雨の日の運転はいつも以上に警戒を!【注意すべきポイントを解説】

車・バイク

私は通勤時、晴れの日はバイクを使うんですが雨が降ると車に変更します

理由は「濡れるのが嫌」だから…

単純な理由ですが同じような考えの方は多く、間違いなく雨の日は車の量が増えるんですよね

しかし雨に濡れないというメリットがある反面、晴れている日より危険が多いというデメリットも存在します

今回は【雨の日の運転】について話したいと思います

スポンサーリンク

視界

運転する上で最も重要なポイントで、じぶんの視界はもちろん相手の視界の事を考える必要があります

自分の視界

撥水コートはかけていますか?
ワイパーのゴムは点検していますか?




どんな車にもワイパーが装備されているため、前方の視界は問題ないと思いがちですがフロントガラスというものは目に見えない汚れやキズが多く、きちんと手入れしていなければ雨により磨りガラスのようになってしまう事も

そこへ、前方の車や対向車が跳ね上げた水しぶきが絶え間なくかかってしまうため、ほとんど視界が奪われてしまうことになってしまいます


撥水コートといっても専門的なものではなく、市販の【ガラコ】でも十分な効果を発揮してくれますので1~2ヵ月に1度、フロントガラスだけでなくサイドガラスとミラーにも塗っておくことをオススメします

ワイパーゴムは1年に1度が目安ですが、動かした時に線が入るようなら交換しておきましょう

相手の視界

ライトは点灯していますか?


激しい雨が降っていた場合、やっかいなのは空から降る雨よりも『他の車の水しぶき

アナタの車が雨対策も万全で視界バッチリでも相手がそうとは限りませんよね?

巻き上げられたしぶきは、霧状になってしまい相手の視界をさえぎる原因になってしまいます

もし、アナタの車が白系の車だったら?

ほとんど霧と同化してしまい存在が分かりにくくなってしまうんです

この時、無灯火ですと『他の車が気付いていない』可能性が…。

ライトのスイッチをオンにすると、前方からはもちろんテールランプも点灯しますので後続車にもアピールになるため『できればヘッドライト、最低でもスモール』は点灯しておいてください

スリップ

車の生命線がタイヤの溝

大体の方は車検の時やディーラーでの定期点検、またはカー用品店やガソリンスタンドでの店員さんからのアドバイスによって交換ではないでしょうか?

タイヤの溝の役割は

路面とタイヤの間に挟まった水を排出する事

このため溝が浅くなってしまうと、うまく水が流れず摩擦抵抗を奪ってしまい【スリップ】の原因となるんです

自分の操作

動いている車には荷重がかかっています

それが自身の操作で移動していくのですが、各操作でどう影響してしまうのか?

ハンドル:左右への遠心力が加わり横滑りが発生

ブレーキ:前方へ荷重がかかるが、路面の抵抗が減っているため止まる距離が延びる

アクセル:後方へ荷重がかかるが、タイヤがグリップせず空回り

ハンドルが与えるスリップは横方向で、アクセルとブレーキが与えるスリップは縦方向

これを同時に、たとえば【ハンドルを切りながらのペダル操作】をするとスピンが発生してしまいます

路面の影響

アスファルトというものは『水はけ』が良くつくられているものなんですが、道路上にはマンホールがありますよね?

こういう鉄素材は表面の水が膜となり滑ってしまいます

しかも、いったん滑り出したタイヤはアスファルトに戻ってもグリップが回復しないことがあり、そのまま激突ということにもなりかねません


あと個人的に危険と感じる場所が、大型ショッピングモールの地下駐車場なんかにある路面がツルツルしている所

晴れている日でも「キュルキュル」と音が鳴るような路面です

駐車場でスピードを出す方はほとんどいないと思いますが、雨の日はいつも以上に『徐行運転』を心がけてください

冠水

ようは深い水たまりに入る事

線路などをくぐるようにして作られた道路におこりやすいです

走り慣れた道路なら溜まりやすい部分は把握できていると思うので、大雨の日は違うルートを選んで事前に回避するようにしましょう

水につかる影響

タイヤのゴム部分がつかる程度の水たまりの場合でも徐行で通過しなければ危険

というのも、スピードに比例して巻き上げる水しぶきの量が多くなってしまい、その巻き上げられた水がブレーキ関連(ディスクとパッドの隙間)に侵入することによって一時的にブレーキが利かなくなってしまう事があるんです

もし深めの水たまりを通過した場合、前車との距離をとり軽くブレーキを踏んで効き具合を確認し、効きが悪いと感じたらそのままブレーキを引きずるようにかけておくことで、水分を摩擦で蒸発させることが出来ます

この確認をしておかないと、前が詰まって止まろうとしてもブレーキが効かず止まり切れない事になりかねません

危険な水位

車の床面を越えるほどの深さに入ってしまった場合、その車は助からない(助かっても修理代が…。)と思っていて下さい

エンジンというのは『空気とガソリンの混合気を爆発』させているもので、ボンネット内の吸気部分、あるいはマフラーの排気部分から水が浸入してしまうと爆発を起こせなくなりエンジンが停止することになるんです

さらに最近の車は、電子制御されているものがほとんど

例えばパワーウインドウやパワーステアリング、ミラーの調整やエンジンの始動までもが電気信号で行われています

これらも水の影響を受けショートしてしまい機能しなくなってしまうんです



そして命にかかわるのが【ドアが半分】浸かる水位

ここまで浸かってしまうと、水圧により中からドアを開けることは不可能となってしまいます

歩行者

「濡れたくない」と思う気持ちは、車に乗ってない人のほうが大きいです

晴れている時とは違った心理となり思わぬ行動をとることもあります

飛び出し

歩行者はもちろんですが自転車のほうが危険です

歩道の歩行者はみなさん傘をさしているので、自転車が通行できるスペースは晴れの日より狭くなり車道側を走る自転車が増えるんです

ふだん車を運転される方には分かると思いますが、車道を走る自転車ってすごく邪魔なんですよねぇ

それが傘をさしているとなると余計に…。

しかも濡れたくない為に急いでいる方が多く、自分の目の前の状況しか見ていないので『前方に歩行者を確認したら、後ろを確認せずに車道』へと飛び出してくる人もいるんです

水はね

とあるドラマのワンシーン

大好きな人から突然別れを告げられ、ドシャ降りの雨の中を傘もささずに歩く一人の少女

うつむきながら歩く彼女の横を、水たまりを通ったトラックが跳ね上げた水しぶきがバシャ!!

涙を誘うシーンですが、現実には違反です!

道路交通法71条には【泥はね運転違反】というものがあり

ぬかるみや水たまりを通過する時、歩行者に泥や汚水を飛散させてはならない

運転中に水たまりと歩行者の存在は確認できるはずなので、徐行せずに通過するとどうなるかは分かるはず

となると迷惑行為と判断されても仕方ありません


実際、私も水をかけられたことがあるんですが結構な衝撃がありましたよ

高齢者の運転する自転車の場合ですと、転倒しケガの可能性もあり得ますので徐行を心がけてください

高速道路

一般道よりもスピードが出てブレーキを使う機会も減ってしまう高速道路では、一つの事故が大惨事になる可能性があります

ハイドロプレーニング現象

教習所で習いますが、いったい何のことかわからない方も多いのでは?

簡単に説明すると

水の上に車が浮かんだ状態

といってもプカプカと浮くわけでは無く、路面とタイヤの間にあるほんの僅かな水の上を滑るようになる現象なんです

こうなってしまうとハンドル操作はもちろん、アクセルもブレーキも効かなくなってしまい現象が解消されるまで何もできません

というよりも、いつ解消するかわからない現象なので何らかの操作をしてしまうとすることは余計にスピンなどの事故へと繋がってしまいます

コメント