どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

ソロキャンプやアウトドアで活躍する【おすすめシングルバーナー】

キャンプや登山または釣りなどのアウトドアにおいて、火が使えれば快適なレジャーになります

枯れ木を集めて火を起こすのもアウトドアの魅力なんですが、コーヒーを飲んだりカップラーメンを食べるだけでわざわざ火を起こすのも手間がかかってしょうがないですよね

そんな時に、あると便利なアイテムが【シングルバーナー】

燃料を使用しワンタッチで安定した火力を出せるため大幅な時間短縮が可能です

しかし、販売されているシングルバーナーは種類がおおく

どんなシングルバーナーを選んだらいいか分からない

という方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は【シングルバーナー】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  1. シングルバーナーの選び方
  2. おすすめしたいシングルバーナー
目次

シングルバーナーを形で選ぶ

同じシングルバーナーでも形状に違いがあり、それぞれにメリット・デメリットが存在します

形の違いは大きく分けて一体型分離型の2種類

一体型

燃料缶に直接バーナーを取り付けるタイプ

学生の頃、理科の実験で使用したアルコールランプみたいな形のものが多いですね

部品が少なく軽量でコンパクトで持ち運びが便利なため、なるべく荷物を減らしたい方に向いています

しかし、安定性が悪く大型の鍋やフライパンを使った調理は難しいため、お湯を沸かすなどの簡単な調理に使用します

分離型

燃料缶とバーナーをホースで繋ぐタイプ

重心が低く安定性があり、大型の鍋やフライパンも使用できるため大人数にも対応できます

一体型よりも燃費は悪くなりますが高い火力が出せるモノが多いのも特徴

しかし、部品が多くコンパクトに収納できないため持ち運びには不便さを感じます

形で選ぶ基準は?

目的によって選ぶのが基本です

一体型に向いているタイプ

コーヒーを入れたり、カップラーメンを食べたりするぐらいならお湯を沸かすだけでいいので一体型で十分

携帯に便利な所からソロキャンプやツーリングキャンプにも最適です

分離型に向いているタイプ

焼き物や炒め物など、こだわった料理をしたいなら分離型が必要

大人数でのレジャーでも活躍してくれます

しかし

大人数ならツーバーナーの方がいいのでは?

と思う方も多いと思いますが、状況次第ではシングルバーナー2つの方が便利な場合もあるんですよ

シングルバーナーを燃料で選ぶ

使用する燃料にも違いがあり、それぞれにメリット・デメリットが存在します

燃料の違いは大きく分けてガスガソリンの2種類

ガス

実は同じガスの中でもCB缶とOD缶の2種類があり、使い切った後の交換が簡単に出来ますが缶のゴミが出ます

CB缶

カセットボンベの事で、一般家庭で使用するカセットコンロと同じ燃料です

コンビニや100均でも手軽に購入でき、余っても家庭で使用できる万能性がメリット

しかし、外気温の影響を受けやすく寒いと火力が安定しない事がデメリット

OD缶

アウトドアの事で、家庭内ではなく自然環境の中で使用できるよう専用に開発された燃料です

専用設計だけあって、CB缶よりも高い火力を寒い環境でも安定して出せるのがメリット

しかし、購入できる店舗が限られ同じくODガス専用のギアでしか使いまわしが出来ないのがデメリット

ガソリン

ガソリンは、外気温に影響を受けにくく安定した火力を出せますが、着火時のポンピングなどの手間がかかってしまい初心者向きではありません

ホワイトガソリン

一般的なガソリンはピンク色ですが、純粋な石油成分のみで作られているため透明な色をしています

煤の発生が少なく詰まりなどのトラブルが少ないのがメリットですが、ガソリンスタンドでの購入が難しく(買えても大量になる)専門店など取り扱い店が少ないのがデメリット

レギュラー・灯油

普通のガソリンスタンドで購入でき、車や家庭用ストーブにも使えるためコスパ最強と言える燃料

車で行うオートキャンプなら不意の燃料切れでも対応でき、目的のないバイク旅でも燃料に困る事は無いでしょう

しかし対応しているアイテムが少ない事が難点です

燃料で選ぶ基準は?

経験値で選ぶのが基本

初心者ならあまり過酷な環境でのレジャーに挑まないと思われますので、着火や燃料交換の手間が少ないガス燃料の方が快適に過ごせます

徐々にレジャーに慣れて、環境や火力に不満が出てくる様になったらガソリン燃料にチェンジすればいいでしょう


泊りキャンプに使用したい方は、ランタンと燃料を合わせるようにすれば使いまわしが出来るため経済的です

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

おすすめ一体型シングルバーナー

まずは一体型シングルバーナーをご紹介します

ソロキャンプやツーリングキャンプ目的や、初めてのバーナー選びの参考にしてください

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オーリック 小型ガスバーナー M-7900

基本スペック
  • 燃料:ODガス
  • 火力:2700kcal
  • 重量:300g

値段で選ぶなら【キャプテンスタッグ】のシングルバーナー

バーナーは炎が中心に集中するものが多いのですが、コチラは家庭のコンロのように外側に向いて広がります

そのため、焦げ付きにくくじっくりと調理しやすいのが高ポイント

シンプルな構造で入門機としては最適です

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

基本スペック
  • 燃料:CBガス
  • 火力:2300kcal
  • 重量:274g

家庭用コンロでお馴染みの【イワタニ】製のシングルバーナー

ゴトクの形状が独特のカッコよさがあり、風防の役割も果たしてくれるので風も問題なし

燃料缶を横向きに取り付けるので、重心が低く安定感も高いのもメリット

軽量で専用ハードケースも付いてこの値段は買いですね!

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー IP-2243PA

基本スペック
  • 燃料:ODガス
  • 火力:3600kcal
  • 重量:253g

スウェーデン発祥の燃焼器具ブランドである【プリムス】のシングルバーナー

ゴトク部分がX状に仕切られ風が通り抜けにくい構造のため、1区画の火が風で消えても残りの3区画は消えずに残せます

この軽さで家庭用コンロを上回るほどの高火力でありながら、炎が外側に広がり焦げ付きにくいのもポイント

若干、安定感が悪いのが難点…

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

基本スペック
  • 燃料:CBガス
  • 火力:2500kcal
  • 重量:350g

バーナー製造に定評のある新富士バーナー【ソト】のシングルバーナー

ボンベ内の圧力を調整する【マイクロレギュレーター】を搭載し、外気温や使用環境に左右されず安定した火力を出し続ける事が可能

低重心で大型鍋にも対応し、収納袋も付いてます

しかし形状から足の部分に熱が伝わりやすく、シリコンチューブでの熱対策は必要!

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー GS-600

基本スペック
  • 燃料:CBガス
  • 火力:2100kcal
  • 重量:1.4kg

人気アウトドアブランド【スノーピーク】から販売されているシングルバーナー

コチラもガス缶を横向きにセットでき、ゴトクの足部分が広く大きめの鍋でも安定性は抜群です

一流メーカだけあって品質は文句なく、筒状に収納できるスタイルがギミックの様でカッコよく男心をくすぐるアイテム

スノーピーク純正のボンベを使えば、さらに快適に使用できます

コールマン(Coleman) シングルガスストーブ120A

基本スペック
  • 燃料:ODガス
  • 火力:2150kcal
  • 重量:2.3kg

ちょっと番外偏となりますが【コールマン】のシングルバーナーを紹介

その形状は家庭用コンロで携帯性はありませんが安定感は文句なく、足をたたんで直置きも出来るため屋外も屋内も使用できる万能性がポイント!

20cmサイズのダッチオーブンも使用可能で料理の幅が広がりますよ

プラスチックの専用ケースも付いてます

おすすめ分離型シングルバーナー

ここからは分離型シングルバーナーをご紹介

中にはガソリン燃料も存在しますので、今のバーナーよりもグレードアップを考えている方も参考になると思います

イーピーアイ(EPI) APSA-3ストーブ

基本スペック
  • 燃料:ODガス
  • 火力:3360kcal
  • 重量:425g

埼玉県にあるユニバーサルトレーディングという会社が運営するブランド【EPI】のシングルバーナー

重心が低く、ステンレス製の3本ゴトクは回転幅によって2段階に調整が可能で安定感は抜群

ガスの気化を促進させる【LFA機構】で火力も安定します

着火スイッチがガス缶側にあり、初心者でも安心して操作が可能

ソト(SOTO) フュージョン(FUSION) ST-330

基本スペック
  • 燃料:CBガス
  • 火力:2500kcal
  • 重量:245g

ガスバーナーと言えば【ソト】で間違いなし!

お馴染みの【マイクロレギュレーター】で、ボンベ内の圧力を調整し安定した火力を提供できるシングルバーナーです

すり鉢状で風にも強く、4本足のゴトクは最大直径16.5cmとなり大型鍋にも対応可能

しかし、コチラも足の熱対策は必須です

スノーピーク(snow peak) ヤエンストーブ ナギ GS-360

基本スペック
  • 燃料:ODガス
  • 火力:2800kcal
  • 重量:209g

独特の形状の分離型シングルバーナーは【スノーピーク】

足の部分は数枚のパネルから形成され風防効果と高い安定性を実現し、あらゆる環境に対応できるシングルバーナーです

ゴトクの直径は最大21cmあり、大型鍋も使用でき2段階の高さ調整も可能

細かいパーツに分かれるため、プラモ好きにはたまらないアイテムでしょう

プリムス(PRIMUS) ウルトラ・スパイダーストーブⅡ P-155S

基本スペック
  • 燃料:ODガス
  • 火力:3000kcal
  • 重量:210g

燃焼器具メーカー【プリムス】から販売される分離型シングルバーナー

ゴトクの先端部分は最大直径は16.8cmまで広げる事が可能で、X状に取り付けられているため風防効果も高いです

燃料缶と繋がるホースは【プレヒートパイプ】が採用され、ガスの気化を促進させ火力を安定させる効果があるのもポイント

軽量でありながら高火力な所もおすすめです

エムエスアール(MSR) ドラゴンフライ

基本スペック
  • 燃料:ガソリンを含む液体燃料
  • 火力:2192kcal
  • 重量:395g

マウンテン・セーフティー・リサーチの頭文字を取った【MSR】からの分離型シングルバーナー

DGジェットでレギュラー・ハイオク・ホワイトガソリンを、DKジェットで軽油・灯油と2つのジェットであらゆる液体燃料に対応できるのがポイント

2つのバルブで火力の微調整が可能で、まさにガソリンスタンドさえあれば何処でも行ける無敵のシングルバーナーです

燃料ボトルは別途で購入が必要!

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

基本スペック
  • 燃料:ODガス・ガソリン
  • 火力:3000kcal
  • 重量:448g

燃料を選ばずマルチに使用できる分離型シングルバーナーが【ソト】から販売されています

ポンプとバルブがセットになっているためガスでもガソリンでも使用可能で、ガソリンはレギュラーガソリンも使用可能

ODガスを逆さにセットする事で液体ガスをダイレクトにバーナーへ送ることができ、寒い中でも安定した火力を出せるのもポイント

300個の炎口すり鉢状のヘッドで風も問題なし!

最後に

ソロキャンプや一人のレジャーなら、このシングルバーナーがあれば快適に過ごせる事が分かって頂けたと思います

選ぶ基準をもう一度おさらいすると

シングルバーナーの選び方
  • 使用目的で一体型か分離型を決める
  • 初心者はガスの方が使いやすい
  • 泊りキャンプならランタンと燃料を揃れば経済的

ぶっちゃけ使ってみないとギアの良さって分からないんですよね?

ですので今回は

買って損の無いシングルバーナー

について解説してみました

個人的に、私自身がおすすめしたいシングルバーナーはコチラ

迷った時は

これを買っとけ!!

ってレベルの高さですよ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる