ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

アウトドアや災害時に大活躍!コスパの高い【人気ランタン】

自然の夜は真っ暗です

キャンプ場では多少の外灯は設備されていますが、テントを設営する場所によっては明かりが少なく、夜のサイトには欠かせないアイテムが

ランタン

またキャンプだけではなく、日常生活の中での災害時や突然の停電時にも役に立つため家庭にも備えておきたい所です

しかしこのランタンは使用する燃料に違いがあり、状況によって使い分ける必要があるんですよね

そこで今回は【ランタン】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  • ランタンの燃料の違い
  • ランタンの設置例
  • おすすめランタン
目次

ランタンの燃料の違い

ガソリン式ランタン

高い火力で明るさは抜群!

外気温に影響されず寒冷地でも安定した火力が出せるため、あらゆる環境で使用することが可能です

伝統的な雰囲気も最高です

しかし、給油時は慎重に行う必要があり着火の際のポンピングや使用後のメンテナンスが面倒くさいので初心者向きではありません

ガス式ランタン

燃料切れの際、カートリッジ式なので交換が簡単!

点火や消化がワンタッチで可能で、サイズや火力のバリエーションが豊富で初心者でも使いやすいのがメリットです

ボンベの【OD缶】や【CB缶】は他のアイテムと合わせやすい高バランスもイイですね!

しかし、ガス燃料は気化させて使用するので外気温によっては火力が安定しないデメリットがあります

高地や寒冷地では注意が必要

電気式ランタン

電池や充電で火を使わないランタン!

燃焼による一酸化炭素や熱を放出しないため最も安全に使用でき、コンパクトなサイズで持ち運びも便利な事がメリットです

USB端子が搭載されていてスマホの充電が可能なタイプも多く販売されています

デメリットとしては、消費電力を考慮してLEDや蛍光灯を使用しているため光が青白く雰囲気が出ない事かな?

屋内使用には最適ですね

テントサイトでの使い方

キャンプで使用する場合、理想は先述した

3タイプを準備する事

ここでは、その理由となる使い方を解説します

メインランタン

サイト全体を照らすため、使用したいのは最も光量の高いガソリン式ランタン

基本的にはタープポールに吊るす事で、テントサイトを満遍なく照らすことが可能です

しかし夏場のキャンプでは、もう少しサイトから離れた位置に吊るすようにしましょう

理由は虫除け

虫は光に集まる習性を利用し【集中灯】として機能させる事で、サイト内部に虫の侵入を防ぐことが可能となるからです

虫のいない季節なら、光量の高いガス式ランタンでもOK

サブランタン

主に食事の時にテーブルやキッチンを照らすランタンで、使用したいのは最もバランスの取れたガス式ランタン

全体的に照らしたい場合は、少し光量の高いタイプをフックに引っかけて高い位置から吊るすと効果的

手元を照らしたい場合は、テーブルの上に置けるコンパクトサイズがベストですがガス式は熱を持つため電気式の方がおすすめです

どちらにしても

メインランタンより暗くする事

虫の侵入を防ぐ事はもちろんですが、何よりも雰囲気が最高なんですよね

ルームランタン

テント内で着替えや就寝前に使用するランタンで、使用するのは絶対に電気式ランタン

燃焼するガソリン式やガス式は、室内で使用すると

一酸化炭素中毒の恐れあり!

懐中電灯でも代用できますが、光が広がり全体が照らせるLEDランタンがおすすめです

コチラは上から吊るすより足元付近に置いた方が便利で雰囲気も出ます

人気の高いおすすめランタン

ここからは、種類別に使いやすい【おすすめランタン】を幾つかご紹介したいと思います

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン

ガソリン式の人気ランタン

ワンマントルのため淡い炎で適度な明るさで、燃焼時の「シューっ」という音も最高の雰囲気を演出してくれます

本体重量は1.4kgとガソリン式の中でも軽く、専用のケースも付属しているコスパの高いランタン

コールマン(Coleman)プレミアム パワーハウス デュエルフューエルランタン

こちらもコールマン製のガソリン式ランタン

デュエルの名が示す通り、ホワイトガソリンだけでなくレギュラーガソリンも使用できるのが特徴です

入手のしやすさと値段を考えると、レギュラーガソリンが使えるのはありがたいですね

ツーマントルで明るさも文句なく、オートキャンプにはおすすめしたいランタンです

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタン UL-X

ユニフレームからのガス式ランタン

燃料はCB缶で入手がしやすくバーベキューコンロはもちろん、家庭用のカセットコンロでも使いまわすことが可能です

ワンマントルですが明るさは抜群!

本体を上下にスライドさせて使用し、コンパクトでオシャレなのが特徴です

ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233

バーナーにも定評のある【ソト】 からのガス式ランタン

こちらもCB缶が使用でき使い勝手が高くコンパクトに収納が可能で、特筆すべきは虫除け効果!!

オレンジの光と反射板の効果で虫を寄せ付けず、市販の蚊取マットも装着すれば虫対策は万全です

夏のレジャーに最適なガスランタン

ヴァントゾン(Vantozon) 高輝度LEDランタン

あらゆる場面で使用できるLEDランタン

本体を上に引っ張り上げればランタンに、ボタンを押せば底の部分が懐中電灯に早変わりする【置いて良し!持ってよし】の万能性

電源は乾電池とUSB端子からの充電と2つに対応し、特筆すべきは本体からスマホやパソコンなどの他の端末にも充電できる事!

マグネットも付いていて、車中泊でも取り付けできるスキのないランタンと言えます

防災防犯ダイレクト

災害時の使用を目的とした充電式LEDランタン

片手で持てるコンパクトなボディは、4色の光が選べ光量は無段階に調整が可能です

フル充電での連続点灯時間が長く、USB端子からスマホの充電のOK

防水機能も兼ね備えており、万が一の時に役立つランタンです

ランタンのまとめ

アウトドアだけでなく災害時にも役立つアイテムが【ランタン】

使用する燃料によって使用感が大きく変わるのが特徴です

もう一度まとめると

ランタンの特徴
  • ガソリンランタン:手間とコストがかかるが明るさと雰囲気は最高
  • ガスランタン:燃料の使い勝手がよく最もバランスがとれている
  • 電気式ランタン:危険がなくスマホの充電もできる防災用にも持っておきたい

私は【ガソリンランタン】がおすすめです

手間がかかる事もキャンプの楽しみの一つですから

ランタンの光源となるマントルを解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる