ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

無料で作れる楽天カードの注意点!デメリットの対応策を解説

無料で持てるクレジットカードの中で、最強との呼び声が高いのが

楽天カード

還元率の高さと、使いやすさが人気の秘密

しかし、この楽天カードを使う上で知っておきたい注意点があるのをご存知ですか?

今回は【楽天カードのデメリットと対策】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  • ETCカード対策
  • お問い合わせ対策
  • 電子マネー対策
  • 公共料金対策
  • 海外旅行対策
目次

一般楽天カードのデメリット

ETCカードが無料で持てない

高速道路を利用する時、料金がスムーズに支払え割引まで出来る【ETCカード】は、車を所有している方なら持っておきたいと思います

しかし一般の楽天カードでETCカードを申し込むと

1年間で550円の費用がかかります

還元率は1%ですので元を取るには年間で55,000円の高速利用が必要となり、通勤メインで使用している方にとってはハードルが高いかもしれません

年間の高速料金を計算してから申し込む事

ETCカード代を無料にするには

普段の買い物で【楽天カード】を利用していれば

簡単に無料に出来ます

カードを持っている方のほとんどは【楽天会員】に登録してますよね?

会員にはランクが設定されていて【プラチナ会員】以上になると、特典としてETCカードが無料で持てるんです

プラチナ会員になるには条件があり

  1. 過去6か月間で
  2. ポイントを15回以上獲得し
  3. 合計2,000ポイントになっている事

半年で200,000円も使うのは難しく感じるかもしれませんが、他の楽天サービスを利用していると意外と簡単にクリア出来るんですよね

私自身も

ポイントを溜めるぞ!

と意識してなくても、気づいたらプラチナ会員になっていたので普段から【楽天カード】を使用しておきましょう

もしETC利用メインで高還元を求めるなら

三菱UFJカードviasoがおすすめ

お問い合わせが有料

その場での現金と違い、クレカを利用していると支払いや引き落とし等のトラブルが起こり得ます

そんな時に電話で問い合わせる【コレクトセンター】が、一般楽天カードの場合は有料となってしまいます

理由は【ナビダイヤル】で繋がるから

『0570』で始まる専用番号で、携帯電話から発信すると

20秒で10円もかかる!

しかも、スマホ契約時の『かけ放題』や『無料通話プラン』が適応されない酷さ

さんざん待たされる事も多く、できれば関わりたくない番号と言えます

無料でお問い合わせするには

楽天カードを契約する際【楽天e-NAVI】に登録しておきましょう

このサイトの【お問い合わせフォーム】にある

よくあるご質問

をクリックしてみましょう

細かくカテゴリー分けされていて、この中から自分の悩みに対する解決法が見つかるはずです

自分で調べるのが面倒だし、電話で素早く解決したいって方は

有料カード(楽天プレミアム)に乗り換えましょう

楽天プレミアムカード

電子マネーへのチャージ

クレカを持っている方は現金払いをあまりせず、電子マネーを利用する方も多いと思います

クレカ支払い時のサインの手間が省ける事で

更に支払いがスピーディーに

しかし、セブン系列で使える【nanako】やイオングループで使える【WAON】、電車利用で使える【Suica】など便利な電子マネーはチャージしなければ使えません

残念なことに楽天カードからチャージしても

還元率は0%!

つまり、いくらお金をチャージしてもポイントは貯まりません!

支払いのスムーズさを取るなら気にしませんが、せっかく使うならポイントを有効に得たい所ですよね?

電子マネーにチャージするなら

楽天カードには【楽天エディ】という電子マネーが付帯しています

こちらへのチャージなら

200円で1ポイント

還元率は0.5%ですが、支払いも楽天エディにすることで更に0.5%が付与され

合計1%が還元されます

使用できる店舗も増えてきていますので、使用する電子マネーを【楽天エディ】に統一する事がおすすめです

もし、他の電子マネーへのチャージを考えているなら

高還元な三井住友カードへ乗り換えましょう

公共料金や税金の還元

電気やガス・水道などの光熱費は、毎月かならず使用するものですのでしっかりポイントをゲットしておきたい所

しかし楽天カードで決済した場合、現在では500で1ポイントとなり

還元率は僅か0.2%

その他の税金も同じ還元率です

私も車を所有しているんですが、毎年の自動車税が結構な額になるのでこの還元率は残念なポイント

それなら、楽天エディにチャージして払えば?

と思うんですが、【楽天エディ】も【楽天ペイ】も公共料金の支払いに対応していないため無理です

公共料金で高還元を得るには?

毎月の公共料金が10,000ほどあっても、還元されるポイントは

たったの2ポイント

とは言っても、全く還元されない訳ではないので現金で支払うよりはマシと割り切りましょう

もし、高還元を求めるのであれば

リクルートカードがおすすめ

ポイントの使い道

楽天経済圏で生活していれば、毎月のポイントはザクザク溜まっていきます

しかし、キャンペーンで入手できるポイントは

期間限定ポイント

通常ポイントと違い使用期間が限られていて、使い道も楽天証券や楽天カードの支払いにあてる事は出来ません

楽天市場での商品購入がメインとなり、楽天市場をあまり利用しない方は期限切れのリスクがあります

通常ポイントも交換先が無く、楽天サービスを余り利用しない方には持て余すかもしれません

効率よくポイントを使うなら

楽天サービスに一つであるバーコード決済

楽天ペイを利用しましょう

そして『ポイント優先』に設定しておけば、期間限定ポイントから支払ってくれるので無駄になりません

コンビニならほとんどが対応していますし、イトーヨーカ堂やオークワなどのスーパーでも利用可能です

その他、飲食店でも利用できる店舗は拡大しているので使い勝手は抜群

もし獲得ポイントを幅広く使いたい方は、交換先の多い

オリコカードがおすすめ

旅行保険に条件あり

一般の楽天カードにも海外旅行傷害保険が付帯されていて、万が一の時は最高2000万円まで保証されます

しかし残念な事に、自動付帯ではなく

利用付帯である事

具体的には、募集型企画旅行(ツアー等)の代金を出国前に楽天カードで支払っている事が条件となります

つまり、自分で行先や宿泊先を決めた旅行では保証されないという事になるんです

旅行の保証を充実させるなら

楽天カードの中でも、有料であるプレミアムカードなら自動で付帯するためランクアップもアリです(ゴールドでは利用付帯)

空港ラウンジが利用できる【プライオリティ・パス】も使えるため、旅行が多い方は検討してみて下さい

もし海外旅行補償を充実させたい方は

エポスカードがおすすめです

それでも楽天カードはお得

楽天カードの注意点をもう一度まとめると

楽天カードの注意点
  1. ETCが有料
  2. お問い合わせが有料
  3. 電子マネーへのチャージ
  4. 公共料金の支払い
  5. ポイントの使い道
  6. 海外旅行での補償

私自身、今は楽天カードを使用していて他の楽天サービスも利用しているんですが、気になるのは4の公共料金ぐらいです

通常ポイントも結構溜まりますし、カードの支払いにも利用できるのは大きな魅力

これを機に【楽天経済圏】に移行するのもアリじゃないですか?

年会費永年無料の楽天カード

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる