お知らせ内容をここに入力してください。

黒船襲来!!その時、日本初の異種格闘技戦がおこなわれていた!

1853年、今の神奈川県にある浦賀沖に突如として現れた4隻の黒船

日本史においては、この黒船襲来からを幕末と定義されている場合もあるほどの重大事件でした

その時、黒船内では日本初の異種格闘技戦が行われていたという噂が!?

目次

ぺリーという男

歴史の授業で学んだペリーは、当時は鎖国体制だった日本を開国させるために黒船で現れた人物

翌年にも再び現れ『日米和親条約』を締結し、日本の近代化のきっかけを作った功労者として習ったのではないでしょうか?

日本に何をしに来たのか

アジアの大国である中国との貿易に力を入れていた欧米諸国は、中継地点として日本に目を付け多くの外国船が交渉に現れました

しかし、日本を独占したいオランダの協力もあり交渉はことごとく決裂

そんな中、当時のアメリカ大統領ミラード・フィルモアはペリーを派遣します


ペリーという人物は交渉に来た外交官というイメージの方がいるかもしれんせんが

実はバリバリの軍人

階級は大佐(提督は日本の文献で記載されているだけ)東インド艦隊の指揮をとり、交渉というよりも占領が得意な人物なんです

ペリーは日本に向かう前、アメリカ政府に4つの計画を打ち出しました

1・任務成功には4隻の軍艦を

2・目の前で蒸気船を見せてビビらせる

3・友好的に訴えるより、恐怖に訴えた方が効果的

4・オランダが邪魔するかもしれないので、長崎にはいかない

この計画は全て成功!

1と2はもちろん目撃した国民に衝撃を与えます

そして3と4は、実際にオランダから「アメリカからの使者が来るかも?」という情報は幕府に入っていました

そのため幕府も回避策を考えていたんですが、返答が気に入らなかったペリーは

装備した海兵をデッキに立たせ、砲門を開いて脅した!

返事を1年延ばそうとする弱腰な幕府に対し、ペリーは半年後に再び現れプレッシャーをあたえます

彼の作戦は見事にハマったんですねぇ

もう一つの目的

実はペリーの計画は5つ目があったんです

5・日本の出方次第では琉球(沖縄)を占領する

フィルモア大統領は承認したんですが、航海中に大統領がフランクリン・ピアースに政権交代します

ピアースは外交には穏健派だった為、沖縄占領は回避されました

が!?

黙って帰らなかったペリーさん…。

日米和親条約を締結し、岐路に向かう航海の途中で彼は琉球に立ち寄り脅しをかけます

その結果

琉米修好条約を結んでいるんです!

恐るべきアメリカ軍人(汗)

日本を守る力士たち

2度の最強軍人の襲来に、てんやわんやの幕臣たち

そんな中、幕府に協力を申し出た勇気ある者たちがいました

自分たちに出来る事があれば協力したい」

日本の国技である相撲取り

そう・・・力士でした

怪力パフォーマンス

1854年

2度目の来航に現れたペリー艦隊との謁見式で、幕府は力士たちに米俵を船まで運ばせるというデモンストレーションを見せます

重たい米俵をかついで、船まで70~80mの距離を軽々と運んでいく力士たち

その中でもアメリカ海兵たちを驚かせたのは

白真弓肥太右エ門(しらまゆみ ひだえもん)

身長208cm、体重150kgという現在でもあまり見かけないような巨漢力士であった彼は、背中に7俵・首に1俵・両手に各2俵と

計12俵を一度に担いだ!

当時の1俵重量は現在よりも少なかったようですが、それでも300kgぐらいはあったと思われます

恐るべし怪力…。

日本初の異種格闘技戦

力をアピールした力士たちは、次にぶつかり稽古を披露しました

巨体同士の迫力ある激突はペリーに衝撃を与えます

巨大な怪物が睨み合っている姿を見ると、もはや人間という気がしなくなってきた。1対の野獣がお互いに相手の血に飢えているのではないかと思うほどである

しかし、このパフォーマンスがアメリカ海兵たちを興奮させることになりました

我々には、ボクシングとレスリングのチャンピオンがいる。ぜひ相撲のチャンピオンと戦いたい

この挑戦を幕府は認め、ここに日本初の異種格闘技戦が開始されます

リングに上がった力士は

小柳常吉(こやなぎ つねきち)

身長170cm、体重150kgと力士にしては身長が低かった彼は、俊敏な動きで相手を翻弄するのが得意


そして、いよいよ【レスリングチャンピオン2人・ボクシングチャンピオン1人VS小柳】の3対1の戦いが始まりました

圧倒的不利な戦いの中

小柳は圧勝したんです!

開始と同時にパンチを繰り出すボクサーの手をはたき込み踏んづける

そしてタックルにきた2人のレスラーたち

1人を抱え込み、もう1人を釣り上げる

終わってみれば小柳の完勝で、それ以降は挑戦するものも現れなかったそうです


試合後、アメリカ海兵の一人が「何を食べて、どんな訓練をしているのか?」と聞かれた小柳は

「美味い米食って、美味い酒飲んで、死ぬ気で稽古する」

と答えたそうです

ご満悦だった?ペリーさん

最後にこんなエピソードが…。

力士たちのデモンストレーションの後、ペリー艦隊の1隻であった【ポーハタン号】の中で晩餐会が開かれました

この時、交渉団の中に通訳として招待されていた松崎純倹(まつざき じゅんけん)という男

豪勢な料理を次から次へと食べまくり、ワインやシャンパンなどの美味しいお酒を飲み散らかした結果、すっかり泥酔してしまいました

ベロベロによった彼はなんと「日本もアメリカも、みんな同じ心だ!」と叫びながら

ペリーに抱きついたんです!

その際、よほど強く抱きついたのかペリーの軍服に付けてあった肩章が潰れてしまいました!

軍人にとっては屈辱的な行為であり、周りにいた者たちは一瞬凍り付きます

しかし、ペリーは笑顔で対応

当時の日記には、こう書かれています

肩章一つで条約が結ばれるなら安いもの

ここまで広い心で対応してくれたのは、力士たちの力と迫力に満足していたからではないでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる