ショアからブリが釣れるロッド特集!コチラをCLICK!

最強の寝心地をあなたに!コスパの高い【キャンプマット】

泊りキャンプで必要なアイテムはテントと寝袋

テントが家で寝袋が布団の役割を果たしてくれるため、この2つがあれば寝る事は可能です

しかし快適な睡眠を取るためには寝床造りにはこだわりが必要となるんですよね

さらにベッドがあれば最高だと思いませんか?

家庭でも直接床に寝る事はありませんので、最高というよりも必須アイテムと言ってもいいぐらい

そのアイテムが

キャンプマット

使用場面はキャンプだけでなく、車中泊にも快適な睡眠をもたらしてくれます

しかし、市販されているキャンプマットには様々な種類があり、それぞれに特徴があるため選択には悩むところではないでしょうか?

そこで今回は【キャンプマットの種類と選び方】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  • キャンプマットの役割
  • キャンプマットの種類
  • キャンプマットの選び方
  • おすすめキャンプマット
目次

キャンプマットの役割

キャンプマットを使用する目的は主に2つあります

断熱性

一番の役割は

冷気をシャットアウトする事

自然の地表温度は夜になると想像以上に下がるため、寝袋だけでは十分な保温効果が得られない可能性があります

地面には水分が含まれているため、冬だけではなく夏場でも地面からの底冷えは起こる事なんです

つまり、泊りキャンプにおいては年中必要な対策という事

クッション性

もう一つの役割は

衝撃を和らげる事

キャンプ場なら問題ないと思いますがその他でテントを張る場合、平坦に整備された場所に張れるとは限りません

地面の凹凸や石などが背中にあたると、寝心地が悪く快適な睡眠を取ることは不可能になってしましますよね?

そんな地面からの衝撃を緩和して寝心地を良くしてくれる効果があるんです

使いやすいドームテントはコチラ

キャンプマットの種類

主に市販されているキャンプマットの種類は、大きく分けて4タイプあります

アルミ銀マット

銀色のシートで

断熱効果が高いのが特徴

値段も安く、軽量でコンパクトに収納できるのもイイ所

下に、新聞紙や段ボールを敷くことで更なる断熱効果を得る事ができます

しかし厚みが無いためクッション性は低く、整備されたキャンプ場以外では寝心地に影響が出てしまうのが難点

ウレタンマット

合成ポリマーであるポリウレタンで作らたマットで

高い断熱性が特徴

アルミマットよりも厚みがあるためクッション性も高く、耐久性も高いためコスパに優れたマットと言えます

巻くグセも付きにくく、広げてもカールしにくいので設営のしやすさはナンバーワン!

しかしウレタン特有の臭いがあり、気になる方は消臭対策が必須なのが難点

エアー式マット

空気を入れて膨らませるマットで

寝心地がイイのが特徴

息やポンプを使い空気を入れて膨らませるため、クッション性は抜群で快適に寝られることは間違いなし

コツは空気を満タンに入れずに

若干凹むぐらいにしておく事!

この方が体が沈み込み寝心地が良くなりますよ

しかし設置までに時間がかかり、破れたら使用できない事が難点

インフレーターマット

コチラも空気で膨らませるマットで

寝心地がイイのが特徴

エアー式とは膨らませ方に違いがあり、バルブを開けば自然に膨らんでくれるマットです

このため、快適な寝心地を楽に手に入れるための手間と労力が軽減されるのがメリット

しかし種類が少なく、重量が重くなってしまう事が難点

快適な寝心地の寝袋はコチラ

キャンプマットの選び方

キャンプマットを選ぶ基準は、大きく分けて3ポイントです

サイズの基本

自分の体より大きめを選ぶ事が大事で、マットからはみ出してしまっては意味がありません

重要なのは

幅よりも長さ

自分の身長は把握していると思うので頭や足が出ないサイズを選ぶ必要があり、最低でも180cm以上は欲しい所です

ただし、車中泊に使用する場合は車のサイズにも注意する事

車のレジャーに最適なタープは?

コンパクトな収納性

キャンプに向かうスタイルで選ぶ事も大事

車を使用するなら収納性よりも快適性を重視し、バイクや登山になるとコンパクトさや軽さを重視しましょう

移動だけで疲れてしまっては、せっかくのキャンプが台無しになってしまう可能性がありますから

季節による断熱性

マットの断熱性を表す【R値】をチェック

一般的に高い方が断熱性に優れていて

基準となる数値は3が目安

春や秋のシーズンには基準値を目安にし、冬場なら3以上、夏場なら2以下ぐらいを選択すれば間違いないでしょう

ちなみに重ねる事で効果がアップしますので

安いマットを2枚使うのもアリ

おすすめキャンプマット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングマット

キャプテンスタッグからのアルミ銀マット

なんと言っても値段が安いのが特徴で、仮に2枚用意しても価格は1500円程度とコスパ最強と言えるマットです

アルミは方面だけなので季節に応じてリバーシブルで使うのがベスト

厚さは8mmしかないため凸凹した場所での使用は難しいですが、整備された場所や車中泊には最適なアルミマットです

モザンビーク(Mozambique) キャンプマット

20mmの極厚で、収納袋も付いたアルミマット

耐熱性とクッション性を兼ね備えている秘密は、耐久性の高い【XPE素材】をアルミでコートされている事

しかもアルミコートは片面だけに施されているため、季節に応じて裏表を使い分ける事で温度管理が簡単にできるのもイイ所です

固めで高反発な寝心地が好きな方なら買って損はなし!

ジョイミー(JOYme) キャンプマット

ジョイミーからのウレタンマット

XPE素材で作られた厚さが2cmあるマットは、クッション性と耐久性に優れています

お風呂の蓋のような感覚で折りたたむ事ができ、袋付きで収納性も文句なし

防水仕様で水洗いもでき、まさにスキのないマットと言えるでしょう

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット

コスパの高いアウトドアブランド【キャプテンスタッグ】からのウレタンマット

厚さが20mmもありながら、重量はわずかに270gと軽量な所もポイント

波型の表面は、高い保温性とクッション性を実現させるために加工されたもので、よほどの悪条件でなければ十分すぎる性能を発揮してくれるでしょう

また部分的に折りたたむ事も可能で、枕代わりにも使用できます

フィールドア(FIELDOOR) ウルトラライト エアーマット

フィールドア製のエアーマット

特筆すべきは、190cmの長さでありながら手のひらサイズのコンパクトさです

設営には10回ほど息を吹き込むだけで膨らみ、バルブには逆止弁も取り付けられているため女性でも簡単に膨らませる事が可能

パラシュートにも使われる【リップストップ生地】で耐久性も文句なしのエアマットです

ハイケンチャー(HIKENTURE) エアーマット

安くて枕付きエアマットが欲しいならこれ一択!!

厚さ70mmで570gのスペックを誇り収納袋付きとなれば、バイクでのツーリングキャンプにも最適なマットと言えます

取り付けられた2つの弁は『上から空気を入れて、下から空気を抜く』というシンプルな構造で、初心者でも簡単に設定が可能です

しかも、空気を抜くときのスピードは僅か1秒!!

枕部分には専用の弁があり、高さの調整も可能ですので自宅でも使えるマットです

ベントラックス(VENTLAX) インフレーターマット

高品質を目指す、大阪泉州のブランド【ベントラックス】からのインフレーターマット

2つのバルブを搭載し設営時間は僅か1分と短時間

厚さ8cmの波状ウレタンは、地面の凹凸を軽減し高い耐久性も実現してくれます

しかも、このマットは同型となら連結も可能でサイズアップも簡単に出来るんです

重さが2.3kgもあるのが難点

コールマン(Coleman) インフレーターマット ハイピーク シングル

説明不要のブランド【コールマン】から販売されるインフレーターマット

厚さ100mmで空気を含んだマットの寝心地は、自宅のベッドと変わらないほどの寝心地を実現してくれます

弁を開くだけで7~8割は自然と膨らむのですが、細かい調整は自分で空気を入れる必要があります

しかし、このマットに付属している収納袋はポンプの役割を果たしてくれるため余計なアイテムが必要ない事もメリットと言えるでしょう

キャンプ用品専門買取【JUST BUY】
泊りキャンプにはグランドシートも必須

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次へ
目次
閉じる