『初めての海釣り』ルアー初心者に伝えたいタックル選びの基礎知識

スポンサーリンク
釣り

魚釣りに必要な道具と言えば

竿+リール+糸タックル

そして糸の先にエサを付けるか?それともルアーを付けるか?

同じ釣りですが、この2つの釣り方は全く違うため当然使用するタックルも違います

ハッキリ言ってルアータックルでエサ釣りは出来ますが、エサ釣りタックルでルアーは難しく専用のタックルを用意する必要があるんです

その理由は

ルアーは偽物なので動かして本物っぽく見せなければならないから

今回は【ルアーフィッシングに必要なタックル】についての基本を話したいと思います

スポンサーリンク

ロッド

エサ釣り用のロッドに比べると短く張りがあるのが特徴

これはルアーフィッシングにおいて大事なのは

的確なキャストと軽快なアクション

これを実現させる為には、ある程度の張りが必要なんです

そしてベイトタイプとスピニングタイプの2種類が存在し、外観の違いとして

ベイトタイプ:リールが上に付き、ガイド径が小さい

スピニングタイプ:リールが下に付き、ガイド径が大きい

扱いやすには格段の差がありますので初心者はスピニングタイプを選んでおくことをオススメします


更に対象魚によって様々なタイプのロッドが発売されており、違いは大きく分けて【長さ・硬さ】の2つ

長さ

販売されている全てのロッドはメートル法ではなくヤード・ポンド法で表示されています

1フィート=30.48センチ
1インチ=2.54センチ

つまり『8.6』という表示は8フィート6インチという意味で、メートルに換算すると『約2メートル59センチ』となります

海釣りで使用するロッドは、だいたい6~10フィートぐらいがメインとなり釣り場と対象魚によって適切な長さが変わります

10フィート以上の長いロッドは遠投が出来ますが、扱いが少し難しくキャスト精度は落ちてしまいます

7フィート以下の短いロッドはピンポイントで狙いやすいんですが飛距離が出ません

対象魚やフィールドによっては長いロッドが必要な場合もあるのですが初心者は9フィート以下のロッドから始めるのがオススメです

硬さ

長さの後ろに記載されているアルファベットが硬さを表すパワーアクションとなり、使用するルアーとラインの目安としては以下の通り

パワーアクション硬さルアーウエイトラインの太さ(PE)
UL(ウルトラライト)かなり柔らかい3グラム以下0.1~0.4
L(ライト)柔らかい5~12グラム0.4~1.0
ML(ミディアムライト)やや柔らかい6~24グラム0.6~1.2
M(ミディアム)普通30グラム前後0.8~1.5
MH(ミディアムハード)やや硬い30~60グラム1.2~2.0
H(ハード)硬い60グラム以上2.0以上

簡単に説明すると硬くなるにつれて重いルアーと太いラインが扱えるという事

魚のサイズが大きくなるにつれて使用するルアーウエイトも重くなるケースがほとんどなので、対象魚に適した硬さを選ぶことが必要です

ラインは適正サイズをオーバーしてもあまり問題ないのですが、ルアーウエイトに関しては適正をオーバーしてしまうとロッドの破損の原因になるので守りましょう


個人的には、柔らかい方がロッドが曲がりが大きく【釣ってる感】がしますので初心者にはML以下の柔らかいロッドをオススメします

ガイドにも注意

ガイドとはラインをスムーズに出すためには大事なパーツで、目的はラインをスムーズに放出する事です

このため、形状にはラインが絡まないように形状を工夫したり、ラインとの抵抗を少なくするために中のリングの素材を変更したりと様々な種類があります

見方は

○○ガイド:形状
○○リング:素材

釣り中にライントラブルはストレスになってしまうので、初心者の場合は絡みにくい形状を優先で選ぶのがオススメです

リール

ロッドと同じくリールも大きく分けると、ベイトリールとスピニングリールの2種類に分類されます

その特徴は

ベイトリール:巻き上げる力が強くピンポイントで着地点を狙えるが、ライントラブルが起こりやすく扱いにくい

スピニングリール:ライントラブルはほぼ皆無だが狙いが難しくラインを横方向に巻き取る構造上、糸よれや巻きグセがつきやすい

ロッドでスピニングをオススメしたのは、このリールが最大の原因です

どちらのリールもキャストした時やルアーを底まで沈めていく時、指でラインをコントロールしなければなりません

ベイトリールはコントロールにミスしてしまうとバックラッシュという現象がおこり、ラインがもつれてグチャグチャになってしまうんです

ロッドと揃えるためにも初心者はスピニングリールを選んでおくことをオススメします

表示の見方

4桁の番号が表すのはスプールの大きさとなり、大きくなるほど太いラインが長く巻けます

国内2大メーカの【ダイワ】と【シマノ】には若干の差があり、シマノの方がひとまわり小さくなってしまいます

つまり

シマノの3000番=ダイワの2500番

メーカーは好みで選んでかまいませんが、この点は注意が必要です


そして気になる4桁の番号の前後に付いているアルファベット

シマノのリール読み方意味
Cコンパクトボディスプールよりボディがワンサイズ小さい
Sシャロースプールスプールが浅く下巻きが必要ない
DHダブルハンドルハンドルの形状がダブル

その他、早巻きに優れたHG(ハイギア)やXG(エキストラギア)、巻く力が強いPG(パワーギア)などがあります

ダイワの場合はチョット複雑

ダイワのリール読み方意味
前半2桁スプールの大きさ2000番サイズ
後半2桁8lbのラインがキリよく巻ける(150m)PEなら1.5号が150m
Hハイギア1回転あたりの糸巻き量が多い

その他、さらに巻き取り量の多いSH(スーパーハイギア)、F(フロロ対応)などがあります


選ぶ基準はロッドとのバランスが重要で

ロッドパワーリールサイズ
UL・L1000~2000
ML・M2500~3000
MH・H4000以上

サイズが大きくなるほど重量が増え、投げては巻くルアーフィッシングには負担になります

初心者には3000番以下のリールがオススメです

ドラグの重要性

全てのリールに付いている機能

魚も逃げたい一心で時には予想以上のパワーで強烈な引きを見せることがあり、その際のラインブレイク(糸切れ)を防いでくれるのがドラグです

ネジと同じ仕組みで締めこむほど強く機能しますが、ガチガチまで締めるのは洗う時ぐらいで実際の釣り場では微調整が必要

緩めに調整する:フッキングしにくく魚を寄せるのが困難

締めすぎる:ラインが切れやすくロッドの弾力を活かせず釣り人への負担が大きくなります

この調整には、ある程度の経験が必要となり、なかなか難しいものです

しいて言うならちょっと締めすぎ?ぐらいが初心者にはオススメの調整です

ライン

釣りにおけるラインの役割は重要で、中級者の中にも「ラインは消耗品」と割り切ってる方も結構いるんですよね

しかし、ルアーマンにとって掛かった魚とのファイトや、ルアーの動きを的確に伝えるのがラインの存在なんです

メインラインは3種類

一般的に販売されているラインはナイロン・フロロカーボン・PEの3種類で、それぞれに特性があります

ナイロン

リールになじみ扱いやすく値段も安いが、伸びやすく感度が悪い

フロロカーボン

比重が重く沈んでくれて感度はナイロンよりいいが、リールに馴染みにくい

PE

伸びがほとんどなく感度と強度は抜群で操作性も文句なしだが、摩擦に弱く値段が高い


ルアーフィッシングにおいて、操作性が重要となるのでナイロンラインは避けるべき

となるとフロロかPEとなるんですが、使用するルアーウエイトによって変更する必要があります

軽いルアー:フロロカーボン
重いルアー:PE

軽いルアーは難しいので初心者にはPEをオススメします

ショックリーダー

PEラインをオススメしたんですが、問題は弱点の【摩擦に弱い

これを解消してくれるのがショックリーダーの存在です

釣られた魚は

『簡単には釣らせん!』

と、抵抗するため逃げようと暴れます!!

海底には岩場や障害物が多いので

逃げられる可能性を減らす為

必須の装備であり、万全を期すならルアーの重量を気にしない

フロロカーボンのリーダーをオススメします

ルアー初心者のおすすめタックル

ここまで読んで下さった皆さんに感謝します…。

そして、この先の【私的意見を聞いてくれる】事に、厚く御礼申し上げます


初心者タックルは

・8フィート前後のロッド
・ガイドを重視(Kガイド)
・3000番以下のスピニング
・メインはPEでリーダーはフロロ

「こんなシビアな条件で釣りができるの?」

安心して下さい

初心者がこのタックルで出来るルアーフィッシングは

ロックフィッシュ
エギング
シーバス

次回から、詳しく釣り方を解説したいと思います

コメント