ショアからブリが釣れるロッド特集! コチラをCLICK!

バーベキューで余った炭の使い道は?捨てずにリサイクルしましょう

バーベキューの燃料として使われる炭

この炭というものは意外と燃焼時間が長く、食べ終わってもまだ燃えているという事が多いです

そのまま焼ききって灰にするもの時間がかかりすぎるし、消化して施設の備えられた炭捨て場に捨てるのももったいないですよね

そこで

余った炭はリサイクルしましょう

というのも炭は無数の穴があいた【多孔質】で、この穴が様々な物質を吸着したり放出したりしてくれる効果があるからなんです

ただの黒い塊のゴミではないんです!

では、どんなことに使えるのか?

今回は、炭のリサイクルについて解説していきたいと思います

この記事の内容
  • 炭火の後始末の仕方
  • 炭のリサイクル例
目次

効率よく炭火を消すには?

燃えている火を消す方法は大きく分けて2つあり、水を使うか酸素を無くすかのどちらかです

水を使った炭火の消し方

水を張ったバケツに少しずつ炭を投入するのが基本

トングを使い大きめの炭から順番にバケツの水に漬けましょう

はじめは細かい泡が出て浮かんでいますが、徐々に沈んでいき完全に泡が出なくなれば消火完了の合図

一番やってはいけない方法は

上から水をぶっかける事!

高温で熱せられた炭により、水は一瞬で高温の水蒸気に変化します

そうなると、焼けきった灰を周囲にまき散らしながら周囲に散乱する事になり火傷の危険があるんです

酸素を無くす炭火の消し方

アウトドア用品の中にある便利なアイテム

火消し壺

陶器や金属の容器に炭を入れ、蓋をして密閉することで内部の酸素を無くして火を消す仕組みです

撤収作業が早いうえに、そのまま容器ごと持ち帰る事ができ手間がかからないのがメリット

金属製は値段が安く丈夫ですが、容器が熱を持ちやすいため注意が必要で、陶器製は大容量のモノが多いのですが、割れやすいため注意が必要

使いやすいのは金属製ですね

炭の着火方法はコチラ
キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

炭はどんなことに使えるのか?

持ち帰った炭のリサイクル法は大きく分けて5つ

炭のリサイクル法
  • 次回のBBQ
  • 料理
  • 消臭剤
  • 除湿剤
  • ガーデニング

それでは、順に解説していきましょう

次回のBBQに使う

一度使用した消し炭は着火しやすくなるのが特徴

特に備長炭の新しい炭は着火がしにくく初心者にはなかなか難しいのですが、消し炭があれば問題なく着火が可能です

しかしそのためには完全に乾燥させておくことが重要で、水を使用して消火した場合は家に帰った後、数日天日干しして湿気の無い場所で保管しておくようにしましょう

料理に使う

乾燥していない湿った炭でも使えます

火が付いている炭の中に湿った炭を入れる事で水蒸気が発生し、アミの上にある食材を短時間でジューシーに焼き上げる事が可能

また自宅でも便利に使用でき、多孔質の穴が水道水の塩素や臭いを吸着し安全なミネラルウォーターを作る事ができたり、炊飯器に入れればご飯がふっくら炊けたりできます

消臭剤として使う

臭いの原因となる細菌ですが、これらの細菌を多孔質の炭は吸収してくれます

玄関の靴箱やトイレなどの臭いが発生しやすい場所に置くことで、気になる臭いの元をしっかりと吸収する消臭剤として働きます

実際、炭を使った消臭剤なんかも販売されていまから効果は間違いありません

除湿剤として使う

炭は水分も吸収しやすくタンスやクローゼット、水道などの水回りに置いておくと湿気を取ってくれます

それに加えて有害物質や胞子さえも吸い取ってくれるため、カビの発生をも防いでくれる効果があります

実際に、古い神社やお寺の床下には炭が除湿剤として使用されている場所も多いんです

ガーデニングに使う

炭自体が肥料になる訳ではありません

しかし、土に細かく砕いた炭を混ぜ合わせる事で土中に潜む微生物たちが住みつきやすく、土壌の活性化につながる効果があります

更に、土中に発生した有害物質を吸収することで植物の成長を促す効果もあるんです

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

余った炭は捨てずにリサイクルしましょう

このように余った炭は捨ててしまうとゴミですが、持って帰ると使い道は多いんです

その際は

きっちり消火し、きっちり乾燥させる事

限りある資源ですので、なるべく捨てずに最後まで使い切る事をおすすめします

おすすめバーベキューコンロはコチラ
キャンプ用品専門買取【JUST BUY】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる