ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

ネット通販最強のカードはコレだ!楽天カードはメリット多数

ひと昔前までは、クレジットカーと言えば

一種のステータス

ゴールドカードぐらいではまだまだで、プラチナカードやブラックカードを持ってるだけで羨望の眼差しで見られていた時代もありました

しかし、これは過去の話

今の世の中、クレジットカードの基準は『どれだけ使い勝手が良いか?』が問題なんです

そんなクレカの中で、圧倒的な使いやすさを誇るのが

楽天カード!

今回は、そんな抜群の使いやすさを誇る【楽天カード】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  • 現金とクレカの違い
  • ポイントの使い道
  • 楽天カードのメリット
  • 威力を発揮する場面
目次

現金払いとクレカ払いの違い

現金にしろクレカにしろ、支払うお金の量は同じです

しかしメリット・デメリットで比べるなら

圧倒的にクレジットカードが有利!

その理由を解説します

現金払いのデメリット

不衛生

お金というのは汚いもの

なぜなら色々な人が素手で触るため汚れや菌、最近ではウイルスなどが付着している可能性が高いんです

だからと言って、お金を触ったら毎回手を洗うのはあまりにも手間がかかりますし、まずそんな人いませんよね?

財布がかさ張る

消費税が導入されてからというもの、1円玉や5円玉が増えてきていませんか?

気が付けば財布の小銭入れがパンパンになっている方も多いと思います

また急な入用があった場合でも、銀行からお札を降ろす必要があり枚数のよっては意外と嵩張りますし、何より手間

支払いに時間がかかる

レジで会計を済ませ、いざ支払いの段階になると財布に溜まった小銭を処理したいですよね?

ガラガラに空いているお店なら気になりませんが、昼時のコンビニや夕方のスーパーなどの混雑時には後ろには長い行列が…

中にはまったく気にしない方もいますが、プレッシャーを感じてしまう方も多いと思います

支払った分だけマイナス

買い物をした以上、お金がマイナスになるのは当たり前です

買い物した店舗専用のポイントカードがあれば、次回の買い物に使えるメリットはありますが使用できるのはその店のみというデメリットも

毎日利用する店舗があるなら別ですが、あまりにも使い勝手が悪いのも事実です

現金払いのデメリット
  • 不衛生
  • 財布が嵩張る
  • 支払いに時間がかかる
  • 払った分だけマイナス

カード払いならポイントとして還元される

一方、カードで支払った場合はどうでしょう?

カード本体は自分しか触らないため衛生的には問題なく、財布のスペースもカードポケット1枚分のスペースしか必要ありません

支払いもカードリーダーに通すだけで終わり、決済もスピーディーに行えるんためレジの流れもスムーズになります

そして最大のメリットは

カード自体にポイントが付与される事

もしも店舗専用のポイントカードを持っていた場合

  1. ポイントカードを提示
  2. クレジットカードで支払い

という工程を踏む事で

ポイントが2重で取れる!!

コンビニエンスストアの【ファミリーマート】は、この2重取りが可能です

溜まったポイントで何ができる?

【ポイ活】なんて言葉があるように、ポイント利用がお得なことは説明不要と思います

一般のクレジットカード

多くのクレジットカードはたまったポイントを交換して使います

その交換先は

ポイントの交換先
  • 商品と交換
  • 電子マネーへ移行
  • ギフト券と交換
  • マイレージ

この辺りが交換先となりますが、実は微妙なんですよね…

商品と交換

これはカード会社のカタログから選択するのが基本

中には良い商品もラインナップされていますが、定価に近い値段となるためぶっちゃけ店舗やネットで買った方が安いです

つまり損

電子マネーへ移行

nanakoカードやdポイント、あとはTポイントなどの電子マネーに交換できるんですが、それぞれに交換率というものが設定されています

しかし、この交換率は100%とはいかず70~80%ぐらいが基本となるんですよね

つまり

100ポイント移行→入手は70~80ポイント

なので、これも損

楽天カードなら

溜まった楽天ポイントは基本的に他のポイントなどへの交換は無く

楽天サービスの支払いに使用

しかしその利用幅はとても多く、楽天と名の付いているサービスにはほとんど対応しているんです

楽天ポイントの使い道
  • 楽天市場でも買い物
  • 楽天カードの支払い
  • 楽天証券での投資
  • 楽天モバイル等の通信費
  • 楽天電気・ガス等の公共料金
  • 楽天ビューティー等の日常費

しかも、全ての支払いが【1P→1円】で使用できるため

等価交換で現金として使用できる

楽天経済圏と呼ばれるサービスを利用していなくても、少なくともカードの支払いに充てられるなら毎月の支出を抑える事ができるため損する事はありません

楽天カードのメリット

ここからは、数多くあるクレジットカードの中でも【楽天カード】をおすすめする理由を解説します

年会費が永年無料

発行される楽天カードには3種類あり、この中でも『一般カード』とされるタイプなら年会費は永年無料で使用できます

楽天カードの種類
  • 一般カード…年会費無料
  • ゴールドカード…年会費2200円
  • プレミアムカード…年会費11000円

年会費のかかるカードのメリットは旅行や出張が多い方に最適となり、私の様に飛行機にほとんど乗らない方は一般カードで十分です

デザイン豊富なデザインと選べる会社

せっかく持つならカードのデザインにはこだわりたいと思いませんか?

楽天カードなら様々な図柄から選択する事が可能

楽天カードのデザイン
  • シンプルなシルバーカラー
  • 可愛いピンクカラー
  • パンダやミッキーのキャラクターデザイン
  • FCバルセロナや楽天イーグルスのスポーツデザイン
  • yoshikiやイエニスタの人物デザイン

あなたが欲しいデザインもあるのではないでしょうか?

そして選べる国際ブランドは4種類から選択可能

国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • AmericanExpress

どれを選ぶかは個人の意見ですが、注意点としてはカードのデザインによってはブランドが限定されてしまいます

例えば、ミッキーマウスが描かれたDisneyデザインはJCBのみだったり、yoshikiデザインはMastercardのみだったり…

特にデザインにこだわりが無ければ

VisaかMastercardにしておくのがオススメ

使えるお店が多い事に加え、電子マネー【楽天Edy】に対応しているからなんです

電子マネーに対応

楽天カードに付帯されている【楽天Edy】は、nanakoカードやSuicaの様にチャージして使用する電子マネーです

最大のメリットは、レジでかざすだけで済むため

支払いがスムーズな事

さらに楽天カードからチャージする事で0.5%(200円で1ポイント)、そして利用金額に対しても0.5%(200円で1ポイント)付与されることにより、合計1%の還元を受ける事になります

利用できる店舗も多く、かざすだけで支払いができる電子マネーは混雑時のレジには助かる決済方法です

付帯するかは任意となりますので、必要と思う方は契約時に『楽天dyを付帯する』という項目にチェックを入れるだけでOK

楽天カードのデメリットはコチラ

楽天市場で最強になる

通販で最強と言ったのは、大手ECサイトである【楽天市場】での購入の事

皆さんも1度ぐらいは利用したことがあると思うので、楽天会員になられている方も多いと思いおます

実は、この楽天市場には還元率をアップさせる【SPU】というシステムがあるんですよね

SPUとは?

スーパーポイントアッププログラムの略となり、楽天サービスに応じて『〇倍』と表現されていて

〇倍=〇%という意味

ふつうに会員登録をするだけで1倍になり、買い物金額の1%の楽天ポイントが溜まります

ここまでは多くの方が理解していると思います

さらに、楽天市場アプリをインストールすると+0.5倍

さらにさらに、支払いを楽天カードにすると+1倍となり

合計2.5%のポイント還元が受けられる

これが【SPU】の仕組みです

楽天カードが向いている人

ネット通販、特に楽天市場での買い物をされる方には一押しのカードという事になります

その中でも、旅行や出張がほとんどないという方は

一般カードで十分

年会費無料で高い還元率を誇るアイテム【楽天カード】

ぜひ1枚持ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる