ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

バイクが左側に転倒!!チェンジペダルが曲がったらどうすればいいのか?

先日、近所のコンビニまでバイクで行った時の話

駐輪場にバイクを止め、店に入ろうとした瞬間

ガシャーン!

んっ?!なんだ今の音は??と、恐るおそる振り返ってみると

バイクが左側に転倒しているではありませんか!

おこして確認してみるとサイドスタンドが戻っていたので、原因はきっちりスタンドを出していなかった

幸いスライダーを装着していたためカウルなどに傷は無く、またミラーやレバーも折れたりはしていなかったので一安心

ところが買い物を終え、バイクにまたがってみると違和感が?!

シフトペダルが曲がってる?!

さて、アナタならどうしますか?

目次

バイクが転倒した影響

こちらが曲がった状態の写真

※ロッドに被さってます

よく見るとペダル部分がロッドの上部に重なってしまっています


つまりペダルを踏んでも下がらずに

1速に入らない状態 !

う~ん、仕方がない…。

クラッチには悪影響になるかもしれませんが2速で発信するしかないと思い、今度はペダルを上にあげようとしたんですがココで問題が!!

ポジティブニュートラルファインダーの存在

私のバイクは

漢のカワサキ!

実はカワサキのバイクには初心者に優しいシステムが導入されているのをご存知でしょうか?

停車した時、なかなかニュートラルに入らず1速→2速→1速と何度もガチャガチャしてしまった事ってありますよね

この煩わしさを無くしてくれる

ポジティブニュートラルファインダーの存在

どういう機能かというと、バイクが停車状態の時にギアはニュートラルから1速にしか入らなくするシステムで簡単にニュートラルに入るアシスト機能なんです

つまり停車してから一旦、ギアを1速まで落とすと、どんなに力いっぱいペダルを上げても

2速以上には入りません !!

初心者にはとても便利な機能なんですが、今回はこの機能がアダになりました…


つまり、この状態の私のバイクは

1速にも2速にも入らないという事!!

仕方がないので自宅までの約500m・・・押して帰りました(歩いて行けばよかった)

カウルにもダメージが!?

※転倒の衝撃で吹っ飛んだ

ちょうどタンクの周りを囲んでいるカウル部分なんですが、プラスチックのリベットで止められていました

こらが転倒の衝撃で吹っ飛んでしまいパカパカの状態に…。

このままでは走行中にカウルが脱落してしまう危険がある為、何とかしなければなりません!

あなたに最適のバイク保険見つかります!!◇保険の窓口インズウェブ◇

曲がったチェンジペダルはどうやって直すのか?

手で引っ張っても戻せませんが、わざわざバイク屋さんまで持っていく必要もありません!

使う道具は

メガネレンチ1本だけ

しかし、どんなメガネレンチでもいいわけでは無く

大事なのはレンチの径

というのもペダルの先端はゴムで覆われているため、その部分をスッポリ通せる径が必要となります

私のバイクですと22mmあればゴムは通過できました

ゴムを通過して、ペダルの曲がった部分にメガネレンチを当てれば準備OK!

※テコの原理を使う事

この状態から【テコの原理】を利用して、外側へグイっと広げればペダルは簡単に戻せますよ

その後のバイク

※グニャグニャしてるけどシフトチェンジには問題なし

ペダルの真ん中あたりにグニャリとした痕跡が残ってしまいましたがシフトチェンジには影響なし!

一応、すべてのギアチェンジしてみましたが問題なく入ったので私的にはコレで十分です

曲がり具合が気になる方は交換を!!

カウルのパカパカは通販で対応しました

リベット1つ70円、3つで210円で購入

※カウルもバッチリ

これで走行中に落ちることはありませんので安心!

とまあ今回は安くすんで良かったんですが

今後は駐輪にも気を付けよう!

と思わされた出来事の話でした

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる