ショアからブリが釣れるロッド特集! コチラをCLICK!

コスパ抜群!使い勝手がよく安い【おすすめバーベキューコンロ】

自然の中で楽しむ食事といえば

BBQ(バーベキュー)

海や山、川や広い公園の他に家の庭でも楽しめるレジャーの一つで、大人から子供まで嫌いな人はいないほどの人気があります
大人数ではもちろん、最近では少人数やソロバーベキューを楽しむ方も多いようですね
しかしバーベキューを快適に行うのに、 いちいち竈を組んだりするのは手間がかかり使い勝手が悪すぎます

そんな時は

バーベキューコンロがあれば便利

現在、市販されているバーベキューグリルには様々な種類があり、それぞれに特徴があるため使用するシチュエーションによって選ぶ必要があります

では、どんなバーベキューコンロを選べばいいの?

と、思う方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は【バーベキューコンロ】について解説していきたいと思います

この記事の内容
  • バーベキューコンロの種類
  • バーベキューコンロの選び方
  • おすすめバーベキューコンロ
目次

バーベキューコンロの種類

同じバーベキューコンロでも形状に違いがあり、使用目的によって選択する必要があります
種類は多きく分けて4種類

スタンド型

バーベキューと聞いて真っ先に思い浮かぶ形のコンロで、足が付いているため腰ぐらいの高さで調理することが可能
立食スタイルがメインとなるため大人数に向いています
焼き網と鉄板がセットで販売されているモノも多く、とりあえず買っておけば間違いないバーベキューコンロ

しかし、使いやすいんですが焼く調理しかできないため、調理のアレンジが乏しくなります

スタンド型の特長
  • 使いやすく大人数向き
  • 焼く事しかできない

蓋付き型

主に海外で使用される欧米風バーベキューで使用されるコンロで、取り付けられた蓋で蒸し料理を作ることが可能
長めの足でキャスターも付いているモノが多く、使い勝手は文句なし!
厚めの肉でも中まで火が通り、受け皿でチップを燃やせば燻製も出来るため自慢の料理を振舞いたい方にオススメです

しかし、サイズが大きく収納性には難があり移動や保管が難しく、外出よりも大きい家の広い庭でのバーベキュー向き

蓋付き型の特長
  • 調理の幅が広がる
  • 収納性が悪く道運びに不便

焚火台型

泊りキャンプや直火禁止のキャンプ場で、明かりや暖を取るために持っておきたいアイテムが【焚火台】
燃料として炭だけではなく薪も使えるのがメリット
というのも、多くのバーベキューコンロの燃料は炭専用のモノが多く、薪を使うとコンロの寿命を縮めてしまう可能性があるからです

しかし焼き網は別売りになるモノが多く、サイズも小さいため少人数向き

焚火台型の特長
  • 燃料に炭と薪が使える
  • サイズが小さく大人数に向かない

卓上型

テーブルの上に置いて、少人数でバーベキューが楽しめるタイプのコンロ
一般家庭で使用するカセットコンロのように使用でき、燃料もガスが使用できるため使いやすさはナンバーワンです
煩わしい組み立てもほとんど必要なく、すぐに肉が焼けるのがメリット

しかし、バーベキュー感は無く雰囲気を楽しみたい方には不向き

卓上型の特長
  • ガス缶を使用でき使い勝手がイイ
  • アウトドアの雰囲気が出ない
キャンプ飯に必要な道具はコチラ

バーベキューコンロの選び方

いろいろ販売されているバーベキューコンロの中から

どれを選べばいいのか?

基準となる4つのポイントを解説します

材質で選ぶ

火を使うため本体の材質は金属を使用し、スチールかステンレスの2種類となります

スチール

鉄に炭素を加えた合金の事
値段も安くて強度が高く、頑丈で歪みやヘコミに強い金属ですが、重量がありサビやすいため年数劣化が起こりやすです

スチールの特長
  • 安くて頑丈
  • 重くて耐久性が低い

ステンレス

鉄に銀白色のクロムを加えた合金の事
軽量でサビにくいため耐久性は高いのですが、衝撃には弱く値段が高くなってしまいます

ステンレスの特長
  • 軽くて耐久性が高い
  • 凹みやすく値段が高い

人数で選ぶ

人数に影響するのは焼き面である網のサイズ
大人数なのに小さな網で焼いていると、せっかくの肉が均等にわたらなくストレスを感じる事になりますので網のサイズは大事なポイント

一般的な目安として

網サイズの目安
  • 2~3人:30cm×20cm
  • 4~5人:40cm×30cm
  • 6~8人:60cm×40cm

8人以上の大人数となると大型コンロを探すより中型サイズを2つ用意するか、別にバーナーを準備しておくと料理の幅を広げる事が可能です

料理に便利なバーナーはコチラ

燃料で選ぶ

主にバーベキューコンロで使用される燃料は炭ですが、中にはガスを使用するタイプも有ります

木材の炭化物質の事
炎と違い、風の影響を受けずに遠赤外線で食材を長時間加熱することが可能です
薪のように煙が出にくいのもポイント

しかし着火から火力が安定するまでに時間がかかり、後片付けにも手間がかかるのが難点

炭の特長
  • 煙が少なく遠赤外線でしっかり加熱
  • 着火と片付けが手間

ガス

一般的なカセットボンベとアウトドア用ガスがあり、どちらも中身はLPガスです(プロパンガス)
着火はワンタッチで火力の調整はツマミで操作でき、燃料が切れたら簡単に交換できるため初心者でも扱いやすいのがメリット

しかし、燃焼時間が短くコストが高くなってしまうのが難点

ガスの特長
  • 初心者でも扱いが簡単
  • コストがかかる

使い勝手で選ぶ

火力の調整がしやすい方が焦げ付きや生焼けを防ぐことができます
ガスならつまみで簡単に調整できますが、炭火となるとそうはいきません

網の高さが変えられる

火力が調整できないなら、火元からの高さを変えることで焼き加減を調整しましょう
なかには5段階ほど変更できるものもあり、細かく調整できた方が便利に使えます

炭のつぎ足しやすさ

炭の燃焼時間は限られているため、時間が長くなってくると炭を足さなくてはなりません

その際、いちいち網を外すのは手間がかかるし火傷の危険もあります
先述の網の高さを変えられる他にも、アミがスライドできるタイプや炭受けが引き出せるタイプも便利です

片づけやすさ

バーベキューが終わった後片付けも大事な仕事
使用後の灰を捨てるのに、いちいち本体をひっくり返さなければならないのは重労働となります

そのため、本体と灰受けが分離しているタイプがおすすめ
これなら灰受けだけを取りでして捨てる事ができるため、少ない労力で済むからです

使い勝手のいいバーベキューコンロ
  • 火力の調整がしやすい事
  • 炭のつぎ足しがしやすい事
  • 片付けが楽な事
使い終わった炭はリサイクルできます

おすすめバーベキューコンロ

ここからは【おすすめバーベキューコンロ】を紹介していきたいと思います
基本的なスペックを記載しておきますので、自分に合ったバーベキューコンロ選びの参考にしてください

グリーンライフ(GREEN LIFE) 炭たしカンタン バーベキューコンロ CB-650ST2

基本スペック
  • タイプ:スタンド型
  • 材質:スチール
  • 重量:7.9kg
  • 焼き面積:33cm×66.5cm

オーソドックスなスタンド型で、値段を考えるとコスパ最強のバーベキューコンロ
足の長さを2段階(34cm・69.5cm)に調整できる所も使いやすくてイイです

標準装備はアミと鉄板が半分づつが同封されていますが、別売りのアミを購入すれば全面アミ仕様に変更することも可能
取り付けられたハンドルでアミを上げる事もでき、火力調整や炭足しも簡単です

サイドには穴が空いており灰を捨てるのも傾けるだけでOK

尾上製作所(ONOE) イクシードBBQコンロ EX-650-HL

基本スペック
  • タイプ:スタンド型
  • 材質:ステンレス
  • 重量:6kg
  • 焼き面積:29cm×61.5cm

ステンレス製で、軽くて使いやすいバーベキューコンロ
サイドのハンドルを使えばアミの高さを5段階に調整でき、最上段まで上げれば炭のつぎ足しも簡単に行えます

アミを外しフレーム部分だけを上げる事で串焼きも可能
さらに足の長さは3段階に調整でき、いろんなスタイルのバーベキューが楽しめるのもイイ所

オプションパーツも豊富です

コールマン(Coleman) クールスパイダープロ/L

基本スペック
  • タイプ:スタンド型
  • 材質:ステンレス
  • 重量:6kg
  • 焼き面積:30cm×68cm

人気メーカー【コールマン】から販売されるバーベキューコンロ
サイドのレバーを操作すればアミの高さを4段階(3~10cm)に調整可能で、食材の焦げ付きを素早く防ぎます

本体はメッシュ構造となり燃焼効率が高く、炭受け部分は引き出し式でつぎ足しも簡単
焼き面積も大きく5~6人に最適なバーベキューコンロです

デメリットは、深さがあるため炭の使用量が多くなってしまう事

ウェーバー(Weber) 直径47cm コンパクトケトル

基本スペック
  • タイプ:蓋付き型
  • 材質:スチール
  • 重量:9kg
  • 焼き面積:直径47cm

アメリカで人気ナンバーワンの蓋付きバーベキューコンロで、 アミ目が広く豪快に大きな食材を調理するのに 向いています
スチール製の本体には【ホーロー加工】が施され、長年使える耐久性が魅力の一つ

蓋にはグリル内の温度を測定する温度計も取り付けられている所や、90cmほどの高さが家庭のキッチンと変わらないぐらいので料理好きにも納得できるコンロでしょう

デメリットは、炭のつぎ足しにアミを外さなければならない事

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アメリカンオーブングリル キャスター付き UG-41

基本スペック
  • タイプ:蓋付き型
  • 材質:スチール
  • 重量:13kg
  • 焼き面積:(大)35.5cm×23cm(小)32cm×23cm

煙突付きで見た目がオシャレなバーベキューコンロ
フードに温度計が取り付けられ【焼く・蒸す・燻す】と、本格的なアメリカンスタイルのバーベキューが楽しめます

大小2つの焼き網はスライドさせる事で炭のつぎ足しは簡単に行えますし、炭受けには取っ手付きの皿が装備されているため後始末も簡単
小さなテーブルや棚があり、小物を置くスペースも確保されています

デメリットは、重量があり持ち運びは不便な事

カーベイビー(CARBABY) バーベキューコンロ焚火台

基本スペック
  • タイプ:焚火台型
  • 材質:ステンレス
  • 重量:2.5kg
  • 焼き面積:30cm×30cm

焚火台型を値段で選ぶならコレが安くてオススメ
ステンレス本体は軽く収納ケースまで付いていて3,000円台で購入できるのは買いでしょう

折りたたみ式で簡単に設置ができ、灰受け用のステンレス皿も標準装備されているので後片付けも楽勝と使い勝手も最高で、サイズ的に2~3人に向いています

デメリットは、ネジなどで固定しないため安定性が悪いのが難点

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル

基本スペック
  • タイプ:焚火台型
  • 材質:ステンレス
  • 重量:1kg
  • 焼き面積:16cm×16cm

【ロゴス】から販売される完全1人用のバーベキューコンロ
僅か1kgの軽さと10秒で組み立てられる手軽さで、初めてのソロキャンプには持っておきたいアイテムです

サイズ的に使用する炭も小さく専用の着火剤を使用しなければならない事はデメリットですが、それを補うだけの高性能を誇るバーベキューコンロ

バイクを使ったツーリングキャンプにも最適ですよ

イワタニ(Iwatani) 炉ばた焼器 炙りや CB-ABR-1

基本スペック
  • タイプ:卓上型
  • 材質:スチール
  • 重量:2.4kg
  • 焼き面積:28cm×18cm

炭ではなく家庭用カセットボンベを使用するバーベキューコンロ
一般的なガスコンロと違い、直火で焼くのではなく輻射板を使って遠赤外線を発生させることができるため、中までふっくらジューシーに焼き上げる事が可能
アミを外し、本体のスタンドを立てる事で串焼も楽しめます

サイズ的に1~2人用で、アウトドアだけでなく家庭での晩酌にも最適

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

バーベキューコンロのまとめ

快適で楽しいBBQを演出してくれるバーベキューコンロ

どれでもいいや!

と、決めてしまうとせっかくのBBQが台無しになる可能性もあるため、購入する際にはよく考えてからにしましょう

この記事の内容を、もう一度まとめると

バーベキューコンロのまとめ
  • 食べるスタイルで形を決める
  • 人数でサイズを決める
  • 美味しく焼ける炭か、手軽なガスか
  • 火力調整がしやすいもの

今回、ご紹介した『おすすめバーベキューコンロ』は、どれも人気の高いアイテムとなっていますので購入の参考にして頂ければ幸いです

ぜひ、最高のバーベキューを満喫してください

あると便利なシングルバーナーはコチラ
キャンプ用品専門買取【JUST BUY】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも関西人

釣り・乗り物・睡眠が生きがいなアウトドア派のインドアな男

自分の気になることだけ発信します

コメント

コメントする

目次
閉じる