよね

1回の洗車でスポンジを使い捨てするのはもったいないですよね?


このためボディ用とホイール用の2つのスポンジを用意しておくことが経済的なんです

すすぎは念入りに

すすぐ際も水は上から流していくこと


洗剤がボディに残っているとシミムラの原因になるため念入りに流すようにしましょう



特に気を付けたいのは

ボディの隙間やパーツの継ぎめ部分は泡が残りやすいので要注意

気温が高い場合は乾燥が早くなってしまうので、面倒ではありますが部分ごとに洗っては流すを繰り返しましょう


その際も必ずボディの上から水をかけることで、他の部分の乾燥も防げますので全体に行き渡るように水をかける事

水滴は素早く拭きとる

丁寧にすすぎ終えたらボディに付着した水滴をふき取ります


この時は

時間をかけずに素早く拭き取る事

広げた状態のクロスをボディの上に広げ撫でるように優しく滑らしながら吸い取っていきます


そして今度は裏返にしてもう一度すべらせ、両面を使って吸い取ったら1度クロスを絞ります



水を含んだクロスのまま使用すると拭き取りが甘くなり、ムラになりやすいためこまめに絞りながら素早く拭きあげてくださ



ボディ全体を拭き終わったら、1枚づつドアを開けて

ピラー部分やステップ部分も拭き取る事

トランクハッチバック部分も同じで、ここを拭き忘れると開閉した時に水滴が垂れてきてしまいシミになってしまうからです

まとめ

以上の工程が手洗い洗車の流れとなります


もう一度、要点をまとめると

洗車の5ポイント
  1. 曇った日の朝か夕方
  2. たっぷりの水で表面を流す
  3. キメ細かい泡で撫でるように洗う
  4. すすぎは念入りに
  5. こまめに絞って素早く拭き上げ

簡単そうに見えて奥が深いのが手洗い洗車なんです


手間暇をかけて洗った車には、今まで以上の愛着を感じる事まちがいなし



一緒に思い出をつくり、素敵なカーライフを送りましょう

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック
車(全般)ランキング にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる