料理ができない1人暮らしの男性へ!食費は抑えるためには米を炊け!

日常の悩み

世の中の【一人暮らしの男性】の中で、どれぐらいの方が自炊をしているんでしょうか?

ちなみに私自身は全くやりません

ってか、出来ません!!

しかし最近、給料をもっと貯蓄に回したいと思い始めた私は節約を考え始めました

しかし、どうすれば安くなるのか??

スポンサーリンク

これまでの食生活は

私の職場には独身男性が多いんですが、ほとんどの方が自炊をしていません

ある先輩の話によると

「あんまり費用が変わらないから」

との事

果たしてそうなんでしょうか?


ちなみに私は食べ物には興味が全くない人間で「腹がふくれればイイ」タイプで正直、毎日同じ食べ物でも気にしません

そんな特殊体質の食生活は

・コンビニでおにぎりとパン¥300

・コンビニで弁当¥600

・スーパーの安売り弁当¥300

つまり1日の食費が¥1200かかっていて、これが一か月の勤務24日だと¥28800

外食をしている先輩よりは安いと思うんですが、一人暮らしでは高いと思われます


でも料理する技術はありませんが、このままでは出費がかさんでしまいます


ってな訳で、まずは簡単なことから始めてみます

米は炊く

まず、日本人の食生活のメインである米

これは自分で炊くこと!

炊飯器さえあれば『米を軽量して水を入れてスイッチを入れるだけ』で、時間が来たら出来上がりますの技術は必要ありません


私の場合1日2合炊いて、炊きあがったご飯を3つに分けます

これを今までの食生活に当てはめると

1・朝のおにぎり2つ

2.昼のお弁当

3・晩ごはん

1合を150gとすると1日300g、つまり1か月で9kgのコメが必要となります

スーパーで売られている5キロの米を2袋

¥2200円×2=4400

これを日数で割ると1日当たり¥146が米の代金となります

おかずはどうするか

いくら食べ物に興味のない私でも、さすがに米だけというのはチョット無理です

仕方ないのでこれらもスーパーで探してみるとイイのがありました

おにぎりの具

まず、おにぎりと言えば『塩』

これだけでも結構いけるんですが、やはり物足りないですよね

私の1押しは

鮭フレーク

私のやり方は、炊きあがったご飯から【今日の分】と【明日のお弁当の分】を先に取ります

そして炊飯器に残ったご飯に、塩と鮭フレークを混ぜ合わせます

これがまた、鮭フレークの油がイイ感じでご飯をパラパラにしてくれるんですよね


150gのビンが¥500で1週間使えますので1か月で¥2000

って事は、1日当たりの金額は¥66がおにぎり代となりコンビニの半額です

弁当のおかず

料理ができる方は晩御飯の残りを明日のお弁当のオカズにする方が多いと思われますが、出来ない方は冷凍食品を使いましょう

お店によっては結構な種類があって組み合わせも豊富ですよ


私が購入するのは4種類

というのも、あまり少ないのは物足りないというのもありますが私の行くスーパーでは2つセットで買うと安くなるというメリットがあるんです

揚げ物メインで内容量が6個入りをえらべば1週間分となり、そこにウインナーを追加すれば十分なおかずになります



そして小鉢

お惣菜コーナーにはサラダのパックが売られています

それを利用すると

冷凍食品1つ¥150×4で600となり1か月で¥2400

ウインナー
10本入り¥280は1か月で¥840

総菜¥100で買えるので1か月で¥2400

お弁当にかかる1か月費用を合計すると¥5640となり、1日当たりのオカズ金額は¥235となります

おまかせ健康三彩

晩は鍋が最高

晩御飯は断然鍋がオススメ!

だって煮込むだけで出来るし、野菜も豊富に取れるんですよ?

まさに一人暮らしの男にとっての最適な料理じゃないですか!!

そして1日目は鍋として食べ、残った汁を次の日に雑炊として食べると1回の調理で2日分食べることが可能となります

鍋にかかる費用は?

鍋に必要なダシはキューブタイプを使いましょう

というのも一般的に売られている鍋用のダシは750gとなり、容量としては2~3人分あり1人ではちょっと多いと思われます

その点、キューブタイプなら水の量を加減するだけでいいので1人には使いやすいんですよね


ちなみにキューブは8個入りで¥280

水180mlに対して1個使います

一人分の鍋なら360mlでも十分なので、一回の鍋で使うのは2個


そして野菜は鍋用カット野菜の小サイズ¥200

白菜・ネギ・人参・シイタケと鍋に必要な具材は入っています

サイズも小と中があるんですが、1人で食べるなら小でも十分


メインの鶏肉は中サイズで10切れ入った切り身¥380で購入

賞味期限が4日ほど持つので一回で半分使って、残りは冷蔵庫で次回まで保存しておきます


あとはお豆腐ですね

こちらもカットされた鍋用豆腐が¥110で売っています

中身は8切れにカットされていますので、半分の4切れを使用

さていくらになるのか

:キューブタイプのだし・¥70

:鍋用野菜(小)・¥200

:国産鶏肉(中)・半分つかうため¥190

:お豆腐・¥55

1回でかかる金額は¥515

これを2日間食べるわけなので1日当たりは¥257

いくら変わるのか

全てを合計すると、1日当たりの食費は¥704となりました

これを1か月24日勤務とすれば、月にかかる食費は¥16896

今までのコンビニ生活では¥28800かかっていた事を考えると

1か月で¥12000ほど安くなりました

正直、スーパーで買う晩御飯に関してはほとんど差はないんですが決定的な差はコンビニでしょうね

やはり高いです

しかも、ついつい余計なものまで買っちゃう事があるんですよね

レジの横にある揚げ物なんか美味しいですし、誘惑に負けてしまうのは私だけではないはず

手間は洗い物だけ

といっても包丁もまな板も使わないので、洗うものは炊飯器弁当箱だけなので5分もかかりません

それで年間¥150000

続ける価値はあるのでは??

コメント