どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

車のフロントガラスに付着した油膜を取る方法!月に一度はメンテナンスを

車を運転する上で大事なのは視界


つまり車のフロントガラス



ドライバーの視界を確保するために重要な部分であり、走行で汚れが付着しやすい部分でもあります



特に厄介なのが油膜



もしも、フロントガラスに油汚れが付着したまま走行するとどうなるか?



晴れている昼間は日光を反射しギラつきの原因に、また雨の日は視界の歪みの原因となり

ドライバーの視界に悪影響を与え危険です


定期的なメンテナンスが必要不可欠で出来れば月に一回はやっておきたいところ


「では、どうすればいいのか?」


今回は、車のフロントガラスの油膜の取り方について解説していきたいと思います

目次

用意するもの

車のフロントガラスは構造上、平面上に取り付けられているため汚れが付きやすいです


フロントガラスに付着した油汚れや、うろこ状になったシミなどはカーシャンプーだけで落としきることは不可能

ガラス専用クリーナー


というものが必要です


クリーナーを使用するとガラス表面の汚れは綺麗に落とせますが、そのままでは汚れが付きにくい状態


そこで、ガラスをコーティングするために

ガラス専用の撥水剤


を塗り込むことが大事です


この2つは必須となりますので用意しておきましょう

洗剤で汚れを落とす

まずは通常の洗車で

ガラスに付いた埃や砂などの大まかな汚れを落とします


ボディと同じく、ガラス面にも小傷の原因となりますので擦らずに優しく落としましょう


左右や後方の確認も大事ですので、全てのガラスを丁寧に洗い流すように!


しっかりと泡をすすいだらガラスに付着した指摘をきれいに拭き取ります

下地処理で油膜を落とす


大まかな汚れを落とし、水滴を拭き取ったら下地処理


洗剤では落としきれない油膜やうろこを研磨剤で磨いていきます


ペースト状の研磨剤が多く、スポンジに適量を取りガラス面を丁寧に磨いていきましょう

この時も強く擦るのはNG!


研磨成分が逆に傷つける原因となってしまいますので、表面を撫でるようにスポンジを動かすだけで綺麗に取れます


全てのガラス面に下地処理を施したら、もう一度水で流し拭き上げたら次の工程へ

撥水剤を塗り込む

この時点でのガラスは、水がベッタリとついた親水状態


このままでは雨の日に視界が滲んでしまうため、ガラスを撥水状態にしていきます


市販の撥水剤には様々なタイプがあり、簡単なモノではスプレータイプやウォッシャー液に入れるタイプなんですが、他の部分にも付着する危険もあります


おすすめしたいのは

手間はかかりますが塗り込むタイプ


表面に塗り込み、乾いたウエスで拭き取ります


この時、撥水剤が完全に乾く前に拭き取るようにする事で表面にムラができにくくなりますので、1枚ずつ施工していく事が綺麗に仕上げるコツ

まとめ

雨の日の運転は危険なモノ


そんな悪条件の中で視界を確保することは、ドライバーや同乗者の命を守るために必要です



特に雨の多い地域などではワイパーの動きで撥水コートがはがれやすいので、出来れば月に1度ぐらいのメンテナンスをおすすめします

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる