どんなレジャーでも簡単に設営できる【ワンタッチテント】特集!! コチラをCLICK!

キャンプ料理に最低限必要な器具8種!これだけは準備しておく事

キャンプに出掛け、大自然の中で食べる食事は格別なモノ


定番料理であるバーベキューはもちろん、米を炊いてカレーシチューを煮込むのも最高です


さらには、スペイン料理のパエリアなんかも作れちゃうんですよ


しかし

ベロ

そのためには、ある程度の器具が必要です

だからと言って、大げさな調理器具が必要なわけではありません


そこで今回は

キャンプ調理に必要な道具
  • 準備に必要な道具4種
  • 食べるのに必要な道具4種

全部で8種類の道具について解説していきたいと思います

目次

準備に必要な道具

ここでは、食材の保存や調理に入るまでに必要な道具4種について解説します

クーラーボックス

大きめのクーラーボックスにあれもこれも入れるより、45lぐらいのサイズを食材用飲料用に2つ用意するのが基本です


釣り用のクーラーボックスは効果で造りが複雑なため必要なく、シンプルなハードタイプを選びましょう


だってシンプルな方が保冷力が高いですから!


また、飲料はどうしても重くなるためソフトタイプのクーラーボックスがおすすめです


本体が軽い事と、飲み切った後に折りたためば収納にも場所を取りません

ウォータータンク

ほとんどのキャンプ場には炊事場が設置されているため水に困る事はありません


しかし利用するたびにいちいち炊事場に行くのは効率が悪すぎ、自身のサイトに確保するのが基本です


最低20l程はいるタンクを準備し、身近に置いておきましょう


蛇口が付いたものを選ぶと使いやすく、さらにキャスターが付いたものなら満タンの水を運ぶのも楽です

キッチンテーブル

調理環境を整えるためには必須のアイテム


ツーバーナーが設置できるスタンドと、調理用テーブルがセットになっているモノが一般的です


これは左右の入れ替えも可能ですので、自分の使いやすいレイアウトにしましょう


テーブルの下には棚や網が設置されていて、キッチン関係のアイテムをまとめて収納する事も可能


さらには、夜間の使用にも適したランタンハンガーが付いたものなどバリエーションは豊富に存在します

ソフトバケツ

柔らかい素材で、使わない時はコンパクトに収納できるバケツ


ウォータータンクの水を自宅の水道のように使うとスグに無くなってしまいます


そこで蛇口の下に設置して水受け用に置いておき、食後の食器洗いに使うと無駄がありません


キャンプ用には外側にポケットが付いているものが多く、タオルなどの収納が可能


内側にメッシュ袋が付いているものも多く、洗った食器をいれて乾燥させるのに便利です

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

食べるのに必要な道具

ここでは、食材の調理と食べる時に必要な道具4種について解説していきたいと思います

バーナー

調理に使用するための火元であり最も大事な道具


携帯に便利なシングルバーナーと、調理の幅が広がるツーバーナーがあります


使用する燃料にも違いがあり、ガソリン式は燃費が良く火力も高いですがメンテナンスが大変なのがデメリット


ガス式は、点火と交換がワンタッチですみますが燃費に問題があり高くつきます


使用するランタンと燃料を合わせれば使いまわしができるため経済的

バーベキューグリル

キャンプといえばBBQで、網焼きや鉄板焼きなどを楽しみたいんですよね


燃料は炭や薪を使いますが基本は炭を使う事!


薪を使うと本体に悪影響となりますので避けた方がいいです


もしも、焚火も楽しみたいのなら併用できるグリルか専用の焚火台を準備することをおすすめします


おすすめしたいのは蓋付きタイプ


下の受け皿でチップを燃やせば、燻製も出来てしまうため料理の幅が広がりますよ

クッカー

キャンプで使うクッカーは、フライパンやサイズの違う(大・中・小)鍋がセットになったものを指します


必要な容量よりも少し大きめが使いやすいですが、バーナーのサイズに合わせるのが大事です


収納性を高めるために、取っ手の部分が取り外せるクッカーを選択しましょう


基本的にキャンプ用クッカーは、軽量化のために薄い素材を用いているものが多く火加減には要注意!!

食器

キャンプで使う食器は軽くて丈夫なものを選ぶことが大事


メラミン樹脂製コレール製が使いやすく、油汚れも落としやすいため便利です


「紙皿でいいや」


と考えている方も多いと思われますが、風に飛ばされやすく落ち着いて食事ができない可能性がありますので注意!


キャンプ用を準備するのが面倒なら、家庭で使用している耐熱性の食器を使うのもアリです

最後に

大自然の中で食べるご飯は格別です!!


少々焦げ付こうが、食材が半生だろうが全て美味しく感じる事ができるでしょう

ベロ

でも、どうせ作るなら最高の料理を目指しましょう

そのためには、今回ご紹介した調理器具

キャンプの食事に必要な器具
  • クーラーボックス
  • ウォータータンク
  • キッチンテーブル
  • ソフトバケツ
  • バーナー
  • BBQグリル
  • クッカー
  • 食器

この8種を最低限、用意しておくことをおすすめします


ぜひ、思い出に残るキャンプを楽しんでくださいね

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる