洗車後に簡単コーティング『手軽に使えるオススメコーティング剤』

スポンサーリンク
車・バイク

車が好きな方にとっては『洗車』というのも愛車とたわむれる素敵な時間。

汚れをおとしてピカピカになった車は眺めているだけでも嬉しくなってしまいますね(^^♪

そんな愛車の汚れを防ぎ美しく保つためにはコーティング剤を使うと効果的。

私が免許をとった20年前は油脂系のコーティング剤、いわゆるワックスが主流でしが(現在もありますが)塗って乾いてからふき取るという工程は手間と時間がかかっていました。

そのうえ、手間ひまかけても効果の持続期間はひと月ほど…。

しかし最近では、違ったタイプのコーティング剤がいろいろと販売されてワックスよりも効果が長く、手間もかからないものが主流となっています。

ってことで、今回は車のコーティング剤について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

コーティング剤の種類

まず、コーティング剤に含まれている成分は大きく分けて3種類

それぞれに特徴がありますので、選ぶ時の参考にしていただけたらと思います。

ポリマー(樹脂)系

現在、市場に出ているコーティング剤の中では、最も多くの種類があり、お求めやすいお値段で販売されているのが【ポリマー系コーティング剤】でしょう。

ケイ素などの高分子化合物を密着させることにより、ボディ表面に膜をはり汚れを防いでくれるのが特徴。

効果の持続期間は、およそ3か月とワックスよりも長く、施工の時間も短くすみます。

しかし、樹脂であるため紫外線で劣化しやすく屋根付きの駐車場でないと効果期間は短くなってしまいます。

また、膜をはるだけなので傷には弱くなってしまいます。

ガラスポリマー系

ガラス系コーティングとガソリンスタンドなんかで表現されることが多いのですが『』というのがポイントで、要するに【ガラス繊維を含んでいる】ポリマーコーティングという意味です。

この含まれているガラス繊維の働きにより、普通のポリマー系ではウィークポイントであった効果期間の持続性や耐候性、そして傷への耐性が強化されています。

効果も3~6か月ほど続き、最近はポリマー系よりもコチラを選ぶ方も多いと思います。

しかしガラス繊維が含まれている量には具体的な定義というものがありません!

つまり、少量でも含まれていればガラス系となってしまうので、思っていた以上の効果が無いなんてことも…。

注意点としては、成分表に記載されているガラス繊維の含有量を確認することをお忘れなく!!

ガラス

余計な樹脂成分などを含まず、完全100%のガラス繊維で皮膜を形成するコーティングとなります。

ガラスの膜につつまれたボディは、まるで鎧を身にまとったよう(^_-)-☆

紫外線・熱・傷とあらゆるモノから愛車のボディを守ってくれる最強のコーティングなのです。

効果も1年以上と長く、しっかりとしたメンテナンスをしていれば数年持続させることが可能となります。

市販のガラスコーティング剤も売っていますが、施工には高い技術と知識、そして設備と個人で行うにはハードルは高く専門の業者への依頼が無難な選択でしょうね。

その分お値段は高くなってしまいます。

水のはじき方

水滴のはじき方にも、ざっくり分けると3種類あり。

好みで選ぶのもイイんですが、個人的にはボディの色や形状に合わせて選んだほうがいいと思います。

個別に説明していきますので、参考にしてください。

撥水性

表面に付いた水がコロコロとした水玉となって流れ落ちるタイプで、見た目が一番気持ちいいのが特徴です。(笑)

注意点が一つ。

例えば一時雨が降った後、快晴になったりすることがありますよね?

屋根やボンネットなどにできた水玉が流れ落ちずレンズのような役割をしてしまい、ボディを焼いてシミの原因となってしまいます。

私は以前、ボディは白で屋根は黒のツートンカラーの車に乗っていたんですが、屋根の部分にはポツポツとシミが目立ちました(”Д”)

白系のボディで屋根のある場所に保管でき、ワンボックスみたいな形状の車にはオススメです。

親水性

表面についた水がはじかずにボディに広がり、ゆっくり時間をかけて流れ落ちるタイプです。

水玉にならなのでレンズ状態にならず、汚れの付着が広がるので目立ちにくいというメリットがあります。

しかし、濡れた状態がベッタリしてしまう事と、光沢感が少ないという見た目のデメリットがあります。

ダーク系ボディでセダンのような平らな部分が多い形状の車におススメです。

疎水性

上記の2種類の中間的な存在で、水がかかった直後はボディに広がりますが、その後すぐに流れ落ちていくタイプです。

水はけも良くレンズ状態にもならず、そこそこの光沢も出せますがあまり種類が発売されていません。

黒系ボディやSUV形状の車の方にはオススメしたいです。

オススメしたいコーティング剤

実際に私が使用したことのあるコーティング剤をいくつかご紹介したいと思います。

ソフト99【スムースエッグ リキッド】

レバースプレー式の撥水性ポリマーコーティング剤で、洗車後のボディが濡れた状態で使用します。

各パネルごとに「シュッ、シュッ」という感じで吹きかけてから、付属のマイクロファイバークロスでふき取る。といった工程で仕上げていきます。

スムースエッグの最大の特徴は『リペアコート』という技術。

時間とともに劣化してしまったプロ施工のコーティング被膜の上に、新しい被膜を形成し光沢や撥水効果を修復するという優れものです!

もちろんコーティングしていない車にも使用可能で、その場合でも新たに被膜を形成し【つるるんボディ】に仕上げてくれます。

注意点として、霧状に噴射されるので風の強い日には結構とんでいってしまいますので、ボディの近くから吹きかけてください。

私は現在、使用中です(^^)/。

プロスタッフ【CCウォーターゴールド】

レバースプレー式の撥水性ガラス系コーティング剤で、洗車後の濡れた状態で使用します。

CCウォーターは数種類ラインナップされているんですが、その中でも一番ツヤを出せるのがゴールドです。

ガラス系ナノコロイドという浸透力の高い成分と、ガラス系濃艶プレミアムというツヤ出し成分の【Wコーティング効果】がウリで、さらに繰り返し使用することにより、厚みのあるガラス系被膜をつくり、高い撥水性と深みのあるツヤを実現してくれます。

UV吸収材も含まれていて紫外線にも強いのも高評価。

私はボディにしか使いませんでしたが、窓やヘッドライトにも使用可能です。

シュアラスター【ゼロドロップ】

レバースプレー式の撥水性ガラス系コーティング剤となり、上記の2種類と同じくスプレーして拭くだけの簡単施工(^^)/

シュアラスターといえば昔からあるワックスでも有名で、コーティング車用のシャンプーなんかもあり、カー用品店で目にする機会の多い会社ですね。

同社からは他に【ゼロウォーター】というのが販売されていますが、これは親水性ということもあり撥水好きな私はゼロドロップを選びました。

特徴としてnano+成分とUV吸収剤が配合されていて、CCウォーターゴールドと似た感じです。

撥水感は一番と感じたのはコレでした!

ミラリード【ペルシード】

プッシュスプレー式の親水性ガラス系コーティング剤となります。

人生初の親水性に手を出した理由は『半永久的に続く浸透型のガラスコーティング』という謳い文句です。

その効果を得るためには3回の施工が必要ですが、1本で丁度3回分の量となっているので買い足しは不要!
しかも仕上がりはシリコンっぽいツヤでは無く、ガラスそのものでした。

そのぶん施工の難易度は高め

塗装用のスプレーみたいな感じで噴射されるので、動かしながら吹き付けないと一部分に泡状で付着してしまいます。

もちろん塗り広げれば問題ないのですが、揮発性が高いためすぐに蒸発してしまい、以前に乗っていた白黒ツートンの黒部分(屋根)は若干の色ムラが…。

今の車はパールボディなので、もう一回チャレンジしてみるかな?

あくまで私の技術不足なので、全色使用できますのでご安心を(^_-)-☆

バイクに使用しているコーティング剤

これから紹介するコーティング剤は、洗浄成分を含んでいるので水が無くても汚れを落とせるのが特徴です。

ですので私はバイクに使用していただけで、もちろん車にも使用可能ですよ。

プレクサス

本来は米軍戦闘機の強化プラスチック部分の【洗浄・保護・つや出し】を目的として作られた整備品です。

コレ一本で全てが出来てしまうので洗車時間は大幅に短縮!!

洗浄か効果がありますがコンパウンドは含まず、中性なため塗装面にはダメージをあたえずに汚れだけを浮かせてくれます。

さらにマイクロワックス成分が、塗装面のミクロの溝を平坦に埋めてくれるので傷が目立ちにくくなり光沢を蘇らせ、すべすべの肌触りになるんです(^^)/

ただし!水を使わないので砂などの大きな汚れは先に落としておかなければいけません!!
私はモップで軽くなでています。

柑橘系でキツめな匂いなので気になる方もいるかも?
スベスベ感がハンパないので【ペダル・グリップ】には付かないように気を付けてください。

ワコーズ【バリアスコート】

オイルメーカーで有名なワコーズからのコーティング剤で親水性の高密度ガラス系ポリマーとなります。

プレクサスと同じく洗浄成分が含まれていて、油汚れにも強いのが特徴です。

内用液は伸びが良く、少量でも広い範囲を施工でき使うほどにツヤが増し汚れの付きにくいボディへと導いてくれます。

しかし、油汚れに強い理由は成分に少量の溶剤が含まれているから!

つまり塗装への影響を考えると、使用量や使用法には最新の注意を払って使用することが絶対条件となります。

性能が良い分、シビアな作業になりますので大雑把な使用は避けてください。

使い続けましょう

だいたい1本で3~7台分の使用が可能となり、使い続けると効果がアップするものがほとんどです。

拭き上げる前に手軽にスプレーするだけなので、毎回の洗車に追加してみてください。

ピカピカの車で素敵なカーライフを♪

コメント