ショアからブリが釣れるロッド特集! コチラをCLICK!

バーベキューで使用する【炭の種類と着火の仕方】について解説

焼き料理の燃料として活躍する炭

ガスやガソリンよりもコスパが高く、燃焼時間も長い事からバーベキューには欠かせないアイテムです

そして炭の最大の特長は

遠赤外線効果

この効果のため、食材の中までしっかり火を通すことができます

しかし、他の燃料と違いワンタッチで着火できないというデメリットもあります

そこで今回は【炭の種類と着火の仕方】について解説していきたいと思います

目次

炭とは?

炭には、大きく分けて黒炭と白炭の2種類が存在します

土窯で焼くのは同じなんですが、温度と消火の仕方に違いがあり

炭の違い
  • 黒炭…400~700℃の温度で焼き、自然に消化して作られたもの
  • 白炭…1200℃の高温で焼き、消し粉を使って一気に消火したもの

白炭が白く見えるのは、この消し粉を使ってるからなんですよね

炭の種類

黒炭

主に日本国産のナラ・クヌギ・カシなどで作られた炭

価格も安く入手しやすいうえ、高火力で着火しやすい事からバーベキューに向いていると言えます

しかし、煙が少し多く臭いも付きやすい事がデメリット

マングローブ炭

同じ黒炭ですが、東南アジアから輸入されてマングローブの木から作られた炭

値段は最も安いのですが燃焼時間は短いため、つぎ足しが必要となり多くの炭が必要

薪に近いような性質で、煙も多く大人数や庭でのバーベキューには向いていません

備長炭

白炭の代表である備長炭

煙が少なく燃焼時間も長いため、安定した火力を出せるおすすめの炭

しかし着火から安定するまでに時間がかかる事や、大きく爆跳するなどと初心者には扱いにくいのが難点

オガ炭

木材から出た大鋸屑(おがくず)を灰にして固めて加工した炭

備長炭に匹敵するほどの燃焼時間と火力を持ちながら、価格はやすくリーズナブルでコスパが高いのがメリット

爆跳する事もほとんどなく、灰も少ないなどとイイ事だらけで一押しの炭!

炭の火力はどうやって調整するのか?

火のついた炭の表面は白くなり、黒いままの炭には遠赤外線を遮る効果があります

このため

使用する全ての炭に火をつけるのはNG!!

この2種類の炭を利用しバーベキューコンロの中で並べ替える事で火力を調整しましょう

具体的には

半分に火のついた炭を並べ、半分に火の付いていない炭を並べるという事

こうすることで焼けた肉の焦げ付きを防ぐことが可能となるからです

火おこしに必要な道具

炭とライターがあれば問題ない!

と思ている方もいるかもしれませんが、さらに追加アイテムがあれば快適に行う事ができます

あると便利なアイテム
  • 柄の長いチャッカマン…安全に火がつけられる
  • 皮手袋…軍手よりも燃えにくい
  • うちわ…強い風を送れる
  • 炭ばさみ…手が汚れない
  • 着火剤…火起こし時間が短縮

火を使う以上火傷の危険があるため、これらのアイテムがあると便利で安全

アウトドア&スポーツ ナチュラム

着火の仕方

最初に火をつけるためには着火剤は必須

よく新聞紙を使う方もいますが、風に煽られて舞い上がったりする可能性が高く初心者向けではありません

着火剤

着火剤の中には【固形型】【液状型】がありますが、どちらを使うにせよ木炭専用を選んでください

固形型

大鋸屑(おがくず)などに灯油をしみこませて固めた着火剤

値段も安く入手しやすい事や、燃焼時間が長いため炭に火が移りやすいのがメリットです

煙と匂いが多少出てしまうのが残念なデメリット

中には植物油を浸み込ませたものもあるので、コチラを選べば臭いは若干マシになります

初心者におすすめ出来る安全な着火剤と言えます

液状型

チューブに入った半生タイプのメチルアルコールを使用した着火剤

固形に比べると値段が若干あがりますが、付けたい場所に塗れる事や火力が高い事がメリットです

ただし揮発性が高いため、絶対にやってはいけない事が

火が点いた状態でのつぎ足し!

気化したメチルアルコールは引火性が高く、手元のチューブにまで火が上がってくる事があり本体まで燃え移る危険があるからです

しかも、ジェル状であるため付着すると中々とれなくなり大火傷の危険も!

実際に、こういった事故は後を絶たないんですよね…


どちらの着火剤を使用するにしても火おこしの手順は同じ

着火剤を使った火起こし
  1. 着火剤は一番下
  2. その上に小さくて軽い炭を乗せる
  3. 火を付けたら下から仰ぐ
  4. 他の炭に火が回ったら、上に炭を積み上げる

火おこし器(チャコールスターター)を使う

4面を囲まれ、下に穴が空いた筒状のアイテムが【火起こし器】

筒状な事には理由があり、熱せられた空気は常温よりも軽くなり上昇気流に変化します

このため、筒の中では上から逃げる空気を下から取り込もうとする空気の流れが発生するんですよね

コレが

煙突効果!!

つまり、自然に空気が流れる事でうちわで仰いで空気を送る手間が省けるのがメリット

火が回った後は、火起こし器を外して炭を並べるだけでOK!

注意点としては

炭は縦に入れた方が火の回りが早い

使わない手はありませんね

ガストーチを使う

1点集中型のガスバーナーの事

火力が高く複雑な操作も必要ないため、誰でも簡単に着火できることがメリット

狙いたいポイントに火がつけれるので確実に火を起こすならガストーチ一択でしょう

しかし着火まで当て続ける必要があり、時間と手間がかかるのがデメリット

そして燃料切れのリスクもありますので、連泊には向かず日帰りレジャーでの使用がおすすめです

余った炭はリサイクル

まとめ

バーベキューの熱源として最適な炭

遠赤外線の効果は、食材の中までしっかりを火を通しガスとは違った焼き上がりになるんです

今回は【炭の種類と着火の仕方】について解説しましたが、私のおすすめは

オガ炭+火起こし器

この組み合わせは、燃料代のコスパが高く着火が簡単だからです

ぜひ参考にして、最高のバーベキューを楽しんでください

おすすめバーベキューコンロはコチラ
キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる