ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

使い勝手とコスパは最強!全てのレジャーで活躍する【レクタタープ】

キャンプ初心者でもアレンジしやすく人気が高いアイテムが【ヘキサタープ

しかし、ヘキサタープ以上に

アレンジが豊富で使いやすいタープがあるとしたら?

慣れたベテランキャンパーのほとんどが最終的にたどり着くと言われるタープ…。

それは、レクタタープです

サイズが大きめで初心者は避ける傾向にあるみたいですが、特徴と選び方さえ分かれば魅力的なタープという事が分かってもらえると思います

そこで今回は、万能で使い勝手最強の【レクタタープ】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  • レクタタープのメリット・デメリット
  • レクタタープの選び方
  • おすすめレクタタープ
目次

レクタタープとは?

長方形(レクタングラー)の布を、メイン2本とウイング4本の

計6本のポールで設営するタープの事

似たタイプに【スクエアタープ】というものがありますが、コチラは正方形をしているモノをさします

どちらも設営方法は一緒ですが、私個人的にはレクタタープの方がおすすめです

メリット

なんと言っても、最大のメリットは

細かいアレンジが豊富

6本のポールは全て使い広い空間を確保すればBBQには最適で、本数を減らしサイドをスクリーンにすれば少人数のキャンプにも最適と、まさに変幻自在に設営可能です

その形状から収納にも便利で、長方形は角が合わせやすくたたみやすいのもいい所

ヘキサタープのように六角形だと、収納に苦戦する方も多いですから…。

レクタタープのメリット
  • アレンジが豊富
  • 使用人数を選ばない
  • たたみやすい

デメリット

やはり問題となるのは

サイズ

どうしても大型になりやすく、持ち運びや収納には工夫が必要となり設営も一人では困難なうえ強風にも注意が必要

キャンプで使用する場合も、区画サイトなら張り方を工夫しなければ入りきらない可能性もあり、出来ればフリーサイトを選択したほうが無難です

そして万が一雨にさらされた場合は干すのが大変で、広い庭やベランダが無いなら近所の公園まで干しに行かないといけません

レクタタープのデメリット
  • 1人で設営が難しく強風に弱い
  • 広い場所が欲しい
  • 乾燥が困難
コンパクトなタープはコチラ

レクタタープの選び方

世の中には多くのレクタタープが販売されています

値段で選ぶのも勿論ありですが、長く使用するなら目的や環境などを重視して選ぶ事が大事

使用目的から考える

多くのレクタタープは1辺が4m以上のものが多く大人5人以上でも余裕のスペースが確保で、5mを越えるサイズなら7~8人でも問題なく使用できます

少人数でもポールを減らせば狭くアレンジできますのでサイズはそれほど気にしなくてもイイでしょう

BBQで使うなら耐火性が必要!

生地に使われる素材が重要で、燃えにくい素材である【ポリコットン】【ポリエステルタフ】などが使われているタープを選びましょう

ただし

燃えない訳ではありません !

このため、タープの真下で火を使うのは避ける事

ソロキャンプで使うなら重さに注意!

どうしてもサイズが大きくなると重量も増えてしまい、慣れていないと設営が困難になってしまいます

生地は【ポリエステル】なら手入れも簡単で軽量で、ポールは【アルミ製】を選べば持ち運びや設営がしやすくなります

おすすめポールはコチラ

季節から考える

レジャーの大敵は紫外線と雨

紫外線の強い夏

女性はもちろん、最近では男性も日焼けを気にする時代で紫外線は避けたいでしょう

光を遮る事が大切で

生地が厚い方が遮光性が高くなる

なぜなら、下に濃い影を作ってくれるため涼しさもアップするからです

薄めの生地でもUVカットなどの加工がされているモノを選びましょう

雨には耐水圧

せっかくの休日が雨の場合もあります

基本的に耐水圧が

1000mmもあれば雨漏りの心配なし

梅雨時期などの長雨でも2000mmあれば耐えられます

ただし屋根に水が溜まった状態ですと徐々に浸みてくる可能性がありますので、角度をつけた張り方などの工夫をするようにしてください

付属品を確認する事

ほとんどのレクタタープは『タープ・ロープ・収納袋』は標準装備ですが、設営する為には他に

ポールとペグが必要です

ってか、ポールとペグが無ければ設営自体が出来ません!

後述する【おすすめレクタタープ】には、付属品についても記述しておきますので足りないアイテムは別で購入する事

仮に全てが付属していても耐久性に不安があるかもしれませんので、長く使用するなら強度の高いモノの購入も検討しておくようにしましょう

おすすめペグはコチラ

おすすめレクタタープ

それでは、私がおすすめしたい【レクタタープ】を幾つかご紹介していきたいと思います

どれも使い勝手のいいタープであり、買って損は無いものばかりですので参考にしてください

トゥーマウント(TOMOUNT) キャンプタープ

基本スペック
  • サイズ:4.0m×2.9m
  • 重量:1.3kg
  • 耐水圧:2000m
  • 付属品:ポールは別売り

値段で選ぶならコレ!

生地には【オックスフォード布】を使用し、表面の撥水加工と相まって高い耐水効果が得られます

見た目は若干ダサいですが、裏地が銀色に加工されていて遮光性が高く紫外線を99.9%カットできるため夏場のレジャーには最適

圧倒的な軽さを誇り、アレンジも豊富なことからコスパ最強といえるレクタタープです

スームルーム(sool room) レクタタープ Adranus TC ファイアプレイス

基本スペック
  • サイズ:4.9m×4.0m
  • 重量:5.5kg
  • 耐水圧:350mm
  • 付属品:ポールは別売り

最近、人気がある中国のメーカーから販売されるレクタタープ

全部で16カ所に取り付けられた穴と、布の中心にある3カ所のリングを使えば張り方に多彩なアレンジが可能な所が魅力的

コレが1万チョイで買えるのなら人気になるのも分かりますね

ただし、雨には弱いので梅雨などの長雨が続く時期は避けた方が無難

フィールドア(FIELDOOR) レクタタープTC

基本スペック
  • サイズ:5m×4.3m
  • 重量:5.3kg
  • 耐水圧:428mm
  • 付属品:ポールは別売り

「思い立ったら気軽にアウトドア」をコンセプトにした、国産メーカーから販売されるレクタタープ

燃えにくい素材である【ポリコットンを使用しているタープの中では激安の部類では無いでしょうか?

遮光性も問題なく、始めてBBQや焚火を楽しみたい方は選んで間違いなし!!

コチラも長雨には弱いので、時期と天気には注意が必要です

ロゴス(LOGOS) neos LCドームFit レクタタープ

基本スペック
  • サイズ:5.0m×3.6m
  • 重量:7kg
  • 耐水圧:2000mm
  • 付属品:全て付属

オシャレなアウトドアメーカー【ロゴス】から販売されるレクタタープで、LCとは『リンクキャノピー』の略

片側が弧を描くような形状で、ドームテントとの連活がしやすい事が特徴です

最大のメリットはロープ・ペグ・ポールが全て付属しているため、これさえ買えばすぐにでも設営が可能なところ!

難燃性の【ポリエステルタフ生地】を使用し、各所に補強を施しているため強度は高く最もおすすめしたいレクタタープがコレ

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) Takibi-tarp コットン

基本スペック
  • サイズ:4.4m×4.9m
  • 重量:7.4kg
  • 耐水圧:
  • 付属品:ポール。ペグは別売り

高性能・高機能なアウトドア用品を多数おくりだす【テンマクデザイン】から販売されるレクタタープ

使用されるコットン素材は燃えにくく、厚みのある生地により高い遮光性と柔らかさからなる手触りと扱いやすさが人気の理由ではないでしょうか

万が一、雨に見舞われても生地が水分を含み膨張する事によって浸水を防いでくれるため、天候を選ばずに使用できる万能タープです

ただし、雨を吸収した分重くなり乾燥させるのも大変な所がデメリット

スノーピーク(snow peak) HDタープ シールドレクタ

基本スペック
  • サイズ:5.5m×4.4m
  • 重量:5kg
  • 耐水圧:3000mm
  • 付属品:ポール・ペグは別売り

燕三条の職人が手掛け、確かな品質を誇る【スノーピーク】から販売されるレクタタープ

5枚の生地を張り合わせ、表面にピグメントPU加工された生地は高い遮光性と濃い影を作りだし、夏場の暑い日差しでも負けない涼しさを演出します

ポールやロープを繋ぐジョイント部分は『金具+ベルト+力布』の3段構えで力を逃がし、破れにくい強度を実現している最高のタープ!

アフターケアも万全で長く使えるのも魅力です

オガワ(ogawa) フィールドタープ レクタL-DX

基本スペック
  • サイズ:5.7m×4.2m
  • 重量:13kg
  • 耐水圧:1500mm
  • 付属品:全て付属

最高級の品質を送り出す【オガワ】から販売されるレクタタープ

必要なアイテムは全て付属しているため、買ってすぐに使えます

大人10人でも余裕で入れるほどの大型タープで、付属のスチールポールは強度が高く強風にも耐えられるほどの安定感

生地には【ピグメントPU加工】もされていて、高い遮光性のため紫外線を大きくカットしてくれるので女性も安心です

若干、重いのが難点…。

レジャーに必須アイテムのグランドシートはコチラ
キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

最後に

アウトドアの場面で、日差しや雨を避けるために必要なタープ

様々な形状のタープがありますが、ベテランキャンパーほど使っているのが【レクタタープ】なんですよね

その理由は

アレンジがしやすく、あらゆる場面で使い勝手がいいから

その中でもイチオシが

キャンプに慣れてきてから買いかえるのもイイと思いますが、どうせ買い替えるなら最初からレクタタープを選んでもイイと思います

この記事が、アナタにとって最適なタープ選びの参考になれば幸いです

アウトドア&スポーツ ナチュラム
いろんなタープはコチラ
キャンプ用品専門買取【JUST BUY】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる