ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

『酒気帯び注意!』アルコールチェッカーの精度と対策

車を運転する人が絶対にやってはいけないことが飲酒運転

日本の法律では

呼気中アルコール濃度が0.15mg以上で酒気帯び運転

トラックやバス・タクシーなど運転を仕事にしている人はもちろん、現在では営業職で車で外まわりの方や車で移動する市役所の職員さんも気を付けなければいけない時代になりました

どういう事か

私たちは飲みに行くのに車で行く事は絶対にしませんよね?しかし、家に帰ってから思いませんか?

そこで思う疑問は

飲んだ酒は、体からいつ抜けるのか?

運転初心者が苦手な場面とは?
目次

気になるのは前日のお酒

私は毎日のように晩酌するんですが、家で飲む場合は量が加減できます

しかし、怖いのは

外で飲んだ時

場の雰囲気も手伝って、いつもより飲み過ぎてしまう事があるんですよね

ベロベロに酔って二日酔いって事はないんですが、何となくアルコールが残っているような感じがする事ってありませんか?


一般的に500ml飲んだ場合のアルコール分解時間は

アルコール分解の目安

度数5%のビール・・・約2時間半
度数7%のハイボール・・・約4時間
度数9%のストロングチューハイ・・・約5時間
度数14%のワイン・・・約7時間
度数20%の日本酒・・・約10時間
度数25%の焼酎・・・約12時間

アルコール度数が高いお酒はそんなに量は飲めないと思いますが、ビールほどの度数ならけっこう量がいっちゃう時もあるんですよね

明日の出社時間を逆算して飲むんですが、はたしてアルコールは抜けているのか…。

アルコールチェッカーの精度

私は運転に関わる仕事をしているんですが、現在は全ての運輸関係の会社に義務付けられている事

  • 免許証の提示
  • アルコールのチェック

会社に設置されているのは業務用のアルコールチェッカーで、名前と時間以外にもカメラとも連動していて顔までもキッチリ記録されます

しかも精度は高すぎるほど!

その手順は

STEP
社員番号を入力
STEP
3秒間、息を吹き込む
STEP
0.000なら仕事へ
STEP
もしも検出されたら15分後に再検査
STEP
消えなければ乗務停止

ここで気になるのは4

再検査をする理由は食べ物の中にも微量のアルコールが含まれている事があり、それにも反応してしまうからなんですよね

私がこれまで反応したものは

アルコールが含まれる食品
  • 栄養ドリンク
  • チョコレート
  • チーズ
  • ヨーグルト

最近は入り口で手のアルコール消毒が必要となっているんですが、この手に付いたアルコールも反応したことがあります

しかし、これら食材に含まれるものは数値が少量ですし15分後には間違いなく消えるんです

そのための再検査という事

危険な車たち
ピカピカレインプレミアム【滑水性】

もしもアルコールが検出されたら?

前日に「飲み過ぎてしまった」という心当たりがあった場合

1回目で0.15以上出てしまうと言い訳なしで完全アウト!

だって、警察に捕まる数値ですからね…

2回目でも消えなければ仕事はできず、消えるまで会社で待機したあと始末書を書くことになります

っとなると、当然その日は欠勤扱いとなり給料は出なくなりますし、ボーナスの査定も下がってしまいます

まあ当然の事でしょう

それほど飲酒運転というものは危険なんです!!

本当はいけないんですが…

実は、このアルコールチェッカーにはちょっとした盲点もあるんですよね

それは

0.050以下は検出されない

つまり1回目で出てしまっても15分の間に0.049以下まで下げれば良く、完全に0にする必要はないという事なんです

もしもアルコールが出てしまった場合、とりあえず15分の間で水をがぶ飲みしてみてください

私の経験上

0.07ぐらいまでなら消えます!

そのかわり、軽い『水中毒』のような症状が出てしばらくは仕事になりませんでしたけど…。

全て飲んだ自分が悪いんです

あおり運転の対策とは?
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

自身の飲める量を把握しておく事

運転に関わる仕事をしている方にとって『お酒を飲まない』ってのが一番の対策なんですが、やっぱり仕事終わりの晩酌は最高なんですよね

問題なのは量

飲み過ぎは体に有害ってこともあるんですが、適量を守って楽しむことが大事なんですね

私のように職場で検査する方はいいんですが、運輸関係の仕事でない方にとっては自分の呼気中アルコール濃度なんてわからないでしょう

休日、家族と車で出かける方へ

前日飲み過ぎてはいませんか?
お酒が残った感じはありませんか?

最近では携帯用のアルコールチェッカーもありますんで、持っておくのもアリかなと思います

事故をおこさなくても、捕まれば免許停止処分はまぬがれませんから

雨の日の運転には注意が必要

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる